WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • セキュリティ強化!WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順

セキュリティ強化!WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順

moon and cat_TP_V

WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順をご紹介します。adminというユーザー名を使っていると不正ログインをされる確立が高まります。3分間だけ時間時間をください。WordPressのユーザー名を変更する方法をお伝えします。

この記事は約 7 分で読めます。

ユーザー名adminは不正ログインの餌食になる

WordPressでサイトを運営する時、常に注意が必要なのが不正ログインです。
不正にログインされてしまうと、サイトを壊されてしまうかもしれません。

実際、不正ログインは横行しています。
私も以前に以下の様な相談を受けたことがあります。

WordPressの管理画面に不正ログインされてしまい、サイトのいたるところにアダルト広告を掲載されてしまった、何とかしてほしい!

すぐにアダルト広告を取り外し、WordPressのセキュリティを強化しましたが、相談者の受けたダメージはすごく大きかったです。

不正ログインをされたサイトは、教育関係のWEBサイトでした。
そこにアダルト広告を掲載されたのですから、そのダメージは口では言い表しにくいです。

この不正ログイン、大きな原因はパスワードが単調だからとよく言われますが、それだけが原因ではありません。

ログイン時に必要になるユーザー名も大きな原因になります。

ユーザー名を一般的に使われている簡単なユーザー名にしておくと、不正ログインされる可能性が高くなります。
ユーザー名「admin」も一般的に使われているユーザー名の一つです。

WordPressサイトへの不正ログインを試みる人間は、必ずといってよいほどユーザー名を「admin」として不正ログインを試行しているという情報もあります。

不正ログインを回避するためには、パスワードに加えてユーザー名も複雑にする必要があります。

もしも、あなたのWordPressサイトのユーザー名が「admin」であるなら、今すぐにでもユーザー名を変更することをお勧めいたします。

adminを別のユーザー名に変更する手順

それでは、adminを別のユーザー名に変更していきましょう。

最初に説明しておきますが、adminというユーザー名を別のユーザー名に変更することはできません。
管理画面から例えば、adminをadmin2016に変更して保存、ということはできません。

管理者権限の新しいアカウントを作成し、adminは削除、今後は新しいアカウントを使用していきます。

これで間接的にですが、adminを別のユーザー名に変更したことになります。

それでは、手順を解説していきましょう。
以下の解説は、adminで管理画面にログインしていることを前提としております。

管理者権限で新しいアカウントを作成する。

dsutu

【ユーザー】⇒【新規追加】から新しいアカウントを作成します。

wearg

・ユーザー名
・メールアドレス
・パスワード
・権限グループ

以上の4つを設定していきます。

ユーザー名は自由に決めてください。
不正ログインを回避するため、複雑なユーザー名にするのが適切です。

メールアドレスはお使いのメールアドレスを登録してください。
パスワードを忘れた時など、再発行メールが届きますので、必ず実在するアドレスにしましょう。

パスワードは、不正ログイン回避のため複雑な文字列であるのが適切です。
【パスワードを表示】をクリックすると、自動的に複雑なパスワードが生成されます。
基本的にこの方法で生成したパスワードが良いでしょう。

権限グループは、必ず【管理者】を選択してください。
そうしませんと、アカウント「admin」を削除することが出来ません。

最後に【新規ユーザーの追加】をクリックすれば、新しいアカウントが作成されます。

新しいアカウントでログインする。

新しいアカウントを作成したら、一度管理画面からログアウトしましょう。
そして、新しく作成したアカウントで管理画面にログインします。

アカウント「admin」でログインした状態では、「admin」を削除することが出来ません。
新しいアカウントでログインして「admin」を削除することになります。

adminを削除する。

新しいアカウントでログインしたら、「admin」を削除していきましょう。

wrqwerwqtr

【ユーザー】⇒【ユーザー一覧】にアクセスします。

qrqrqrf

アカウント「admin」の部分にカーソルを合わせると「削除」の項目が表示されるので、クリックしましょう。いきなり削除されるわけではありませんので、安心してクリックしてください。

dshjtrsjhtrjh

アカウント「admin」を削除する前に、決めておかなければならないことがあります。
それが、「admin」の「投稿(記事)」をどの様に取り扱うかです。

「投稿(記事)」の取り扱い方には、以下の2種類があります。

・すべてのコンテンツを消去します。
・すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする。

上記のどちらかを決めなければなりません。

このコンテンツを読んでいる方は「adminだと不正ログインされやすいのでセキュリティの面からユーザー名を複雑なものに変更する」のが目的だと思います。

なので【すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする】にチェックを入れ、新しく作成したアカウントを選択してください。

最後に【削除を実行】をクリックすることで、adminを削除することができます。

まとめ

ユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順をご紹介しました。

ユーザー名を変更する事はできませんので、新しいアカウントを作成して、adminを削除します。
その後は、新しいアカウントを使う感じですね。

簡単にできますので、セキュリティの面でも変更する事をお勧めいたします。

シェアしていただきありがとうございます。

moon and cat_TP_V

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • wordpress-revision-delete

    データベースに溜っているリビジョンを1分で削除する方法

    WordPressでデータベースに溜っているリビジョンを1分で削除する方法のご紹介です。BetterDeleteRevisionというプラグインを利用すれば1分でリビジョンを削除することができます。参考にしてください。 記事を読む

  • CSS85_mbakubiwokashige20131019500

    WordPress初心者にオススメ!WordPressの各種操作方法を解説しているサイトをまとめてみた。

    これからWordPressを勉強する方も最初は何かと調べることが多いはず。私も参考にしていた初心者向けのWordPress解説サイトをご紹介します。 記事を読む

  • PAK86_yabainomicyatta20131223500 (2)

    BreadcrumbNavXTが正常に動作しなくなった時の対処方法

    WordPressサイトにパンくずナビを表示させるならプラグイン【BreadcrumbNavXT】が便利。ですが、このプラグインをバージョンアップすると、正常に動作しなくなることがあります。今回は、そんな時に対策をご紹介します。 記事を読む

  • sitagaki

    押し間違いを回避!WordPressの「下書きとして保存」を目立たせろ!

    WordPressの公開ボタンと下書きして保存ボタンを押し間違える方は必見です!下書きして保存ボタンを装飾して目立たせる方法をご紹介します。参考にして押し間違いを回避してください。 記事を読む

  • programming-583923_1280 (5)

    【WordPress】ショートコードをテンプレートファイルに直接記述する方法

    ショートコードをテンプレートファイルに直接記述する方法をご紹介します。ショートコードは本来なら投稿や固定ページに記述するものですが、テーマファイルに直接記述したいときもあります。参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)