チェックボックスを一括でチェックor解除する方法
  • チェックボックスを一括でチェックor解除する方法
  • 記事公開:2015/11/21
  • 最終更新:-------------

チェックボックスを一括でチェックor解除する方法

チェックボックスを一括でチェックor解除する方法をご紹介します。簡単な記述だけで一括チェックと解除を実装することができます。気になった方は2分間だけこのコンテンツを見てください。

この記事は約 5 分で読めます。

チェックボックスを一括でチェックor解除するには・・・

javascriptを使います!

新しくファイルを作成したり、ファイルをサーバーにアップロードする必要はありません。
既存のチェックボックスを少しカスタマイズするだけでOK。

チェックボックスを一括でチェックor解除する機能を実装することができます。

以下のチェックボックスを使って解説していきます。

<form name="smple">
<input type="checkbox">チェックボックス1
<input type="checkbox">チェックボックス2
<input type="checkbox">チェックボックス3
</form>

上記のチェックボックスに一括でチェックor解除の機能を実装すると以下の様になります。

<script>
chn = new Array("check1","check2","check3");
function allcheck(){
for(i=0; i<chn.length; i++) {
document.smple.elements[chn[i]].checked = true;
}}
function allrelease(){
for(i=0; i<chn.length; i++) {
document.smple.elements[chn[i]].checked = false;
}}
</script>
<form name="smple">
<input type="checkbox" name="check1">チェックボックス1
<input type="checkbox" name="check2">チェックボックス2
<input type="checkbox" name="check3">チェックボックス3
</form>
<input type="button" value="一括チェック" onClick="allcheck()">
<input type="button" value="一括解除" onClick="allrelease()">

部分的に解説して行きましょう。

chn = new Array("check1","check2","check3");

チェックボックスに個別のIDを指定してやります。
設置するチェックボックスの数だけIDを記述してください。

上記の場合は、各チェックボックスに【check1】~連番を指定しております。
チェックボックスが7つあれば、check4、check5とIDを追加してやります。

<input type="checkbox" name="check1">チェックボックス1
<input type="checkbox" name="check2">チェックボックス2
<input type="checkbox" name="check3">チェックボックス3

チェックボックス毎に先ほど指定してやったIDを記述します。
【name=”~”】部分がIDを記述する部分です。

<input type="button" value="一括チェック" onClick="allcheck()">
<input type="button" value="一括解除" onClick="allrelease()">

上記の部分は、一括チェックと一括解除を行うボタンとなります。
これらをクリックすることで、チェックボックスを一括でチェックしたり解除できます。

【一括チェック】と【一括解除】のテキストは自由に変更してください。

まとめ

チェックボックスを一括でチェックor解除する方法をご紹介しました。

利用する機会はそこまで多くないかもしれません。
私の場合は検索機能を実装するときに使用しました。

使い機会があれば、参考にしてください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-03-19

    CSSで高さ100%のボックスを作成する方法

    CSSで高さ100%のボックスを作成する方法をご紹介します。ある要素の高さを親要素の高さ一杯にしたい場合があるかと思います。今回はそんな時のCSSの記述の仕方です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2016-03-29

    知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

    疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。 記事を読む

  • 2016-02-14

    CSSだけでHTMLのbrタグを無効にする方法

    CSSだけでHTMLのbrタグを無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトなど、スマホ表示の場合のみbrタグを削除したい場合など重宝します。1分で理解できる無いようですので、サクッと身につけてしまいましょう。 記事を読む

  • 2015-09-23

    バナーデザインに役立つ!バナーデザインのまとめサイト7選

    今回はクオリティの高いバナーを集めたギャラリーサイトをご紹介いたします。クオリティの高いバナーを制作するコツは、クオリティの高いバナーを多く見ること。多くのバナーを見て、デザインセンスを磨きましょう。 記事を読む

  • 2017-07-21

    レスポンシブサイトで要素が画面に収まらない主な原因4つと解決策のまとめ

    レスポンシブサイトで要素が画面に収まらない主な原因4つと解決策をまとめてみました。レスポンシブサイトの制作時には頭を悩ませる問題かと思います。現に悩まれている方、このコンテンツで頭痛の種を取り除いてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA