WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法
  • WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法
  • 記事公開:2017/11/23
  • 最終更新:-------------

WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法

WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法をご紹介します。カテゴリーページで、そのカテゴリーに属する直下のカテゴリーだけをリストアップしたい場合、このコンテンツはお役に立てます。参考にしてください。

この記事は約 3 分で読めます。

更新が面倒なHTMLサイトお持ちではありませんか?

ADhttp://wordpress-supporters.com/wordpress-ka/

そのサイト、Wordpressを導入して更新しやすくしちゃいましょう!
Wordpress請負人なら、既存サイトでもWordpress化することが可能です。
見積もり無料、実績100件以上、サポート充実、再現性バツグン。

子カテゴリーのみを取得してリストアップする方法

カテゴリーページで、そのカテゴリーに子カテゴリーがある場合、直下の子カテゴリーだけ(孫カテゴリーは含まない)を一覧で表示させるカスタマイズ方法をご紹介します。

例えば、以下のようなカテゴリー構造があったとします。

親カテゴリー
・子カテゴリーA
・子カテゴリーB
 ・孫カテゴリーA
 ・孫カテゴリーB

この時、親カテゴリーのページであれば、以下のような一覧が表示されます。

・子カテゴリーA
・子カテゴリーB

子カテゴリーBのページであれば、以下のような一覧が表示されます。

・孫カテゴリーA
・孫カテゴリーB

子カテゴリーA、孫カテゴリーA、孫カテゴリーBのページの場合、直下に子カテゴリーが存在しませんので、一覧は表示されません。

このような一覧を作成したい場合、一覧を表示させたい場所に、以下のコードを記述してやります。

<?php
$categories = get_terms( 'category', array(
'orderby' => 'count',
'hide_empty' => 0,
'parent' => get_query_var('cat'),
) );
foreach($categories as $value):
?>
<p><a href="term_id); ?>"><?php echo $value->name;?></a></p>
<?php endforeach; ?>

この場合、子カテゴリーの名前にそのカテゴリーページへのリンクがついた一覧が表示されます。

まとめ

WordPressで親カテゴリー直下の子カテゴリーのみを取得する方法をご紹介しました。

このコンテンツで紹介しているコードをコピペだけで行えるカスタマイズです。
あまり利用する機会は多くないかと思いますが、備忘録として残すことにしました。

どなたかの参考になると幸いです。

更新が面倒なHTMLサイトお持ちではありませんか?

ADhttp://wordpress-supporters.com/wordpress-ka/

そのサイト、Wordpressを導入して更新しやすくしちゃいましょう!
Wordpress請負人なら、既存サイトでもWordpress化することが可能です。
見積もり無料、実績100件以上、サポート充実、再現性バツグン。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2018-03-08

    【WordPress】PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐

    PCとスマホで表示する要素を自在に操る条件分岐をご紹介します。 レスポンシブデザインのサイトを作る時、知っておくと便利なコードです。 5分で理解できる内容ですので、この機会にマスターしてはいかがでしょうか? 記事を読む

  • 2015-01-12

    WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-03-11

    【WordPress】コピーライトの年号を自動更新する

    作成したサイトのフッターにコピーライトを記述する機会は多いと思います。WordPressなら、簡単なカスタマイズでコピーライトの年号を自動更新することができるのです。今回はそんなカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2015-02-21

    【WordPress】アイキャッチを設定する部分に説明文を表示する方法

    WordPressを始めて利用する方には、アイキャッチと言われてもピンと来ない方が多くいらっしゃいます。そこで、アイキャッチを設定する部分に簡単な説明文を掲載する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2016-03-12

    WordPressのカスタムメニューでアクティブページだけ装飾を変える方法(カレント表示)

    WPのカスタムメニューでアクティブページだけ装飾を変える方法をご紹介します。現在表示されているページがグローバルメニューの中にある場合、そのメニュー部分だけ装飾を変えることができれば、ユーザビリティの向上にも繋がります。3分だけコンテンツを読んでみてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)