WordPressの条件分岐を基本からマスターしよう!
  • WordPressの条件分岐を基本からマスターしよう!
  • 記事公開:2015/11/10
  • 最終更新:2015/11/16

WordPressの条件分岐を基本からマスターしよう!

WordPressの条件分岐に関して分かりやすく解説してみました。条件分岐を覚えておけば、WordPressテーマの開発などできることが一気に広がります。WordPressの条件分岐をマスターしたい方は、このコンテンツを7分間だけ読んでみてください。条件分岐を使いこなせるようになります。

この記事は約 10 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressの条件分岐とは?

WordPressの条件分岐とは、例えば、TOPページとアーカイブページでサイドコンテンツの表示内容を変えるなど、条件によって処理を分岐させることです。

・TOPページにはバナー広告を表示したいけど、アーカイブページでは非表示にしたい。
・投稿ページにはプロフィールを表示したいけど、アーカイブページでは非表示にしたい。
・TOPページと固定ページでメニューの内容を変更したい。
・etc…

条件分岐を覚えておけば、上記の様な処理の分岐を簡単に行うことが出来るようになります。
WordPressテーマの開発などでは、必ず必要になるスキルの一つです。

覚えておきたい4つの条件分岐

条件がひとつの時

指定した条件に該当すれば、特定の処理を行う場合です。
以下のように記述します。

<?php if ( 条件 ): ?>
条件に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php endif; ?>

太文字部分には、好きな処理を記述してください。

条件がひとつの時(条件にマッチしないときの処理を加える)

条件に該当するかしないかで処理を分ける場合です。
以下のように記述します。

<?php if ( 条件 ): ?>
条件に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php else: ?>
条件に該当しない場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php endif; ?>

太文字部分には、好きな処理を記述してください。

条件が複数の時

指定したいずれかの条件に該当すれば、その条件下の処理を行う場合です。
以下のように記述します。

<?php if ( 条件1 ): ?>
条件1に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php elseif ( 条件2 ): ?>
条件1に該当せず条件2に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php elseif ( 条件3 ): ?>
条件1と条件2に該当せず条件3に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php endif; ?>

太文字部分には、好きな処理を記述してください。

条件を追加したい場合は、<?php endif; ?>の上部に、

<?php elseif ( 条件4 ): ?>
条件4に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。

上記の要領でコードを追加していけばOKです。

条件が複数の時(どの条件にもマッチしないときの処理を加える)

指定したいずれかの条件に該当するかしないかで処理を分ける場合です。
以下のように記述します。

<?php if ( 条件1 ): ?>
条件1に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php elseif ( 条件2 ): ?>
条件1に該当せず条件2に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php elseif ( 条件3 ): ?>
条件1と条件2に該当せず条件3に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php else: ?>
上記のいずれにも該当しない場合は、この部分に記述した処理が行われます。
<?php endif; ?>

