WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • 不正ログイン撲滅!WordPressのログインフォームに画像認証を導入しよう!

不正ログイン撲滅!WordPressのログインフォームに画像認証を導入しよう!

lighter-1363095_1280

不正ログインからあなたのWordPressサイトを守る方法をご紹介します。ログインフォームに画像認証を導入することで不正ログインを防ぎましょう!「SI CAPTCHA Anti-Spam」を使えば簡単です!

この記事は約 7 分で読めます。

WordPressサイトの不正ログインは他人事ではありません!

WordPressサイトの管理画面に不正にログインされた!
そんなお話を耳にしたことはありませんか?

あるいは、実際に不正ログインされたことはありませんか?

WordPressサイトの不正ログインは決して他人事ではありません。
何も対策を施していないサイトは、正にこの瞬間、不正アクセスを受けるかもしれません。

不正アクセスをされてしまうと・・・

  • サイトの内容を不正に操作されてしまう・・・
  • これまでの投稿や固定ページが全て削除されてしまう・・・
  • 不適切なメッセージや画像などを掲載されてしまう・・・

こんな被害を受けてしまうことになります。

私は実際に、不正ログインをされてしまいサイトをアダルトサイトに変えられてしまった方からご相談を受けたこともありますが、何とも悲惨なものでした。

教育関連のWEBサイトだったのですが、サイトの内容が青少年に相応しくないアダルトな内容に書き換わっていたわけですから、サイト運営者の受けたダメージは計り知れません。

もしも、あなたのサイトが上記のような状態になってしまったらどうでしょうか?
笑い話では済まされないと思います。

でも、不正ログインは対策を施すことで防ぐことができるのです!
100%不正ログインされない保障は得られませんが、不正ログインの可能性を下げることはできます。

不正ログインを他人事と考え、全く対策をしていない方は、今回の記事でご紹介している対策をぜひ施してみてください。

不正ログイン対策のひとつ!画像認証を導入しよう!

不正ログインの対策方法はいくつかありますが、一番簡単に行えて効果があるのは【画像認証】です!

画像認証は多くのサイトで見かける機能ですので、知っている方も多いかと思いますが、例えば以下の画像の様に、毎回切り替わる画像の文字列をフォームに入力しないとログインすることができない仕組みです。

tdjytjk

IDとPASSだけでログインできる仕組みですと、文字列の組み合わせを変えながらシステムが何回でも不正ログインを試みることができてしまいます。

ですが、画像認証があるとシステムは画像の中の文字列を読み取ることができません(私の知る限りでは)ので、不正にログインすることができないわけです。

画像認証を導入すると聞くと、難しそうと思う方もいるかもしれません。
ですが、この画像認証システムはプラグインで簡単に導入することができます。

「SI CAPTCHA Anti-Spam」というプラグインです。
続いて、「SI CAPTCHA Anti-Spam」を使って画像認証システムを導入する方法をご紹介します。

「SI CAPTCHA Anti-Spam」で画像認証を導入する手順

ここでは、「SI CAPTCHA Anti-Spam」を使って画像認証システムを導入する方法をご紹介します。
以下の手順に従って3分ほど作業するだけで、画像認証を導入することができます。

手順1:「SI CAPTCHA Anti-Spam」をインストールする。

まずは、プラグインの「SI CAPTCHA Anti-Spam」をインストールしましょう。
プラグインのインストール方法は以下のコンテンツを参照してください。

guitar-1139397_1280
2016-02-03
WordPressにプラグインをインストールする方法
WordPressにプラグインをインストールする2つの方法WordPressにプラグインをインストールする方法をご紹介します。 基本的なインストール方法は2つあります。個別に解説していきましょう。管理画面からプラグインを検索してインストールする方法

インストールするプラグインは【SI CAPTCHA Anti-Spam】です。

インストールできたらプラグインを有効化してください。
この辺りの解説も、上記のコンテンツで詳しく行っています。

手順2:「SI CAPTCHA Anti-Spam」のオプション設定をする。

「SI CAPTCHA Anti-Spam」をインストールできたら、オプション設定に進みましょう。

rshju

WordPress管理画面の左メニューから【プラグイン】⇒【SI Captchaオプション】と進みます。

weqgerqgre

上記画像の赤枠部分にチェックを入れ【オプション更新】をクリックします。
これで、WordPressのログインフォームに画像認証が導入されました!

上記赤枠以外でも細かな設定ができますが、ログインフォームに画像認証を導入するだけであれば、以上の手順で作業は完了です。

手順3:画像認証が導入できたか確認する。

最後に画像認証が正常に導入できたかを確認しましょう。

プラグインの設定を行った直後ですとWordPressにログインした状態だと思いますので、一旦WordPressからログアウトしてください。

その後、ログイン画面へと進み以下の様に画像認証が導入されていることを確認してください。

tdjytjk

もしも、上記のように画像認証が表示されていない場合は、これまでの作業手順にミスがないか確認してください。

ミスが確認されないにも関わらず、画像認証が表示されていない場合は・・・

  • プラグイン自体が正常に動作していない。
  • 利用中の別プラグインとの相性が悪い。
  • 利用中のテーマと相性が悪い。

上記のような原因が考えられます。
動作しない場合は【お問い合わせ】からご質問くださればご相談に乗らせていただきます。

まとめ

WordPressのログインフォームに画像認証を導入する方法をご紹介しました。

プラグインの「SI CAPTCHA Anti-Spam」を使えば簡単ですね!
今回のコンテンツで紹介している手順に従えば、3分程度で画像認証を導入できます。

ぜひ、挑戦してみてください。

シェアしていただきありがとうございます。

lighter-1363095_1280

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • MAX88_suwaipu20141025133450500 (2)

    WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法

    WordPressで自動的に記事のQRコードを生成する方法をご紹介します。記事を投稿するだけでその記事のQRコードが自動生成されます。コピペだけで実装できますので、気になる方は参考にしてください。 記事を読む

  • MOK_kyouheijikanwokinisuru500

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法をご紹介します。よくブログなどで見かける「この記事は○分で読めます」を表示する方法を調べてみました。コピペだけで実装できますので、興味のある方はカスタマイズしてみましょう。 記事を読む

  • numbers-145166_1280 (2)

    WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。

    検索結果にヒットした件数を表示させたい! WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか? ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。 記事を読む

  • code-113611_1280 (3)

    WordPress管理画面が真っ白になったらデバックモードでエラーを確認しよう。

    WordPressの編集ミスなどで管理画面が真っ白になった経験がある人は多いと思います。今回は、そんな時にデバックモードに切り替えて真っ白になった原因を突き止める方法をご紹介します。 記事を読む

  • PAK85_pentonote20140313000808500 (1)

    WordPressサイトに管理者のみが観覧できるメモを書き込む方法

    WordPressサイトで管理者のみが確認できるメモを残したいと考えたことはありませんか? 管理者としてログインしている時のみサイト上で確認できるメモを作る方法をご紹介します。コピペのみで実装可能です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)