知らないと恥ずかしい!WordPressでpタグを自動挿入させない方法
  • 知らないと恥ずかしい!WordPressでpタグを自動挿入させない方法
  • 記事公開:2015/11/12
  • 最終更新:2015/11/17

知らないと恥ずかしい!WordPressでpタグを自動挿入させない方法

WordPressでpタグを自動挿入させない方法をご紹介します。WordPressのpタグ自動挿入が必要ないとお思いの方は参考にしてください。たった1分程度の作業でpタグ自動挿入を停止させることができます。

この記事は約 6 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

自動挿入されるpタグを挿入させたくない。

WordPressには、投稿や固定ページで2行以上の改行を自動的にpタグに変換する機能(auto paragraph)が標準装備されています。

この機能、便利に感じることも多くあるのですが、場合によっては不便に感じることも多々あります。

個人的にはあまり気にならないのですが、中にはこの機能を停止させたいと考えている方が多いようなので、機能を停止させる方法をご紹介したいと思います。

基本的にコピペだけで機能を呈させることができますので、初心者の方でも簡単です。

自動挿入されるpタグを挿入させない方法

それでは、Pタグを自動挿入させないカスタマイズをご紹介します。

Pタグを自動挿入させないカスタマイズには、全ての投稿と固定ページでPタグを自動挿入させない方法と、投稿ページのみPタグを自動挿入させないなど個別に指定する方法とがあります。

個別に見ていきましょう。

サイト全体ででPタグを自動挿入させない方法

以下のコードをfunctions.phpにコピペしてください。

add_action('init', function() {
remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');
remove_filter('the_content', 'wpautop');
});
add_filter('tiny_mce_before_init', function($init) {
$init['wpautop'] = false;
$init['apply_source_formatting'] = ture;
return $init;
});

このコードをコピペすることで、Pタグの自動挿入を停止させることができます。

個別に挿入させない方法

例えば、固定ページ毎にテンプレートが異なる場合などで、その一部のみPタグの挿入を停止させたい場合があるかもしれません。

そんな時は、そのテンプレートファイルのPタグの自動挿入を停止させたい箇所の直前に以下のコードをコピペしてください。

<?php remove_filter('the_content', 'wpautop'); ?>

上記のタグを設置すると、それ以降の部分でPタグの自動挿入が停止されます。
基本的に以下の様な記述になるかと思います。

<?php remove_filter('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php the_content(); ?>

特定の投稿タイプでPタグの自動挿入を停止させる方法

例えば、投稿ページのみPタグの自動挿入を停止させたいケースですね。
そんな場合は、以下のコードをfunctions.phpにコピペすればOKです。

add_filter('the_content', 'wpautop_filter', 9);
function wpautop_filter($content) {
global $post;
$remove_filter = false;
$arr_types = array('page');
$post_type = get_post_type( $post->ID );
if (in_array($post_type, $arr_types)) $remove_filter = true;
if ( $remove_filter ) {
remove_filter('the_content', 'wpautop');
remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');
}
return $content;
}

上記のコードでは、固定ページでPタグの自動挿入を停止させています。

$arr_types = array('page');

上記の【page】で投稿タイプを指定しています。
この部分にPタグの自動挿入を停止させたい投稿タイプを記述してください。

複数の投稿タイプを指定する場合は、以下の様に記述すればOKです。

$arr_types = array('page','○○','○○');

【○○】の部分には、投稿タイプを指定してください。

まとめ

WordPressの自動挿入されるpタグを挿入させない方法をご紹介しました。

私は既存サイトのWordPress化を請け負って言うのですが、その時にPタグの自動挿入を停止させることが多くあります。その他にも利用するシーンは以外と多いかと思いますので、この機会にやり方を覚えておきましょう。

このコンテンツでご紹介しているコードは【WordPressの自動挿入されるpタグを削除する方法】のコードを引用させていただきました。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressのテーマフォルダにある画像をテーマファイルで表示させるスマートな方法

    テーマフォルダの画像をテーマファイル内でスマートに表示させよう! WordPressのオリジナルテーマを作成し ... 記事を読む

  • WordPress管理画面のダッシュボードを1カラムにカスタマイズする方法

    WordPress管理画面のダッシュボードを1カラムにカスタマイズする方法をご紹介します。ダッシュボードを1カラムに変更したい方は参考にしてください。たった1分でダッシュボードを1カラムに変更することができます。 記事を読む

  • プラグインの落とし穴!プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由

    プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由をご紹介します。プラグインはサイトに色々な機能を実装できる頼もしい仕組みですが、その反面で危険性も隠されています。プラグインの危険性を知りたい方は、2分間だけこのコンテンツを読んでください。 記事を読む

  • WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。 記事を読む

  • wordpressのリビジョンを停止・回数制限する方法

    wordpressのリビジョン機能を停止あるいは制限する方法をご紹介します。リビジョンがデータベースの容量を圧迫する前に、このコンテンツを参考に対策を立ててください。対策に必要な時間は1分です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)