1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法
  • 1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法
  • 記事公開:2015/10/26
  • 最終更新:2015/11/06

1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法

1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。複数の値を一つのカスタムフィールドで管理したいかは必見です。3分後には1つのカスタムフィールドで負k数の値を管理できるようになります。

この記事は約 3 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

1つのカスタムフィールドで複数の値を管理する方法

1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。

特別な設定や特定のプラグインを導入する必要はありません。
以下の方法けで実現が可能です。

カスタムフィールドに複数の値を登録する方法

例えば、何かしらのカスタムフィールドの「こんにちは」と登録したい場合は、該当する入力欄に「こんにちは」と記述して保存をします。

一方、1つのカスタムフィールドに複数の値を登録したい場合は、各値を【,】で区切って記述していきます。以下の様な感じです。

こんにちは,こんばんは,おやすみなさい

この様に記述することで、1つのカスタムフィールドに複数の値を登録することができます。

【,】でなく改行で複数の値を表示することもできます。

こんにちは
こんばんは
おやすみなさい

この場合は、1行を1つの値として認識します。

1つのカスタムフィールドに登録された複数の値を表示する方法

次に、1つのカスタムフィールドに登録された複数の値を表示する方法をご紹介します。
値を表示させたい箇所に、以下の様なコードを記述しましょう。

<?php
if( post_custom('フィールド名') ) {
$items = explode("," , post_custom('フィールド名'));
foreach($items as $value) {
echo "<li>".$value."</li>";
}
}
?>

【フィールド名】の部分に取得したいカスタムフィールドの名前を記述してください。

上記は【,】区切りで値を分ける場合のコードです。

改行で分けたい場合は【$items = explode(“,” , post_custom(‘フィールド名’));】部分の【”,”】を【”\n”】に変更してやればOKです。

今回はリスト形式で表示させるコードをご紹介しましたが、色々と使い道はあると思います。
例えば、投稿IDを指定してアイキャッチを一覧で表示させるなど。

色々と試してみてください。

まとめ

1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法、いかがだったでしょうか?

とある案件で必要になったカスタマイズで、その案件では投稿IDを複数指定してその投稿のアイキャッチを一覧で表示させました。この他にも色々と使い道はあると思います。

同じようなカスタマイズでお困りだった方は、ぜひ参考にしてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • レスポンシブ対策!電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法

    電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトで電話番号サイトを設置すると、PC表示の場合もリンクが生きており上手くありません。この辺りをサクッと解決する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • WordPressの「続きを読む」リンクから#more…をコピペで消してみた。

    WordPress の 「続きを読む」()を利用したとき、「続きを読む」をクリックすると、URL の末尾に #more … といったハッシュが付与されます。以前から必要ないと感じていたのでこの部分をコピペのみで削除してみました。 記事を読む

  • contact form 7に確認用メールアドレスの項目を設置する方法

    ContactForm7にメールアドレスの確認機能を実装する方法をご紹介しています。メールアドレスの入力ミスを防ぐことができるので便利かと個人的には考えています。2016/4/18の時点で動作確認を行っております。興味のある方は参考にしてください。コピペのみで実装可能です。 記事を読む

  • WordPressの投稿を複数のページに分割する方法

    投稿を書いていると内容が非常に多くなり、複数のページに分割したいケースがあるかと思います。WordPressには、1つの投稿や固定ページを複数のページに分割する機能が標準で装備されています。このページでは、投稿や固定ページを複数のページに分割する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • カスタム分類(タクソノミー)の項目(ターム)一覧を表示させる方法

    WordPressのカスタム分類(タクソノミー)一覧を表示させる方法です。カテゴリーの一覧を表示するような感じでカスタム分類を表示させたいと考えている方。ぜひ参考にしてください。コピペだけで実装可能です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)