WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法
  • WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法
  • 記事公開:2016/10/24
  • 最終更新:2017/01/07

WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法

WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法をご紹介します。画像にオリジナルのクラスを追加しておけば、装飾の幅が広がるのではないでしょうか?ご興味のある方はご覧ください。3分間でマスターできます。

この記事は約 4 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressサイトで投稿した画像にオリジナルのクラスを指定する方法

画像を投稿する時、その画像にオリジナルのクラスを指定したい。
とある案件で必要になったカスタマイズです。

WordPressのメディアに投稿した画像にオリジナルのクラス、例えば【class=”test”】を追加したいという希望がクライアント様から出てきました。

このカスタマイズは、色々な案件でよくご要望が出てくるのですが、これまでにその方法をご紹介したことがありませんでした。

備忘録もかねて、シェアをさせていただきます。

投稿した画像にオリジナルのクラスを付与するカスタマイズ

カスタマイズの方法は簡単です。
お馴染みのfunctions.phpにコードを1つ追記するだけでOKでした。

以下のコードをfunctions.phpに追記してください。
場所はどこでも構いません。

function add_class_images($content){
$my_custom_class = "test";
$add_class = str_replace('<img class="', '<img class="'.$my_custom_class.' ', $content);
return $add_class;
}
add_filter('the_content', 'add_class_images');

参考:投稿画像に任意のclassを追加する方法

赤文字の部分が付与したいクラス名になります。
この部分を付与したいクラス名に変更してください。

このコードを追記するだけで、投稿した画像のタグに【test】とオリジナルのクラスを付与できます。
実際にコードを追記して、画像タグを確認してみてください。

注意:過去の画像にクラスは付与されません

1点だけ注意が必要です。

先ほどのコードで指定したクラスが付与されるのは、コードをfunctions.phpに追記した後に投稿された画像だけです。過去に投稿された画像にクラスは付与されません。

過去の画像にクラスを付与したい場合は、過去記事の画像タグを個別に編集しなければなりません。

この点を理解していないと、過去記事の画像にもクラスが付与されていると考え、結果として付与されていないとガッカリすることになります。

過去記事の画像にはオリジナルクラスは付与されません。
この点をしっかりと認識してください。

まとめ

WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法をご紹介しました。

画像周りの装飾をする時など、役立つカスタマイズかと思います。
過去に投稿した画像にはクラスが付与されませんので、この点だけ注意が必要です。

コピペだけでカスタマイズできますので、ぜひ挑戦してみてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法

    WordPressの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込む方法をご紹介します。ワードプレスの投稿や固定ページにGoogleマップを埋め込見たい方は参考にしてください。3分で埋め込み方をマスターすることが出来ます。 記事を読む

  • 投稿一覧からサクッとアイキャッチ画像を設定する方法

    WordPressのプラグイン【Easy Featured Images】をご紹介いたします。投稿の編集画面を開かず、投稿一覧画面からアイキャッチを設定できるようにするプラグイン、【Easy Featured Images】に興味のある方は、ご一読ください。 記事を読む

  • WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化

    このページでは、WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する方法をご紹介します。使わないプラグインを有効化しておくとサイトの速度が遅くなったり、-ポイントがいくつかあります。不要なプラグインがあるのであれば、このページを参考に停止・削除してみましょう。 記事を読む

  • WordPressカスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法

    WordPressには便利な機能としてカスタムフィールドが標準装備されています。カスタムフィールドに入力した値(文字)をサイト上に表示させるとき、文字数を制限したいケースもあるかと思います。今回は、カスタムフィールドの値を文字数制限して表示する方法を解説しています。 記事を読む

  • WordPressの投稿エディターから消えたスクロールバーを再表示させる方法

    WordPressの投稿エディタから消えたスクロールバーを再表示させる方法をご紹介します。WordPress4.0から最大行表示エディターという機能が実装され、ブラウザの高さ一杯にエディタが広がっていく仕様(スクロールバーが表示されない)になりました。使いにくいと感じている方は、スクロールバーを再表示させましょう。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)