WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

PAK26_yukigatumoru20140209500 (1)

WordPressのfunctions.phpは、編集を誤るとサイトや管理画面が真っ白になってアクセスできなくなります。そんな時の1分でできる復旧方法をご紹介します。

この記事は約 3 分で読めます。

functions.phpの編集をミスっても慌てずにまずは落ち着こう!

WordPressをカスタマイズする時、functions.phpを編集する機会は多くあります。
このサイトでもfunctions.phpを編集するカスタマイズを多くご紹介してきました。

このfunctions.phpは、誤った記述をしてしまうとサイト全体が真っ白になってしまいます。
サイトだけではなく、管理画面も表示されません。

管理画面が表示されないと言うことは、functions.phpを編集できませんから、サイトを復旧することは不可能だと、多くの方が慌ててしまいます。

ひょっとしたら、あなたも経験があるのではありませんか?
私は未だにfunctions.phpの記述を誤ってしまうとビクッとしてしまいます。

functions.phpの記述を誤ってサイトが真っ白になっても慌てないで下さい。
まずは、大きく深呼吸をして落ち着きましょう。

サイト全体が真っ白になっても1分で復旧することができます。

真っ白になったサイトを復旧する手順

復旧方法は簡単で、1分程度でサイトを復旧させることが可能です。
以下が大まかな復旧方法です。

  1. FFFTPなどのFTPソフトを使ってfunctions.phpをPCにダウンロードする。
  2. メモ帳などでfunctions.phpを開き、真っ白になる直前に編集した箇所を元に戻す。
  3. FFFTPなどのFTPソフトを使って上記で編集したfunctions.phpをアップロードする。

管理画面にアクセスできないのであれば、FTPで修正したいファイルをダウンロード、編集ミスをする前の状態に戻してからアップロードすればよいだけの話です。

FTPからfunctions.phpをダウンロードする時、functions.phpは以下の場所にあります。

/【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名}】/functions.php

上記にあるfunctions.phpをダウンロードしてください。

修正ファイルをアップロードすれば、管理画面にアクセスできるようになります。
この方法で復旧に要する時間は1分程度です。

これで一安心ですね。

まとめ

functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法でした。

functions.phpの編集ミスでサイトが真っ白になるは、誰でも一度は通る道です。
予備知識を付けておき、いざと言うときは慌てず落ち着いて行動してください。

慌てなくても1分で復旧できますから!

シェアしていただきありがとうございます。

PAK26_yukigatumoru20140209500 (1)

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • moon and cat_TP_V

    セキュリティ強化!WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順

    WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順をご紹介します。adminというユーザー名を使っていると不正ログインをされる確立が高まります。3分間だけ時間時間をください。WordPressのユーザー名を変更する方法をお伝えします。 記事を読む

  • wordpress-category-get-oya_a

    WordPressのサイドエリアに親カテゴリーのみを一覧で表示させる方法

    今回はWordPressでカテゴリーの一覧を表示するとき、親カテゴリのみを一覧で表示する方法をご紹介します。カテゴリー階層が複雑なサイトを制作している中で、親カテゴリーのみを表示する方法が必要になりました。忘れないうちに勉強したことをメモっておきます。 記事を読む

  • wordpress-eyecatch-original-size_a

    WordPressのアイキャッチ画像に好きなサイズを追加する方法

    WordPressのアイキャッチ画像に好きなサイズを追加する方法をご紹介します。メディアで指定したサイズ以外のサイズで画像を作成したい方は参考にしてください。コピペで実装可能です。 記事を読む

  • N811_ipadkey500 (1)

    WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

    WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。 記事を読む

  • preserve-editor-scroll-position_000

    WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)