WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法
  • 記事公開:2017/01/09
  • 最終更新:-------------

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法をご紹介します。記事の追記や訂正をしている場合、最終更新日を掲載したほうが訪問者に対して親切です。3分間だけこのコンテンツを読んでみてください。

この記事は約 5 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressの記事に最終更新日を表示させたい理由

記事の追加や訂正を行うことが多い場合、最終更新日が表示されていないと、訪問者は【最後に更新したのはいつなのか】判断することができません。

これは訪問者に対して非常に不親切です。
訪問者に最終更新日を伝えるため、最終更新日を表示させたいと考えました。

ですが、一般的なWordPressテーマでは、記事の公開日のみ表示する仕様になっていて、最終更新日を表示させることが、デフォルトではできません。

記事の追記や訂正を、訪問者がすぐ判断できるようにしたい!
そんな思い出【最終更新日を表示させる方法】をまとめてみました。

WordPressの記事に最終更新日を表示させる方法

最終更新日を表示させる方法を解説していきます。

最初に【単純に最終更新日を表示させる方法】をご紹介し、その後で【公開日以降に更新している場合のみ最終更新日を表示させる方法】をご紹介します。

単純に更新日を表示させる

まずは、単純に【最終更新日を表示させる方法】をご紹介します。

難しいカスタマイズは必要ありません。
最終更新日を表示させたい箇所に、以下のコードをコピペするだけでOKです!

<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>

上記のコードを記述すると、例えば最終更新日は【2016/05/18】の場合は、上記のコードを記述した箇所に【2016/05/18】と表示されます。

公開日以降に更新がない場合は、公開日が更新日の代わりに表示されます。

最終更新日は、上記のコピペだけで表示させることができます。
ですが、ここで問題が出てきます。

最終更新日は公開日と並べて表示させるケースがほとんどだと思います。

公開日:○○○○/○○/○○
最終更新日:○○○○/○○/○○

先ほど書きましたが、公開日以降に更新がない場合は、公開日が更新日の代わりに表示されます。
つまり、更新のない記事は公開日が並んで表示されることになります。

これって、何か違和感を感じませんか?
そこで、次の記述方法を見てもらいたいのです。

公開日以降に更新している場合のみ最終更新日を表示させる

公開日以降にその記事を更新している場合だけ、最終更新日を表示させる方法です。
先ほど解説した公開日が並んで表示される問題を回避できます。

公開日と最終更新日を表示させたい箇所に、以下のコードをコピペしてください。

公開日:<?php the_time('Y/m/d'); ?>
<?php if (get_the_modified_date('Y/m/d') != get_the_time('Y/m/d')) : ?>
最終更新日:<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>
<?php endif; ?>

上記のコードを記述すると、公開日以降にその記事を更新している場合だけ、最終更新日を表示させることができます。

簡単にコードを解説すると

<?php the_time('Y/m/d'); ?>

上記が公開日を表示する部分です。

<?php if (get_the_modified_date('Y/m/d') != get_the_time('Y/m/d')) : ?>
最終更新日:<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>
<?php endif; ?>

上記の部分が【公開日と最終更新日がイコールでなかったら最終更新日を表示させる】と定義している部分になります。

公開日以降に更新がなければ【公開日:○○○○/○○/○○】とだけ表示されます。
公開日以降に更新がなければ、以下の様に表示されます。

公開日:○○○○/○○/○○
最終更新日:○○○○/○○/○○

こうしておけば、公開日が並んで表示されるという問題を回避することができます。

まとめ

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法をご紹介しました。

最終更新日を表示させていないサイトは以外と多いです。

記事の追記や訂正を全くしないのであれば必要ありませんが、追記や訂正をするサイトであれば、最終更新日を表示させるのが訪問者に対して親切かな~と思います。

簡単なカスタマイズで最終更新日を表示することができます。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • contactform7のチェックボックスを改行して縦に並べる方法

    contactform7のチェックボックスを改行して縦に並べる方法をご紹介しました。チェックボックスの項目を改行するのとしないのとでは、チャックのし易さなどが大きく変わってきます。興味のある方は、3分間だけこのコンテンツを参照してください。 記事を読む

  • WordPressカスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法

    WordPressには便利な機能としてカスタムフィールドが標準装備されています。カスタムフィールドに入力した値(文字)をサイト上に表示させるとき、文字数を制限したいケースもあるかと思います。今回は、カスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法を解説しています。 記事を読む

  • WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法

    WordPressの投稿エディタから消えたスクロールバーを再表示させる方法をご紹介します。WordPress4.0から最大行表示エディターという機能が実装され、ブラウザの高さ一杯にエディタが広がっていく仕様(スクロールバーが表示されない)になりました。使いにくいと感じている方は、スクロールバーを再表示させましょう。 記事を読む

  • 1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法

    1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。複数の値を一つのカスタムフィールドで管理したいかは必見です。3分後には1つのカスタムフィールドで負k数の値を管理できるようになります。 記事を読む

  • WordPressサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法

    WordPressで構築したサイトに前後記事へのリンクを表示させる方法をご紹介します。記事ページの下部などでよく見かける「前の記事」「次の記事」といったナビゲーションリンクです。1分で表示できますので、参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)