WordPressの投稿や固定ページで画像を挿入する方法
  • WordPressの投稿や固定ページで画像を挿入する方法
  • 記事公開:2016/01/12
  • 最終更新:2016/01/16

WordPressの投稿や固定ページで画像を挿入する方法

WordPressの投稿や固定ページに画像を挿入する方法をご紹介しています。画像の挿入は操作の基本中の基本です。WordPressを利用される方は漏れなくこのコンテンツを確認してください。1分で画像の挿入方法をマスターすることができます。

この記事は約 4 分で読めます。

投稿に画像を挿入する手順

投稿に画像を挿入する手順を説明していきます。

固定ページも投稿と同じやり方でOKです。
ビジュアルエディタ、テキストエディタ共に画像の挿入手順は同じです。

それでは、解説していきます。

画像をアップロードする。

まずは、投稿に挿入したい画像をアップロードしましょう。

uhopup

画像を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

asgryaer

【メディア追加】をクリックします。

dudtruiyiu

ポップアップでメディアの管理画面が表示されます。
挿入したい画像をこの画面上にドラッグ&ドロップします。

gkufuyio

上記の様に画像のサムネイルが表示されれば、アップロードは正常に完了しています。

altなどを設定する。

画像のアップロードができたら、続いてalt属性を設定しましょう。

fdutrudrtu

アップロードした画像のサムネイルをクリック(選択)します。
サムネイルにチェックが入っている状態が選択されている状態です。

gfdjyjy

alt属性の設定は、ポップアップ右側の部分で行うことが出来ます。

いくつか設定項目がありますが、今回はalt属性の設定だけ解説します。
alt属性の設定は【代替テキスト】の部分で行います。

代替テキストとは、altテキストの事で、この部分に入力したテキストから検索エンジンは、この画像が何の画像であるのかを認識することが出来ます。

代替テキストを入力しておかないと、検索エンジンは何の画像なのか判断することが出来ません。
これは、SEO対策の面からみて勿体ないです。

また、何らかの理由で画像が表示されない場合、このテキストが画像の代わりに表示されます。
代替テキストを設定しておけば、画像が見れなくても何の画像であったのか判断することが出来ます。

代替テキストの部分に、画像の説明文を入力してください。

表示内容を設定する。

最後にやることは、画像の表示方法を決めることです。

fdhjtrjutry

配置=左寄せ、中央寄せ、右寄せなど画像の配置を設定する項目です。
リンク先=画像のリンク先の設定する項目です。
サイズ=画像サイズを選択する項目です。選択できるサイズは利用テーマによって異なります。

画像を挿入する。

最後に画像を挿入しましょう。

sdrytu

【投稿に挿入】をクリックすればOKです。

aryery45ry

ビジュアルエディタであれば、上記の様に挿入した画像をエディタ上で確認することが出来ます。

dryery

テキストエディタの場合は、画像のコードが表示されます。

まとめ

WordPressの投稿や固定ページで画像を挿入する方法をご紹介いたしました。

画像の挿入は必ず利用する機能の一つだと思います。
覚えてしまえば簡単な操作ですので、この機会に覚えてしまってください。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-12

    WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • 2016-01-11

    カスタムフィールドの1行を1つの値とする区切り方

    カスタムフィールドの1行を1つの値とする区切り方をご紹介します。カスタムフィールドの値が複数行あり、その1行を1つの値として抜き出したいときの区切り方です。興味のある方は確認してみてください。1分で区切り方を理解することができます。 記事を読む

  • 2016-01-13

    WordPressを最新のバージョンにアップデートする方法

    WordPressを最新のバージョンにアップデートする方法をご紹介します。WordPressをアップデートする機会は多いです。アップデートしたことが無い方は参考にしてください。2分後にはWordPressを最新のバージョンにアップデートする手順をマスターできます。 記事を読む

  • 2015-02-26

    【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法

    WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介します。あらゆる不具合を回避した方法です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2017-08-17

    【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA