WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法
  • WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法
  • 記事公開:2015/05/26
  • 最終更新:2015/09/14

WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法

WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法をご紹介します。プラグインを使わずにコピペだけでカスタマイズ可能です。参考にしてください。

この記事は約 5 分で読めます。

カテゴリー単位で異なるアイコンを表示したい

そんな風にご希望を頂いた案件がありました。

やったことのないカスタマイズなので調べてみると、一番に目に留まったのがプラグインを使用する方法でした。

ですが、個人的に「プラグインは少なければ少ない方が良い」と考えていますので、functions.phpでカスタマイズする方法が無いかと調べてみることにしました。

1時間ぐらいかかったでしょうかね?
最終的に【cat_ID】とCSSを組み合わせる方法に行きつきました。

以下にその方法をご紹介します。

カテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でデザインを変える。

私の担当した案件では、投稿ページにあるliタグで囲まれたカテゴリーに個別のアイコンを表示させたいわけですから、カテゴリーを囲むliタグにそのカテゴリー固有のスタイルを付与してやり、CSSでアイコンを表示してやればOKでした。

そこで、スタイル名の部分にその投稿のカテゴリーIDを用いることで、個別のスタイル名を自動的に付加することにしました。

以下がその投稿のカテゴリーIDを取得して、個別のスタイル名を設定するコードです。
投稿ページのカテゴリーを表示している部分に直接書き込みました。

<?php
$cat = get_the_category();
$cat = $cat[0];
?>
<li class="cat_<?php echo $cat->cat_ID; ?>"><?php the_category(' '); ?></li>

個別に解説していきます。

<?php
$cat = get_the_category();
$cat = $cat[0];
?>

まず、上記のコードは「この投稿のカテゴリー情報を取得します」という意味です。

<?php the_category(' '); ?>

上記は「この投稿のカテゴリーを取得します」という意味です。
この部分で、カテゴリー名を表示しています。

<?php echo $cat->cat_ID; ?>

上記のコードは「最初に取得した情報の中からカテゴリーIDを表示します」という意味です。
例えば、カテゴリーIDが10のカテゴリーであれば、この部分に10と表示されます。

カテゴリーIDは重複することがありませんので、今回のコードの様に【cat_カテゴリーID】としておけば、重複の無い個別のスタイル名をliタグに付与することができるわけです。

cat_10
cat_20
cat_30 と言った感じです。

この【cat_】の部分はお好きに決めてください。
無くても良いですが、他のスタイル名と被ってはいけませんので、私は【cat_】と付けました。

これで、カテゴリー毎にliタグに個別のスタイル名を設定することができました。
あとは、CSSでご希望のデザインを定義すればOKです。

今回の場合は、CSSでアイコンを表示するように定義しました。

カテゴリーID以外でも問題はありません。

今回はカテゴリーIDを取得してスタイル名に利用しましたが、別にカテゴリー名でなくてもOKです。
カテゴリー情報には色々なモノがありますから、お好きな情報を用いることができます。

<?php echo $cat->cat_ID; ?>

上記コードの【cat_ID】の部分を差し替えることで、色々な情報を取得することができます。
その一部を以下に列挙します。

  • cat_ID(カテゴリーID)
  • cat_name(カテゴリー名)
  • category_nicename(カテゴリースラッグ名)

参考にしてください。

まとめ

WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法をご紹介しました。

今回の様なカスタマイズが簡単に行えるところも「やるな~WordPress!」などと個人的に感心してしまいます。コピペだけで簡単に実装可能ですからね!

今回のカスタマイズ内容が役立つのであれば、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2017-08-13

    WordPressでPHPファイルを読み込む(インクルードする)方法

    WordPressでPHPファイルを読み込む(インクルードする)方法をご紹介しています。共通するコードを1つのファイルにまとめるときなどに役立つカスタマイズ方法です。興味のある方は、参考にしてください。 記事を読む

  • 2016-01-23

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法をご紹介しています。カスタムフィールドの値を投稿一覧から確認できると便利だと思いませんか?興味のある方は参考にしてください。5分後には投稿一覧にカスタムフィールドの値が表示されています。 記事を読む

  • 2015-01-06

    WordPressの固定ページを新規作成する基本的な手順

    WordPressの固定ページに関して解説をしています。WordPressで独立したページを作成とき【固定ページ】で作成することになります。基本的で必ず必要になってくる知識ですので、この機会にマスターしておきましょう。 記事を読む

  • 2015-09-28

    WordPress管理画面の管理バーにログアウトリンクを追加する方法

    WordPress管理画面の管理バーにログアウトボタンを追加する方法をご紹介します。サクッとログアウトしたいなと考えて管理バーにログアウトリンクを設置してみました。コピペで設置できますのでご興味のある方はどうぞ。 記事を読む

  • 2016-04-24

    カスタムフィールドの値が未入力=非表示にする方法

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする方法をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA