WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • 背景画像をレスポンシブに対応させる方法
  • 記事公開:2016/09/18
  • 最終更新:-------------

背景画像をレスポンシブに対応させる方法

背景画像をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。paddingを指定して横幅と縦幅の比率を保持したまま、背景画像を縮小拡大する方法です。3分間です。3分間で背景画像をレスポンシブに対応させる方法をマスターできます。

この記事は約 4 分で読めます。

レスポンシブと背景画像の関係

レスポンシブサイトで背景画像を利用してみると、困ってしまう事があります。

背景画像はその画像の高さを表示させるエリアに指定しないと画像の全てが表示されませんが、高さを指定してしまうと、デバイスの横幅が変った時に高さ分の余白や画像切れが生じてしまうのです。

背景画像をレスポンシブに対応させるときは、【background-size: contain;】などで横幅に合わせて画像を拡大縮小させるのが一般的かと思いますが、この時、背景画像を表示させるエリアに高さを指定していると、例えばスマホでサイトを観覧するとデバイスの横幅に合わせて画像は縮小されますが、そのエリアの高さは変わりませんので、余白が生じてしまうのです。

このままでは、スマホでサイトを観覧すると変に余白が出来てしまうので、デザインが崩れているように見えてしまいます。

この問題に直面した時、かなり困ってしまいました。
結構な時間を費やしたことを覚えています。

最終的に解決策が見つかりましたので、この場でシェアします。
その解決策は次の通りです。

背景画像を縦横の比率を保ったまま拡大縮小させる方法

解決方法は【高さを指定せずに背景画像を表示させる】でした。
どうするのかというと【paddingの余白】を利用します。

まず大前提として、背景画像を表示させるエリアに【height: 0;】を指定しておきます。
高さが0ですからこの時点では背景画像は表示されません。

次に【paddingの余白】を指定していきますが、レスポンシブ対応ですので余白は%で指定します。

padding-topに指定する数値は、以下の計算式で算出します。

高さ÷横幅×100=padding-topの%(パーセント)

例えば、画像の横縦のサイズが、700×300pxだった場合ですと・・・

300÷700×100=42.857・・・

四捨五入して【43%】が【padding-top】の数値となります。

サンプルのHTMLとCSSをご確認ください。

<div id="background"></div>
#background {
width: 100%;
height: 0;
padding-top: 43%;
background-image: url(画像パス);
background-size: contain;
}

この様にすると、以下のように背景画像がレスポンシブに対応されます。

PCで確認されている場合、ウィンドウの横幅を縮小や拡大してみてください。
スマホで確認している場合は、デバイスの向きを縦向きや横向きに変えてみてください。

背景画像がデバイスの横幅に合わせて縮小拡大され、なおかつ高さに余白ができないことがご確認いただけるかと思います。

まとめ

背景画像をレスポンシブに対応させる方法をご紹介しました。

背景画像をレスポンシブに対応させるなら、今回ご紹介した方法が簡単かつ機能的かと思います。
ただ、若干ですがどうしてもズレが生じる場合があります。

ここが我慢するしかないですかね。
そこまで目立つズレでもありませんから。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • スマホを横向きにした時、WEBサイトの文字サイズを勝手に変更させない方法

    スマホの縦向きと横向きでWEBサイトの文字サイズを勝手に変更させない方法をご紹介しました。文字サイズを変えたくないという方もいると思います。1回のコピペで実装できますので試してみてください。 記事を読む

  • まとめて良かった!WEBデザインするときに参考になるデザインまとめサイトのまとめ

    WEBデザインの参考になる21の「デザインまとめサイト」をご紹介します。WEBデザインをする方には、役立つコンテンツかな~と勝手に思い込んでいます。WEBデザインの参考にしてください。 記事を読む

  • 404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化しよう!

    404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化する方法をご紹介します。404エラーページをデフォルトのままで使用している方は、ぜひご確認ください。404エラーページを少しカスタマイズするだけで離脱率などの改善につながりますよ! 記事を読む

  • 完全無料!よく利用するフリー写真素材の配布サイトを17個まとめてみた。

    WEBサイトの制作やブログのアイキャッチなどを作る時など、フリーの写真素材を使う機会が多くあると思います。頻繁に使用しているフリー写真素材の配布サイトをまとめてみました。 記事を読む

  • Google web fontsを使う機会があったので使い方をまとめてみました。

    Google web fontsの使い方を解説しています。コピペで簡単!あなたのサイトでGoogle web fontsを使ってみませんか? 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)