WordPress管理画面が真っ白になったらデバックモードでエラーを確認しよう。
  • WordPress管理画面が真っ白になったらデバックモードでエラーを確認しよう。
  • 記事公開:2015/03/02
  • 最終更新:2016/03/29

WordPress管理画面が真っ白になったらデバックモードでエラーを確認しよう。

WordPressの編集ミスなどで管理画面が真っ白になった経験がある人は多いと思います。今回は、そんな時にデバックモードに切り替えて真っ白になった原因を突き止める方法をご紹介します。

この記事は約 4 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressの管理画面が真っ白になっちゃた!

functions.phpを編集したり、サーバーを移行したり、色々と原因は考えられますが、WordPressの管理画面が真っ白になった経験はありませんか?

WordPressでサイトを構築している方であれば、一度は経験があるのではないでしょうか。
functions.phpを弄る方とかは、特に経験者が多いように感じます。

管理画面は真っ白、サイトも真っ白、正直言って慌ててしまいます。

こんな時の対処法として【functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法】を以前にご紹介しましたが、今回はもう少し専門的な対処方法をご紹介します。

その方法とは、WordPressをデバックモードに切り替えて、どうして管理画面が真っ白になったのか、その原因を調べる方法です。

WordPressのデフォルト設定では、何かしらのエラーが発生したときに、そのエラー内容を画面に表示させない設定になっています。エラー文を表示させない代わりに、管理画面を真っ白にして「エラーが発生していること」を知らせているのです。

このデフォルト設定では、何のエラーが出ているのかを確認することができません。
エラー内容が分からないわけですから、修正ができません。

これでは困りますよね!

そこで、WordPressのデフォルト設定を【デバックモード】に変更しましょう!
すると、エラー文が管理画面が表示され、どこに原因があるのかを知ることができます。

WordPressをデバックモードに切り替える方法

前置きが長くなりました。
本題の【デバックモード】への切り替え方法をご紹介します。

【デバックモード】への切り替えは、wp-config.phpを直接編集することで行います。
wp-config.phpは、WordPressが設置されているフォルダのTOPにあります。

wp-config.phpを開くと以下の記述があります。

define('WP_DEBUG', false);

このコードを以下に変更してください。

define('WP_DEBUG', true);

これで【デバックモード】になりました。

あとは、表示されているエラー文を確認して、適切に修正を加えればOKです。

まとめ

WordPressをデバックモードに切り替えてエラーを確認する方法をご紹介しました。

普通にWordPressでサイトを立ち上げて運営するだけなら、このデバックモードを利用する機会はほとんどないと思いますが、カスタマイズを加えていくとお世話になる機会も出てくるかもしれません。

この機会にデバックモードの存在と、切り替え方法を覚えておきましょう。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

    【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。 記事を読む

  • プラグインの落とし穴!プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由

    プロがプラグインを最低限しか導入しない5つの理由をご紹介します。プラグインはサイトに色々な機能を実装できる頼もしい仕組みですが、その反面で危険性も隠されています。プラグインの危険性を知りたい方は、2分間だけこのコンテンツを読んでください。 記事を読む

  • WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」

    WordPressの記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。記事を作成する時にひな形記事を複製して使っている方などに便利なプラグインです。このコンテンツを読んだ3分後には、記事をポンポン複製できる様になります。 記事を読む

  • WordPressの最大行表示エディターを利用している方に便利な小技

    WordPressの最大行表示エディターを利用している方に便利な小技をご紹介します。最大行表示エディターを使っていると、ページのTOPに戻るのが面倒ですよね。そんな時に便利な小技です。意外と知られていない小技かも・・・。 記事を読む

  • contact form 7に確認用メールアドレスの項目を設置する方法

    ContactForm7にメールアドレスの確認機能を実装する方法をご紹介しています。メールアドレスの入力ミスを防ぐことができるので便利かと個人的には考えています。2016/4/18の時点で動作確認を行っております。興味のある方は参考にしてください。コピペのみで実装可能です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)