WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法
  • WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法
  • 記事公開:2016/01/19
  • 最終更新:2016/10/12

WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法

WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法をご紹介します。コピペで対応できるようにしておりますので、初心者の方でも3分程度でWordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させることができます。

この記事は約 5 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

パンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる理由

eyu5te

パンくずナビをリッチスニペットに対応させると、上記画像のようにGoogleの検索結果に、パンくずナビが表示されるようになります。赤線の部分がパンくずナビですね。

パンくずナビをGOOGLEの検索結果に表示させる理由は、SEO効果が期待できるのに加え、クリック率の上昇にも期待することが出来るからです。

やって損はありませんので、パンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させてみました。
その方法をご紹介しておきます。

パンくずナビをpGoogleリッチスニペットに対応させる方法

基本的な対応のさせ方をご紹介します。

以下の様なパンくずナビがあったとします。

<ol class="breadcrumb">
<li><a href="#">ホーム</a></li>
<li><a href="#">カテゴリー</a></li>
<li>ページタイトル</li>
</ol>

上記のパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させると以下の様になります。

<ol class="breadcrumb">
<li itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb"><a href="#" itemprop="url"><span itemprop="title">ホーム</span></a></li>
<li itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb"><a href="#" itemprop="url"><span itemprop="title">カテゴリー</span></a></li>
<li itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb" itemprop="url"><span itemprop="title">ページタイトル</span></li>
</ol>

このようにGoogleリッチスニペットに対応させておけば、

eyu5te

上記のようにGoogleの検索結果に、パンくずナビが表示されるようになります。

WordPressサイトのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法

出力されたパンくずナビが先ほどご紹介したGoogleリッチスニペットに対応させた形式であれば良いわけですので、現在実装しているパンくずナビの出力がその様になるように修正を加えましょう。

パンくずナビが未設置の場合は、以下のページを参考にして、パンくずナビを実装してください。

プラグインは使わない!WordPressサイトに高品質なパンくずナビをコピペで設置する方法

実は上記のページで解説しているパンくずナビは、既にGoogleリッチスニペットに対応しています。
なので、このパンくずナビを実装すれば、自動的にGoogleリッチスニペットに対応します。

既存のパンくずナビをカスタマイズするのが面倒な方も、上記で紹介しているパンくずナビを実装するれば、面倒なカスタマイズを行う必要はありません。

コピペだけでGoogleリッチスニペットに対応したパンくずナビを設置できます。

まとめ

WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法をご紹介しました。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressの「続きを読む」リンクから#more…をコピペで消してみた。

    WordPress の 「続きを読む」()を利用したとき、「続きを読む」をクリックすると、URL の末尾に #more … といったハッシュが付与されます。以前から必要ないと感じていたのでこの部分をコピペのみで削除してみました。 記事を読む

  • WordPressのfunctions.phpがある場所

    WordPressのfunctions.phpがある場所をご存知ですか?WordPressに触れたばかりで知らなという方は、絶対に覚えておいた方が良い知識です。3分間だけ時間を確保して、このコンテンツに目を通してください。functions.phpの場所を理解することが出来ます。 記事を読む

  • WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法

    WordPress管理画面にPDF形式のマニュアルを埋め込む方法のご紹介です。クライアントにサイトを納品する時など、管理画面にWordPressの操作マニュアルを設置しておくと喜ばれます。今回はPDF形式のマニュアルを埋め込む方法です。 記事を読む

  • カスタムフィールドの値が未入力=非表示にする方法

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする方法をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

  • お問い合わせプラグイン「Contact Form 7」にサンクスページを導入する方法

    今回はWordPressのメリットとデメリットをまとめてみました。WordPressに出会った頃にも色々と調べた記憶があるのですが、今回はイチから調べ直しました。改めて調べてみて分かりましたが、WordPressって本当に便利なシステムですね。使わない手は無いと本気で思います。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)