一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!
  • 一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!
  • 記事公開:2015/04/11
  • 最終更新:2015/11/11

一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!

不要になったカスタムフィールドの変数をプラグインのDeleteCustomFieldsで削除する方法をご紹介しています。不要なカスタムフィールドが増えて困っている方は参考にしてください。5分程度でカスタムフィールドをスッキリとさせることができます。

この記事は約 1 分で読めます。

このコンテンツでは【DeleteCustomFields】を使った、不要なカスタムフィールドの名前(変数)を削除する方法をご紹介していました。

現在は、以下のコンテンツでプラグイン【DeleteCustomFields】を使うことなく、不要になったカスタムフィールドの名前(変数)を削除する方法をお奨めしています。

溜まったカスタムフィールドの変数をスッキリと削除させる方法

上記の方法ですと、プラグイン【DeleteCustomFields】のインストールや有効化など面倒な作業は一切必要ありません。

上記のコンテンツで紹介されているコードをテーマファイルのfunctions.phpにコピペするだけで、管理画面にカスタムフィールドの変数を削除する項目が追加されます。

詳しくは、【溜まったカスタムフィールドの変数をスッキリと削除させる方法】を参照してください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-02-15

    WordPressサイトでメンテナンスモードをプラグインを使わずに導入する方法

    WordPressサイトでプラグインを使わずに簡単なメンテナンスモードを導入する方法をご紹介します。簡単なコピペだけで実装可能ですので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2017-07-21

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順をまとめてみました。メディアからアップロードした画像の保存場所を変えたい方は、ぜひご覧ください。5分程度の作業で画像のアップロード先を変えることができます。 記事を読む

  • 2015-02-26

    【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法

    WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介します。あらゆる不具合を回避した方法です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2016-01-14

    WordPressのテーマをカスタマイズする時によく使うタグをまとめてみた。

    WordPressのテーマをカスタマイズする時、よく使うタグがありますよね。記事のタイトルを取得したり、投稿日時を取得したり、ワードプレスは簡単なタグを設置することで様々な情報を取得&表示することができます。今回は、そんなワードプレスの中からよく使うモノをピックアップしてまとめてみました。 記事を読む

  • 2017-07-07

    アーカイブページに説明文を入れる方法と5つのカスタマイズ

    アーカイブページに固有の説明文を設置する方法をご紹介します。コピペで設置できる様にしておりますので、興味のある方は挑戦してください。説明文周りの役立つカスタマイズも5つほど合わせてご紹介します。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA