wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法
  • wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法
  • 記事公開:2015/03/04
  • 最終更新:2015/09/15

wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法

wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法をご紹介します。自動更新の間隔を操作しようと調べてみました。興味のある方は参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

wordpressの自動保存とは?

wordpressで記事や固定ページを新規で作成したり、既存のモノを編集していると、一定間隔で自動的に内容が保存されるのをご存知でしょうか?これがwordpressの自動保存機能です。

デフォルトの設定では、60秒間隔で編集内容を自動保存(下書き保存)してくれます。

誤ってページを閉じてしまった場合などでも、60秒間隔で自動保存されていますので、0から記事を作成しなおす必要もありません。基本的に便利な機能と言えます。

ただ、個人的に不満に感じていたのは、自動保存の間隔が60秒と短いこと。
不便では無いのですが、60秒間隔は短いように感じました。

そこで、自動保存の間隔を変更する方法を調べてみましたので、記録しておきます。
ついでに、自動保存を停止する方法も調べたので、合わせて記録します。

wordpressの自動保存の周期を制限する方法

自動保存の周期を制限する場合は、WordPress本体の「wp-config.php」を編集します。
上記ファイルに、以下のコードを新しく記述しましょう。

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 1800);

【1800】の部分に自動保存の周期を【秒数】で指定します。
1800の場合は、1800/60=30分となり、30分単位で自動保存を行います。

このコードを記述するだけで、自動保存の周期を制限することができます。

コードを記述する時は「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に記述してください。これより下に記述しても自動保存の周期を制限することはできません。

wordpressの自動保存を停止する方法

自動保存を停止させる場合は、WordPress本体の「wp-config.php」を編集します。
上記ファイルに、以下のコードを新しく記述しましょう。

function disable_autosave() {wp_deregister_script('autosave');}

このコードを記述するだけで、自動保存を停止することができます。

コードを記述する時は「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に記述してください。これより下に記述しても自動保存を停止することはできません。

まとめ

wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法をご紹介しました。

自動保存の間隔などにあまり興味が無い方には必要のないカスタマイズです。
私と同じように自動更新の間隔を短くした場合など、参考にしてください。

今回のコンテンツがどなたかお役に立てば幸いです。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • カスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法

    ここでは、任意のカスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法をご紹介しています。カスタム投稿を設置したとき、All in One SEO Packの設定項目が表示されず困ったので、解決方法を探してみました。同じようにお困りの方、参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressのログイン画面でログインエラーのふるふるを取る方法

    WordPressのログイン画面でログインエラーのふるふるを取る方法を紹介します。WordPressはパスワードを間違えたりしてログインできないと、画面がふるふると震えます。普段は気にならないのですが、ちょっとイラっとしたのでふるふるを取ってみました。 記事を読む

  • WordPressのfunctions.phpがある場所

    WordPressのfunctions.phpがある場所をご存知ですか?WordPressに触れたばかりで知らなという方は、絶対に覚えておいた方が良い知識です。3分間だけ時間を確保して、このコンテンツに目を通してください。functions.phpの場所を理解することが出来ます。 記事を読む

  • そのサイトがWordPressで作られているサイトなのかを確認する2つの方法

    活用シーンはあまり多くないかもしれませんが、特定のサイトがWordPressで作られているサイトなのかを確認する方法をご紹介いたします。「このサイトってWordPressで作られているサイトなの?」と疑問に感じたときなどにご利用ください。 記事を読む

  • WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法をご紹介しています。カスタムフィールドの値を投稿一覧から確認できると便利だと思いませんか?興味のある方は参考にしてください。5分後には投稿一覧にカスタムフィールドの値が表示されています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)