WordPressで特定ページを表示するために使用されているテンプレートを調べる方法
  • WordPressで特定ページを表示するために使用されているテンプレートを調べる方法
  • 記事公開:2016/10/10
  • 最終更新:-------------

WordPressで特定ページを表示するために使用されているテンプレートを調べる方法

WordPressで構築したサイトの各ページがテーマのどのファイルを使っているか、簡単に確認できる方法をご紹介します。プラグイン「Show Current Template」を使えば一目瞭然!テーマをカスタマイズする方は絶対に確認してください。

この記事は約 5 分で読めます。

あなたはテンプレート迷子ですか?

WordPressの無料テーマや有料テーマをカスタマイズしようとした時、カスタマイズしたいページがどのテンプレートファイルを使用しているのか分からず、困ったことはありませんか?

あるいは、ご自身で制作しているテーマが複雑になってしまい、どのページがどのテンプレートファイルを使っているのか分からなくなったことはりませんか?

筆者は両方とも体験済みです。
ほんと最近までこの問題に頭を悩ませ、無駄に時間を浪費していました。

しかし、あるプラグインを導入する事で、この問題からサクッと解放されました!
そのプラグインとは【Show Current Template】です。

このプラグイン、Wordpressの管理画面にログインした状態でサイトを表示すると、そのページを表示するため、テーマのどのテンプレートファイルを使用しているか表示してくれるのです。

直接的なテンプレートだけではなく、そのテンプレートでインクルードしているファイルまで教えてくれます。

【Show Current Template】をインストールするだけで、テンプレート迷子を卒業できます!

Show Current Templateを使ってみよう!

Show Current Templateを使って、特定のページを表示させるために使用しているテンプレートを確認する手順を解説していきます。

手順1:Show Current Templateをインストールする

まずは、Show Current Templateをインストールしましょう。
インストール方法は、以下のコンテンツを参照してください。

2016-02-03
WordPressにプラグインをインストールする方法
WordPressにプラグインをインストールする2つの方法WordPressにプラグインをインストールする方法をご紹介します。 基本的なインストール方法は2つあります。個別に解説していきましょう。管理画面からプラグインを検索してインストールする方法

Show Current Templateは設定などをする必要はありません。
インストールするだけで利用できます。

手順2:サイト上にツールバーを表示させる

使用中のテンプレートは、サイト上のツールバーに表示されます。
ツールバーが表示されていないと、テンプレートを確認することができません。

afdefef

管理画面 ⇒ ユーザー ⇒ あなたのプロフィールにアクセスします。
上記の【ツールバー】という項目にチェックが入っていることを確認してください。

チャックが入っていない場合は、チェックを入れて設定を保存してください。

手順3:使用しているテンプレートを確認する

特定のページで使用しているテンプレートを確認してみましょう。
まず、テンプレートを確認したいページにアクセスします。

wefwegf

上記のキャプチャは、このサイトのTOPページです。
今回はTOPページを参考に解説していきます。

reuuty

サイト最上部に表示されているツールバーを確認してください。
赤枠部分が、TOPページで使用しているテンプレートを示しています。

この場合は【home.php】がTOPページで使われているテンプレートファイルとなります。

yw45y

【home.php】部分にマウスを乗せると、以下の情報も確認できます。

  • テンプレート相対パス
  • テンプレート名
  • インクルードされているテンプレートファイル

いかがでしょうか?

これだけの情報が確認できれば、修正したいページのテンプレートファイルが分からず
慌てることはもうありませんね!

まとめ

WordPressで特定ページを表示するために使用されているテンプレートを調べる方法をご紹介しました。

プラグイン【Show Current Template】を使えば一目瞭然!
初心者の方はもちろん、複雑なテーマを作成するプロの方にもうれしいプラグインです。

テーマを弄る方は、ぜひ導入を検討してみてください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-09-09

    WordPressのテーマフォルダにある画像をテーマファイルで表示させるスマートな方法

    テーマフォルダの画像をテーマファイル内でスマートに表示させよう! WordPressのオリジナルテーマを作成し ... 記事を読む

  • 2016-04-24

    カスタムフィールドの値が未入力=非表示にする条件分岐

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする条件分岐をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 2015-01-13

    WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

    WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。 記事を読む

  • 2016-08-28

    セキュリティ強化!WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順

    WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順をご紹介します。adminというユーザー名を使っていると不正ログインをされる確立が高まります。3分間だけ時間時間をください。WordPressのユーザー名を変更する方法をお伝えします。 記事を読む

  • 2015-04-11

    一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!

    不要になったカスタムフィールドの変数をプラグインのDeleteCustomFieldsで削除する方法をご紹介しています。不要なカスタムフィールドが増えて困っている方は参考にしてください。5分程度でカスタムフィールドをスッキリとさせることができます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA