functions.php
    • 記事公開:2017/08/29
    • 最終更新:2017/11/08

    WordPress用語集:functions.php

    WordPressで構築したサイトをカスタマイズするときによく利用する設定用ファイル。

    管理画面から「functions.php」にアクセスする場合、以下のように遷移することができる。
    管理画面「外観」⇒「テーマの編集」⇒「functions.php」

    カスタム投稿タイプ、ウィジェット、ショートコードや、独自の関数を記述することで、幅広いカスタマイズを行うことができる。WordPressサイトのカスタマイズは、functions.phpにコードを追加することが多い。

    「functions.php」は、記述にミスがあるとサイト全体が表示されなくなったり(サイトが真っ白になる)、管理画面にログインできなくなってしまう。カスタマイズで頻繁に利用するファイルであるため、常に細心の注意が必要となる。

    「functions.php」を操作するときは、その前に必ずバックアップを取ることが推奨されている。

    「functions.php」の記述ミスでサイトが真っ白になった場合、バックアップした「functions.php」をFTPなどからアクセスして上書きすることで、サイトが表示されるようになる。管理画面にもアクセスできないため、FTPなどから直接ファイルをアップロードするしか修正方法がない。

    FTPで接続した場合、「functions.php」は以下の場所にある。
    /【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名】/functions.php

    「functions.php」は、テーマを構成するファイルの一つであるため、テーマを変更すると追加したコードなどは無効となるので注意が必要。

    noimage

    この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

    あなたのWEBサイトをWordpressで
    管理できるようにしませんか?

    あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
    以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

    • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
    • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
    • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
    • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
    • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
    • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

    興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

    詳細を確認する