【WordPress】カスタム投稿のアーカイブページを作成する方法
  • 【WordPress】カスタム投稿のアーカイブページを作成する方法
  • 記事公開:2015/05/26
  • 最終更新:2017/07/21

【WordPress】カスタム投稿のアーカイブページを作成する方法

WordPressでカスタム投稿を作成した場合、そのカスタム投稿のアーカイブページを作成したい場合が多いと思います。このアーカイブページは実は簡単に作成できるのです。今回はカスタム投稿のアーカイブページを作成する方法です。

この記事は約 4 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

カスタム投稿のアーカイブページを作成するのはメッチャ簡単!

カスタム投稿を作成した場合、そのカスタム投稿のアーカイブページを作成したいと考えることがほとんどだと思います。今回はカスタム投稿のアーカイブページを作成する方法です。

アーカイブページを作ると言っても方法は簡単です。
functions.phpでカスタム投稿を作成する時に1行追加するだけでOKです。

カスタム投稿の作成方法は、以下のコンテンツを参照してください。

2014-12-28
どこでも簡単!WordPressのカスタム投稿タイプを有効にする方法
カスタム投稿タイプとは カスタム投稿タイプとは、標準で実装されている「投稿」「固定ページ」のほかに、独自の投稿タイプを追加することができる仕組みです。例えば、管理画面の投稿の下に「投稿2」「投稿3」「投稿4」と投稿タイプを増やすことができ、その中でカテゴリーの分類などができるよ

上記のページでは、カスタム投稿を作成するコードとして、以下をご紹介しています。

add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
register_post_type( 'news',
array(
'labels' => array(
'name' => __( '更新情報' ),
'singular_name' => __( '更新情報' )
),
'public' => true,
'menu_position' =>5,
)
);
}

上記のコードに以下の1行を追加するだけでアーカイブページを作成することができます。

'has_archive' => true,

追加する場所は「’menu_position’ =>5,」としておきましょう。

この様に【’has_archive’ => true,】を追加するだけで、カスタム投稿のアーカイブページを作成することができます。

上記のコードの場合、アーカイブページのURLは以下のようになります。

⇒ http://takayakondo.com/news/(左記のURLは実際には表示されません)

アーカイブページで参照されるテーマファイルに関して

アーカイブページを表示したときに参照されるテーマファイルは、以下の順番になっています。

・archive-news.php(newsの部分がカスタム投稿の設定によって異なります)
・archive.php
・index.php

普通のサイト構造であれば【archive.php】は標準装備されていると思いますので、そちらで表示させるのが最も簡単かと思います。

そのカスタム投稿専用(デザイン)のアーカイブページを作成したいのであれば、新規で【archive-ポスト名.php】という名前でファイルを作成しましょう。

この辺りの解説は割愛します。
また、別の機会に解説させて頂く予定です。

まとめ

カスタム投稿のアーカイブページを作成する方法をご紹介しました。

1行のコードをfunctions.phpに追記するだけでアーカイブページを作成することができます。
ぜひ、試してみてください。

コード追加後、アーカイブページが正常に表示されない場合は【パーマリンクを更新して】みてください。表示されるようになるかもしれません。

今回の記事が、どなたかのお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • データベースに溜っているリビジョンを1分で削除する方法

    WordPressでデータベースに溜っているリビジョンを1分で削除する方法のご紹介です。BetterDeleteRevisionというプラグインを利用すれば1分でリビジョンを削除することができます。参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressのデータベースを1分で初期化する方法

    WordPressのデータベースを1分で初期化する方法をご紹介します。データベースの初期化と聞くと難しそうですが、プラグインを使えばなれていない方でも1分程度でデータベースを初期化することができます。9分ほどお付き合いください。 記事を読む

  • 「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

    【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。 記事を読む

  • 超簡単!WordPressの総記事数を1分でサイトに表示させる方法

    WordPressでは、投稿やカスタム投稿タイプの総記事数を簡単に取得することができます。サイト上に総記事数を表示させたい場合などにお役立てください。今回は、WordPressで全記事数をコピペだけで表示させる方法をご紹介いたします。 記事を読む

  • WordPressに埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法

    サイト内に埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。スマホでサイトを観覧した時でも、もうYOUTUBE動画が画面からはみ出すことはありません。このカスタマイズは3分間でマスターできます! 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA