WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法
  • WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法
  • 記事公開:2015/09/20
  • 最終更新:-------------

WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法

WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法のご紹介です。クライアントにサイトを納品する時など、管理画面にWordPressの操作マニュアルを設置しておくと喜ばれます。今回はPDF形式のマニュアルを埋め込む方法です。

この記事は約 5 分で読めます。

更新が面倒なHTMLサイトお持ちではありませんか?

ADhttp://wordpress-supporters.com/wordpress-ka/

そのサイト、Wordpressを導入して更新しやすくしちゃいましょう!
Wordpress請負人なら、既存サイトでもWordpress化することが可能です。
見積もり無料、実績100件以上、サポート充実、再現性バツグン。

管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む

依頼されてWordPressサイトを構築したときに悩むのが、WordPressの操作方法をどの様に伝えるかと言うことです。

以前はPDF形式のマニュアルを渡していたのですが、個人的にWordPressの管理画面からマニュアルを開けると便利だな~と考え、今ではその形式を採用しています。

管理画面のメニュー部分に【操作マニュアル】などと項目を新しく追加して、そこをクリックしたらPDF形式のマニュアルが立ち上がる形式です。

同じことがやりたい方がいれば、参考にしてください。
コピペだけで実装できるようにまとめてみました。

管理画面のメニューに新しい項目を追加する。

function original_menu () {
add_menu_page('操作マニュアル', '操作マニュアル', 'original_options', 'original_manual', '0riginal_manual');
}
add_action ( 'admin_menu', 'original_menu' );

まずは、上記のコードをfunctions.phpにコピペしてください。

保存した後、管理画面のメニューを確認すると【操作マニュアル】という項目が新たに追加されているかと思います。この追加されたメニューをクリックすると、PDF形式のマニュアルが立ち上がるようになります。

表示させたいマニュアルをアップロードする。

表示させたいマニュアルをPDFファイルで作成してください。
作成できたらファイルをテーマディレクトリにアップロードします。

今回はテーマディレクトリに【PDF】というフォルダを作り、その中にマニュアルをアップロードすることにします。

追加した項目のリンク先をPDFマニュアルへのリンクに置き換える。

function original_manual_link() {
$pdf = get_bloginfo('template_directory') . '/pdf/test.pdf';
?>
<script type="text/javascript">
jQuery( function( $ ) {
$ ("#toplevel_page_original_manual a").attr("href","<?php echo $pdf; ?>");
$ ("#toplevel_page_original_manual a").attr("target","_blank");
} );
</script>
<?php
}
add_action('admin_footer', 'original_manual_link');

次に上記のコードをfunctions.phpにコピペします。

このコードは、先ほど追加した【操作マニュアル】というリンクをクリックしたときに、先ほどのマニュアルを表示させるため、リンクを書き換えるコードです。

保存したら、管理画面の【操作マニュアル】をクリックしてみましょう。
別ウィンドウか別タブで先ほどアップロードしたマニュアルが表示されたはずです。

以上で、WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込むことができました。

まとめ

WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法をご紹介しました。

以前まではPDF形式のマニュアルを別途お送りしていたのですが、この方法を知ってからはこっちを使っています。利用者も管理画面からマニュアルにアクセスできて便利ですしね。

PDFマニュアルさえ用意すれば、3分程度の時間でカスタマイズ可能です。
ぜひ、実践してみてください。

更新が面倒なHTMLサイトお持ちではありませんか?

ADhttp://wordpress-supporters.com/wordpress-ka/

そのサイト、Wordpressを導入して更新しやすくしちゃいましょう!
Wordpress請負人なら、既存サイトでもWordpress化することが可能です。
見積もり無料、実績100件以上、サポート充実、再現性バツグン。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-10-07

    これ便利!記事公開時にpoketに自動的に記事をポケットするカスタマイズ。

    WordPressで記事を公開する時にpoketに記事を自動的にポケットするカスタマイズをご紹介します。記事公開時に自動的にポケットされたい方は参考にしてください。コピペだけで1分後には自動ポケット出来るようになります。 記事を読む

  • 2015-10-01

    WordPressユーザー必見!自動的に記事を下書き投稿する方法

    WordPressサイトに1日1回記事を投稿するため、自動的に記事を下書き保存するカスタマイズを行いました。1日1回【今日も記事を書けよ!】というタイトルで記事が下書き保存されます。自動的に催促される仕組みです。コピペで実装できますので、よければ実装してください。 記事を読む

  • 2014-12-28

    どこでも簡単!WordPressのカスタム投稿タイプを有効にする方法

    WordPressをカスタマイズする時、多くの方が【カスタム投稿タイプ】という便利な機能に目を付けます。カスタム投稿タイプは非常に簡単に利用できるのですが、初めての方は少し手間取るかもしれません。このページでは、カスタム投稿タイプを簡単に実装する方法を解説しています。 記事を読む

  • 2015-09-20

    WordPressの「続きを読む」リンクから#more…をコピペで消してみた。

    WordPress の 「続きを読む」()を利用したとき、「続きを読む」をクリックすると、URL の末尾に #more … といったハッシュが付与されます。以前から必要ないと感じていたのでこの部分をコピペのみで削除してみました。 記事を読む

  • 2017-11-23

    データベースのパスワードを変更したらWordPressが表示されなくなった時の対処法

    データベースのパスワードを変更してもサイトを正常に表示させるには データベースのパスワードを変更すると、Wor ... 記事を読む

コメントを残す


(必須)