WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法
  • 記事公開:2016/02/15
  • 最終更新:2016/02/28

GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法

GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。GOOGLEマップは埋め込みコードを設置しただけはレスポンシブに対応していません。この記事を読めば3分でGOOGLEマップをレスポンシブに対応させることができます。

この記事は約 3 分で読めます。

GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる

GOOGLEマップを埋め込んでいるサイトを最近よく目にします。
簡単に地図をサイト上に埋め込めるので非常に便利ですよね。

地図の埋め込み=GOOGLEマップと言っても良いのかもしれません。
ただ、1点だけ残念な部分もあります。

それは、デフォルトではレスポンシブに対応していないと言うこと。
今の時代、スマホを無視したサイト構築はありません。

そこで、GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。

まずは、以下のようにGOOGLEマップを設置しましょう。

<div id="google_map">ここにGOOGLEマップの埋め込みコード</div>

【<div id=”google_map”></div>】で囲むのがポイントです。

【ここにGOOGLEマップの埋め込みコード】の部分に、GOOGLEマップから取得した埋め込みコードを記述してください。

GOOGLEマップのコードを取得する手順は、以下でご確認いただけます。

WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法

埋め込みコードを記述したら、続いてCSSに定義を加えてレスポンシブに対応させましょう。
以下のように定義してやります。

#google_map {
position: relative;
padding-bottom: 56.25%;
padding-top: 30px;
height: 0;
overflow: hidden;
}
#google_map iframe,
#google_map object,
#google_map embed {
position: absolute;
top: 0;
left: 0;
width: 100%;
height: 100%;
}

上記は【GoogleMapの地図をレスポンシブサイトに埋め込む方法】のを参考にしています。

上記の様にCSSで定義してやると、以下の様にGOOGLEマップがレスポンシブ対応となります。

スマホで確認してみてください。
デバイスの横幅に合わせて縮小されます。

GOOGLEマップのレスポンシブ対応は以上です。

まとめ

GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法をご紹介しました。

CSSだけで簡単にレスポンシブに対応できます。
興味のある方は参考にしてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

    疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。 記事を読む

  • CSSで特定の画像だけを中央揃えにする方法

    画像を設置するブロックをセンタリングすることなく特定の画像だけを中央揃えにする方法をご紹介しています。あまり需要はないかもしれませんが、どなたかの参考になるとうれしいですね。 記事を読む

  • CSSだけで文章を縦書きにする方法

    CSSだけで文章を縦書きにする方法えおご紹介しています。文章を縦書きにしたいけどやり方が分からない方は必見です。3分後には自由自在に文章を縦書きにすることが出来ます。 記事を読む

  • CSSで背景を半透明にする方法

    「CSSで背景色を半透明する方法」をご紹介します。 記事を読む

  • 3コピペだけ!アクセスから一定期間で消えるボックスを設置しよう。

    アクセスから一定期間で消えるボックスを設置する方法をご紹介します。コピペだけで設置できますのでどなたでも設置可能です。このコンテンツを確認して頂ければ、3分後にはアクセスから一定時間経過で消えるボックスが設置できてしまいます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)