WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法
  • 記事公開:2016/01/11
  • 最終更新:2016/01/12

WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法

WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法をご紹介します。ワードプレスの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込見たい方は参考にしてください。3分で埋め込み方をマスターすることが出来ます。

この記事は約 3 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

Googleマップのコードを取得しよう

まずは、Googleマップのコードを取得しましょう。
コードは以下の手順で誰でも簡単に取得することが出来ます。

Googleマップにアクセスします。

wetwegt

赤枠の検索欄に、店名、建物名、住所などを入力して検索します。

gkutiouo

目的の地図が表示されていることを確認したら、赤枠部分の【共有】をクリックします。

asfswaf

ポップアップが表示されますので【地図を埋め込む】を選択しましょう。
上記の様に地図の埋め込みコードが表示されます。

続けて地図のサイズをこの時に選択します。

dhyuetuae5tu

赤枠部分をクリックするとサイズの選択ができます。
各項目のサイズは以下の通りです。

小 = 400 × 300 ピクセル
中 = 600 × 450 ピクセル
大 = 800 × 600 ピクセル

お好きなサイズを選択すると、コードも自動的に書き換わります。

上記以外のサイズで取得したい場合は【カスタムサイズ】を選択しましょう。

sgwsagrwr

上記の赤枠部分に、任意の横幅と縦幅をピクセルで入力します。

最後に表示されているコードをコピーしておきましょう。
これで、Googleマップを埋め込むコードの取得は完了です。

Googleマップ埋め込もう

Googleマップを埋め込むコードが取得できたら埋め込み作業に移りましょう。
Googleマップの埋め込みは、テキストエディタで行います。

sytryurtu

マップを埋め込みたい位置にカーソルを合わせましょう。
後は、先ほどコピーした埋め込みコードを貼り付けます。

埋め込み作業はこれだけです。

テキストエディタ上ではマップを確認することはできません。
プレビューで確認すると埋め込みが出来ているのが確認できます。

Googleマップ埋め込み手順は以上です。

まとめ

WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法をご紹介しました。

簡単ですね!コピペして記事を保存すればOKです。
ビジュアルエディタでコードを直接貼り付けても正常に動作しません。

この部分だけは気を付けてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • レスポンシブ対策!電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法

    電話番号リンクをPC表示の場合は無効にする方法をご紹介します。レスポンシブサイトで電話番号サイトを設置すると、PC表示の場合もリンクが生きており上手くありません。この辺りをサクッと解決する方法をご紹介しています。 記事を読む

  • 一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!

    不要になったカスタムフィールドの変数をプラグインのDeleteCustomFieldsで削除する方法をご紹介しています。不要なカスタムフィールドが増えて困っている方は参考にしてください。5分程度でカスタムフィールドをスッキリとさせることができます。 記事を読む

  • WordPressコメントフォームのデフォルト項目を非表示にする方法

    WordPressコメントフォームのデフォルト項目を非表示にする方法をご紹介します。WordPressでは、コメントフォームにいくつかの項目がデフォルトで表示されています。コメントを増やすためには、できるだけ入力項目を減らすのが効果的。入力項目を非表示にしたい方、参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法

    WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法をご紹介します。コピペで対応できるようにしておりますので、初心者の方でも3分程度でWordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させることができます。 記事を読む

  • 1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法

    1つのカスタムフィールドで複数の値を登録して表示する方法をご紹介します。複数の値を一つのカスタムフィールドで管理したいかは必見です。3分後には1つのカスタムフィールドで負k数の値を管理できるようになります。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)