太文字部分には、好きな処理を記述してください。

条件を追加したい場合は、<?php else: ?>の上部に、

<?php elseif ( 条件4 ): ?>
条件4に該当する場合は、この部分に記述した処理が行われます。

上記の要領でコードを追加していけばOKです。

ちょっと突っ込んだ条件分岐

複数の条件に該当する場合

【条件1】と【条件2】の両方に該当すれば、特定の処理を行う場合です。

<?php if ( 条件1 && 条件2 ): ?>
条件1と条件2の両方に該当する場合の処理を記述する。
<?php endif; ?>

条件の個数は自由に増やすことが出来ます。
【条件1 && 条件2 && 条件3】といった感じで増やすことが出来ます。

どちらかの条件に該当した場合

【条件1】と【条件2】のどちらかに該当すれば、特定の処理を行う場合です

<?php if ( 条件1 || 条件2 ): ?>
条件1と条件2のどちらかに該当する場合の処理を記述する。
<?php endif; ?>

条件の個数は自由に増やすことが出来ます。
【条件1 && 条件2 && 条件3】といった感じで増やすことが出来ます。

条件に該当しない場合

【条件】に該当しない場合のみ、特定の処理を行う場合です。

<?php if ( ! 条件 ): ?>
条件に該当しない場合の処理を記述する。
<?php endif; ?>

WordPressの条件分岐タグ

ここまでに条件分岐の記述方法を見てきました。
ここでは、WordPressで利用できる【条件分岐タグ】の主だったものを一覧で御覧に入れます。

is_home()ホームページが表示されている場合。
is_front_page()フロントページが表示されている場合。
is_single() 投稿ページが表示されている場合。
投稿IDを指定するなどパラメーターを設定することができます。
複数のパラメーターを設定する事も可。
is_page()固定ページが表示されている場合
固定ページのIDを指定するなどパラメーターを設定することができます。
複数のパラメーターを設定する事も可。
/td>
is_category() カテゴリーページが表示されている場合。
カテゴリーIDを指定するなどパラメーターを設定することができます。
複数のパラメーターを設定する事も可。
is_tag() タグページが表示されている場合。
こちらもパラメーターを設定することが可能です。
is_archive() 各アーカイブページが表示されている場合。
パラメーターの設定が可能です。
is_search()検索結果のページが表示されている場合。/td>
is_404()404ページ(エラーページ)が表示されている場合。

よく使う条件をまとめてみました。
この他にもワードプレスには様々な条件分岐タグがあります。。

興味のある方は【条件分岐タグ – WordPress Codex】を参照してください。

WordPressの条件分岐タグを使ったサンプルコード

WordPressの条件分岐タグを使っていくつかの条件分岐を書いてみました。
以下の様な要領で使用しましょう。

ホームページのみ文章を表示する。

<?php if ( is_home() ): ?>
ここはホームページです。
<?php endif; ?>

ホームページとその他のページで文章を変える。

<?php if ( 条件 ): ?>
ここはホームページです。
<?php else: ?>
ここはホームページじゃないよ。
<?php endif; ?>

ページの種類で文章を変える。

<?php if ( is_home() ): ?>
ここはホームページです。
<?php elseif ( is_single() ): ?>
ここは投稿ページです。
<?php elseif ( is_page() ): ?>
ここは固定ページです。
<?php else: ?>
ここはホームページでも投稿ページでも固定ページでもありません。
<?php endif; ?>

参考にしてください。

まとめ

WordPress条件分岐の基本を解説してみました。

この条件分岐を知っているのと知らないのとでは雲泥の差があります。
テーマの開発などする場合は、絶対必要になるスキルですので覚えておくと良いですよ。

今回のコンテンツがどなたかのお役に立てば幸いです。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • カスタムフィールドの値が未入力=非表示にする方法

    2016/4/24にコードを修正しました。カスタムフィールドで値が入力されていない項目を非表示にする方法をご紹介。カスタムフィールドに値を記入しなくても良い場合など、空白になるそのエリア自体を非表示にしたい時ってありますよね。今回はそんな方法をご紹介しています。 記事を読む

  • WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法

    WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法をご紹介します。記事を投稿するだけでその記事のQRコードが自動生成されます。コピペだけで実装できますので、気になる方は参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressのアイキャッチのパスだけを取得するコード

    WordPressのアイキャッチのパスだけを取得するコードをご紹介します。アイキャッチ画像のURLだけを取得したい方は参考にしてください。たった1分でアイキャッチの画像パスだけを取得する方法が分かります。 記事を読む

  • WordPressで記事を公開する時に確認アラートを出す方法

    WordPressで記事を公開する時に確認アラートを出す方法をご紹介します。記事を公開する前に確認画面を出したいと考えてやり方を調べてみました。同じようなことがやりたい方、参考にしてください。 記事を読む

  • ちょっと手間取った!WordPressで複数のカスタム投稿タイプを設置する方法

    カスタム投稿タイプを複数設置する場合、単純にカスタム投稿タイプを有効にするだけでは正常に動きません。このページでは、複数のカスタム投稿タイプをコピペだけで実装できる手順を解説しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)