WordPressのデータベースを1分で初期化する方法
  • WordPressのデータベースを1分で初期化する方法
  • 記事公開:2017/05/15
  • 最終更新:-------------

WordPressのデータベースを1分で初期化する方法

WordPressのデータベースを1分で初期化する方法をご紹介します。データベースの初期化と聞くと難しそうですが、プラグインを使えばなれていない方でも1分程度でデータベースを初期化することができます。9分ほどお付き合いください。

この記事は約 9 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressをインストールしたばかりの状態に戻したい

運営中のサイトでは、「WordPressをインストールしたばかりの状態に戻したい」という場面には出会わないかと思いますが、テスト環境など運用されている場合、「WordPressをインストールしたばかりの状態に戻したい」という場面には以外と遭遇するかと思います。

例えば、Wordpressでサイトを制作している方など、準備したテスト環境を使いまわすこともあるのではないでしょうか?

そんな時、案件毎に「WordPressをインストールしたばかりの状態に戻したい」と考えるはずです。

WordPressをインストールしたばかりの状態に戻したい場合、データベースを初期化することで、WordPressをインストールしたばかりの状態に戻すことができます。

しかし、データベースのリセットは経験がない方にはハードルが高い!
下手にデータベースを操作すると、サイト自体が壊れてしまう可能性が高いからです。

私自身も、データベースを直接操作する度胸はありませんでした。
そんな冒険はしたくありません。

こんな時に役立つのがWordpressのプラグインです!
データベースを初期化できるプラグインも存在します。

【WordPress Database Reset】というプラグインです。

今回は、データベースを初期化したい方のために、【WordPress Database Reset】を使ってデータベースを初期化する方法を解説してみたいと思います。

WordPress Database Resetでデータベースをリセットしよう!

データベースのリセットと聞くと、データベースの管理画面からの操作が必要で、操作を誤ると必要なデータまで削除してしまうかも、と身構える方も多いかと思います。

しかし、そんな心配は無用で、「WordPress Database Reset」というプラグインを使えば、データベースを直接操作する必要も無く、Wordpressの管理画面から簡単にデータベースをリセットすることができるのです。

WordPress Database Resetがどの様なプラグインなのか解説して行きましょう。

WordPress Database Resetでできること

WordPressのデータベース(11のテーブル)を初期化(インストールしたての状態に)できる。
記事、固定ページを削除することができる(投稿IDも初期状態に戻る)。
プラグインが生成した不要なテーブルを消去できる。以前使用していて今は使用していないプラグインのテーブルのゴミを削除できる。
ログイン中の管理者ユーザーのログインID・パスワードはそのまま利用できる。
WordPressのデータベースを初期化した後に現在利用中のプラグインを有効化できる。

初期化できるデータベースのテーブル

WordPress Database Resetで初期化できるデータベースのテーブルは、以下の11テーブルです。

  • wp_users
  • wp_usermeta
  • wp_posts
  • wp_comments
  • wp_links
  • wp_options
  • wp_postmeta
  • wp_terms
  • wp_term_taxonomy
  • wp_term_relationships
  • wp_commentmeta

上記全てのテーブルのデータを一括削除することができますし、指定したテーブルのデータのみを削除することもできます(詳しくは後述)。

WordPress Database Resetの使い方

ここでは、WordPress Database Resetの使い方を詳しく解説していきます。

WordPress Database Resetをインストール&有効化できているものとして解説をしていきますので、WordPress Database Resetを予めインストールしておきましょう。

2016-02-03
WordPressにプラグインをインストールする方法
WordPressにプラグインをインストールする2つの方法WordPressにプラグインをインストールする方法をご紹介します。 基本的なインストール方法は2つあります。個別に解説していきましょう。管理画面からプラグインを検索してインストールする方法

