WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法
  • WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法
  • 記事公開:2017/01/09
  • 最終更新:-------------

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法をご紹介します。記事の追記や訂正をしている場合、最終更新日を掲載したほうが訪問者に対して親切です。3分間だけこのコンテンツを読んでみてください。

この記事は約 5 分で読めます。

WordPressの記事に最終更新日を表示させたい理由

記事の追加や訂正を行うことが多い場合、最終更新日が表示されていないと、訪問者は【最後に更新したのはいつなのか】判断することができません。

これは訪問者に対して非常に不親切です。
訪問者に最終更新日を伝えるため、最終更新日を表示させたいと考えました。

ですが、一般的なWordPressテーマでは、記事の公開日のみ表示する仕様になっていて、最終更新日を表示させることが、デフォルトではできません。

記事の追記や訂正を、訪問者がすぐ判断できるようにしたい!
そんな思い出【最終更新日を表示させる方法】をまとめてみました。

WordPressの記事に最終更新日を表示させる方法

最終更新日を表示させる方法を解説していきます。

最初に【単純に最終更新日を表示させる方法】をご紹介し、その後で【公開日以降に更新している場合のみ最終更新日を表示させる方法】をご紹介します。

単純に更新日を表示させる

まずは、単純に【最終更新日を表示させる方法】をご紹介します。

難しいカスタマイズは必要ありません。
最終更新日を表示させたい箇所に、以下のコードをコピペするだけでOKです!

<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>

上記のコードを記述すると、例えば最終更新日は【2016/05/18】の場合は、上記のコードを記述した箇所に【2016/05/18】と表示されます。

公開日以降に更新がない場合は、公開日が更新日の代わりに表示されます。

最終更新日は、上記のコピペだけで表示させることができます。
ですが、ここで問題が出てきます。

最終更新日は公開日と並べて表示させるケースがほとんどだと思います。

公開日:○○○○/○○/○○
最終更新日:○○○○/○○/○○

先ほど書きましたが、公開日以降に更新がない場合は、公開日が更新日の代わりに表示されます。
つまり、更新のない記事は公開日が並んで表示されることになります。

これって、何か違和感を感じませんか?
そこで、次の記述方法を見てもらいたいのです。

公開日以降に更新している場合のみ最終更新日を表示させる

公開日以降にその記事を更新している場合だけ、最終更新日を表示させる方法です。
先ほど解説した公開日が並んで表示される問題を回避できます。

公開日と最終更新日を表示させたい箇所に、以下のコードをコピペしてください。

公開日:<?php the_time('Y/m/d'); ?>
<?php if (get_the_modified_date('Y/m/d') != get_the_time('Y/m/d')) : ?>
最終更新日:<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>
<?php endif; ?>

上記のコードを記述すると、公開日以降にその記事を更新している場合だけ、最終更新日を表示させることができます。

簡単にコードを解説すると

<?php the_time('Y/m/d'); ?>

上記が公開日を表示する部分です。

<?php if (get_the_modified_date('Y/m/d') != get_the_time('Y/m/d')) : ?>
最終更新日:<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>
<?php endif; ?>

上記の部分が【公開日と最終更新日がイコールでなかったら最終更新日を表示させる】と定義している部分になります。

公開日以降に更新がなければ【公開日:○○○○/○○/○○】とだけ表示されます。
公開日以降に更新がなければ、以下の様に表示されます。

公開日:○○○○/○○/○○
最終更新日:○○○○/○○/○○

こうしておけば、公開日が並んで表示されるという問題を回避することができます。

まとめ

WordPressの記事に「最終更新日」を表示する方法をご紹介しました。

最終更新日を表示させていないサイトは以外と多いです。

記事の追記や訂正を全くしないのであれば必要ありませんが、追記や訂正をするサイトであれば、最終更新日を表示させるのが訪問者に対して親切かな~と思います。

簡単なカスタマイズで最終更新日を表示することができます。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • カスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法

    2015-01-21

    ここでは、任意のカスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法をご紹介しています。カスタム投稿を設置したとき、All in One SEO Packの設定項目が表示されず困ったので、解決方法を探してみました。同じようにお困りの方、参考にしてください。 記事を読む

  • WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法

    2015-02-10

    WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法をご紹介します。必要を感じてカスタマイズしましたが地味に便利です。参考にしてください。 記事を読む

  • 既存サイトをWordPress化する6つのメリットと2つのデメリットをまとめてみました

    2017-08-12

    既存サイトをWordpress化するサービスを運営していると、既存サイトをWordpress化するメリットってなんですか?と聞かれることが多々あります。そこで、既存サイトをWordpress化するメリットをまとめてみました。 記事を読む

  • WordPressユーザー必見!自動的に記事を下書き投稿する方法

    2015-10-01

    WordPressサイトに1日1回記事を投稿するため、自動的に記事を下書き保存するカスタマイズを行いました。1日1回【今日も記事を書けよ!】というタイトルで記事が下書き保存されます。自動的に催促される仕組みです。コピペで実装できますので、よければ実装してください。 記事を読む

  • 【WordPress】基本的なオリジナルショートコードを作る方法

    2015-03-12

    簡単なオリジナルショートコードを作成する方法をご紹介。ショートコードの作成と聞くと、難しそうと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません!簡単なショートコードなら1分程度で作成することができます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA