3コピペだけ!アクセスから一定期間で消えるボックスを設置しよう。
  • 3コピペだけ!アクセスから一定期間で消えるボックスを設置しよう。
  • 記事公開:2015/11/11
  • 最終更新:-------------

3コピペだけ!アクセスから一定期間で消えるボックスを設置しよう。

アクセスから一定期間で消えるボックスを設置する方法をご紹介します。コピペだけで設置できますのでどなたでも設置可能です。このコンテンツを確認して頂ければ、3分後にはアクセスから一定時間経過で消えるボックスが設置できてしまいます。

この記事は約 3 分で読めます。

あなたのサイトもWordpressで運営してみませんか?

http://takayakondo.com/

あなたのサイトをWordpressで運営できる様にいたします。
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

アクセスから一定期間で消えるボックスを設置する手順

手順と言っても簡単で、以下の3つのコードをコピペするだけで設置できます。
ボックスの中身や装飾はお好きに変更なさってください。

HTMLコード

<div id="time_out">
ここにお好きな内容を記述してください。
</div>

上記のコードをボックスを表示させたい箇所にコピペしてください。

jQueryコード

$(document).ready(function() {
$("#timeout").fadeIn().queue(function() {
setTimeout(function(){$("#timeout").dequeue();
}, 3000);
});
$("#timeout").fadeOut();
});

上記のコードをワードプレスサイトであれば、header.phpかfooter.phpにコピペしましょう。

上記コードの中の【3000】はボックスが消えるまでの時間を定義しています。
この場合は【3秒】を意味します。

この部分はお好きな秒数を指定してください。

CSSコード

#time_out{
position:absolute;
top:30px;
left:50px;
padding:20px;
border:1px solid #ddd;
background:#eee;
}

CSSに上記をコピペしましょう。

装飾は自由に変更してください。
position~leftは変更してはいけません。

これらのコードは【時間が経つと非表示になるボックスを作る】のコードをご紹介しました。

これら3つのコードを設置すれば、指定した時間が経過すると消えるボックスが設置できます。

まとめ

アクセスから一定期間で消えるボックスを設置する方法をご紹介しました。

3つのコードをコピペするだけで設置できますので、サクッと設置していただけます。
重要な情報の提示などで使用してください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法

    GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。GOOGLEマップは埋め込みコードを設置しただけはレスポンシブに対応していません。この記事を読めば3分でGOOGLEマップをレスポンシブに対応させることができます。 記事を読む

  • 美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。

    美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。CSSだけでデザインにグラデーションを導入したい方は参考にしてください。5分後にはグラデーションを自由自在に操れるようになります。 記事を読む

  • 画像が読み込めなかった時に別の画像を表示させる方法

    画像が読み込めなかった時に別の画像を表示させる方法をご紹介します。画像が読み込めない時、altのテキストではなく別の画像を表示させたい方は必読です。3分後には実装可能です。 記事を読む

  • 背景画像をレスポンシブに対応させる方法

    背景画像をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。paddingを指定して横幅と縦幅の比率を保持したまま、背景画像を縮小拡大する方法です。3分間です。3分間で背景画像をレスポンシブに対応させる方法をマスターできます。 記事を読む

  • 知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

    疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)