プラグインのインストール方法は、上記のコンテンツを参照してください。

具体的な操作手順は以下の通りです。

手順1:WordPress Database Resetの管理画面にアクセスする

WordPress Database Resetの管理画面には、下記の手順でアクセスできます。

WordPress管理画面 > ツール(左側メニュー) > Database Reset

手順2:初期化するデータベースのテーブルを選択する

上記赤枠部分の「Select All」をクリックしてください。
すると、初期化できる全てのテーブルが選択された状態になります。

初期化したくないテーブルがある場合は、そのテーブル名の右横にある「Remove」をクリックします。
すると、初期化の対象から除外され、そのテーブルのデータは初期化されません。

初期化するテーブルが選択できたら、上記の青枠部分に表示されているコードを、緑枠部分のテキストエリアにコピペしてください。

コピペできたら、赤枠部分の「Reset Database」をクリックしましょう。
これで、選択したテーブルのデータが初期化されます。

手順3:データベースが初期化できているか確認する

最後にWordpressの管理画面にログインして、データベースが初期化されている確認しましょう。
ログイン情報は初期化されていませんので、従来のログイン情報でログインすることができます。

ログインできたら、投稿、固定ページ、コメントなど確認をしてみてください。
初期化する前にデータがあった場合、それらが消えているのが確認できるかと思います。

また、設定データ、ウィジェット、メニューなども全て初期化されているのが確認できるはずです。
初期化する時、選択しなかったテーブルのデータを除く。

以上が、WordPress Database Resetでデータベースを初期化する手順です。

WordPress Database Resetをインストールしている時の注意点

WordPress Database Resetをインストールしている時、1点だけ注意が必要です。

このプラグインをインストールしている時、「テーマの編集」で表示されている各ファイルのファイル名が、全て英語表示となります。

全ての環境で上記の現象が起こるかどうかは分かりませんが、私の環境では常に上記の現象が生じています。
これは、プラグインを有効化していなくても同じ症状が確認されます。

WordPress Database Resetを削除すると、現象は確認できなくなりました。

「テーマの編集」で表示されている各ファイルのファイル名が、いきなり英語表示になった場合、WordPress Database Resetが原因の可能性が高いので、WordPress Database Resetを削除してみましょう。

まとめ

WordPressのデータベースを1分で初期化する方法をご紹介しました。

プラグイン「WordPress Database Reset」を使えば、データベースを直接操作することなく、Wordpressの管理画面から簡単にデータベースを初期化することができます。

運営中のサイトではあまり必要の無いプラグインですが、テスト環境のリセットなどでは非常に役立つかと思い、今回ご紹介をさせていただきました。

長い間、テスト環境を使いまわしている方、一度データベースをリセットしてはいかがでしょうか?

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • contactform7のチェックボックスを改行して縦に並べる方法

    contactform7のチェックボックスを改行して縦に並べる方法をご紹介しました。チェックボックスの項目を改行するのとしないのとでは、チャックのし易さなどが大きく変わってきます。興味のある方は、3分間だけこのコンテンツを参照してください。 記事を読む

  • プラグインは不要!WordPressサイトに人気記事一覧をパパッと設置しよう。

    WordPressサイトに人気記事一覧をパパッと設置する方法をご紹介します。プラグインは使いません。人気記事一覧を簡単に設置したい方には必見の内容です。3分後にはあなたのサイトに人気記事一覧が設置できてしまします。 記事を読む

  • カスタムフィールドの値が一致するかどうかで条件分岐する方法

    カスタムフィールドの値が一致するかどうかで条件分岐する方法をご紹介します。カスタムフィールドを利用しているサイトであれば、意外と利用する機会は多いです。覚えていて損はありません。この機会に3分間でマスターしてしまいましょう。 記事を読む

  • セキュリティ強化!WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順

    WordPressのユーザー名をadminから別のユーザー名に変更する手順をご紹介します。adminというユーザー名を使っていると不正ログインをされる確立が高まります。3分間だけ時間時間をください。WordPressのユーザー名を変更する方法をお伝えします。 記事を読む

  • WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法

    WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法をご紹介します。記事を投稿するだけでその記事のQRコードが自動生成されます。コピペだけで実装できますので、気になる方は参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)