知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法
  • 知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法
  • 記事公開:2016/03/29
  • 最終更新:2016/04/28

知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。

この記事は約 8 分で読めます。

あなたのサイトもWordpressで運営してみませんか?

http://takayakondo.com/

あなたのサイトをWordpressで運営できる様にいたします。
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

リストタグで解説します。

今回は下記のリストタグを使って説明していきたいと思います。
リストタグ以外でも利用することは可能です。

<ul>
<li>リスト1</li>
<li>リスト2</li>
<li>リスト3</li>
<li>リスト4</li>
<li>リスト5</li>
<li>リスト6</li>
</ul>

上のリストタグを使って解説していきます。
デフォルトのままだと、下記の様に表示されます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

よくつかうパターン7選

個人的に利用頻度が多いモノを掲載しています。
装飾内容は背景色を変更してみましょう。

上段のCSSコードをCSSファイルに記述すると、下段の様にスタイルが適応されます。

最初の要素を装飾する。

li:first-child {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

first-child が【最初に】を意味します。
最初の部分だけ装飾したいときは「first-child」を使えばOK。

最後の要素を装飾する。

li:last-child {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

last-child が【最後に】を意味します。
最後の部分だけ装飾したい場合は「last-child」を使いましょう。

奇数の要素を装飾する。

li:nth-child(odd) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-child(odd) が【奇数の】を意味します。
奇数の要素を装飾したいときは「nth-child(odd)」で対応できます。

偶数の要素を装飾する。

li:nth-child(even) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-child(even) が【偶数の】を意味します。
偶数の要素を装飾したい得は「nth-child(even)」で装飾します。

上から○番目の要素を装飾する。

li:nth-child(3) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-child(3) が【上から○番目】を意味します。
(3)が上からの個数ですね。

下から○番目の要素を装飾する。

li:nth-last-child(3) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-last-child(3) が【下から○番目】を意味します。
(3)が下からの個数ですね。

○の倍数の要素を装飾する。

li:nth-child(3n) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-child(3n) が【○の倍数】を意味します。
(3n)の3が倍数の数値ですね。

最初から○番目以降の要素を装飾する。

li:nth-child(n+3) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

nth-child(n+3) が【最初から○番目以降】を意味します。
(n+3)の3が○番目の数値ですね。

先頭から数えて3つ目以降が装飾されています。

最後から○番目より前の要素を装飾する。

li:nth-last-child(n+3) {
    background: #5EA9DD;
}
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
  • リスト6

:nth-last-child(n+3)が【最後から○番目より前】を意味します。
(n+3)の3が○番目の数値ですね。

最後から数えて3つ目より前が装飾されています。

まとめ

個人的によく使うかな~と思うモノをご紹介しました。
初めて知った方には、便利だな~と感じてもらえたかと思います。

今回はリストタグで解説していますが、その他の要素でも利用できます。
例えば、tableのthや同じクラスが並んでいる時でも有効です。

利用するシーンがあれば、ぜひ利用してみてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • バナー広告をPHPでランダムに表示する方法

    バナー広告をPHPでランダムに表示させる方法を解説しています。サイドバーなどの広告をランダムに切り替えてみたい方は参考にしてください。3分後にはバナー広告をランダムに切り替えることができるにようになっています。 記事を読む

  • 画像が読み込めなかった時に別の画像を表示させる方法

    画像が読み込めなかった時に別の画像を表示させる方法をご紹介します。画像が読み込めない時、altのテキストではなく別の画像を表示させたい方は必読です。3分後には実装可能です。 記事を読む

  • CSSで背景を半透明にする方法

    「CSSで背景色を半透明する方法」をご紹介します。 記事を読む

  • 404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化しよう!

    404エラーページをカスタマイズしてユーザビリティを最大化する方法をご紹介します。404エラーページをデフォルトのままで使用している方は、ぜひご確認ください。404エラーページを少しカスタマイズするだけで離脱率などの改善につながりますよ! 記事を読む

  • CSSだけでHTMLのbrタグを無効にする方法

    CSSだけでHTMLのbrタグを無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトなど、スマホ表示の場合のみbrタグを削除したい場合など重宝します。1分で理解できる無いようですので、サクッと身につけてしまいましょう。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)