【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法
  • 【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法
  • 記事公開:2015/01/27
  • 最終更新:2015/09/17

【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法

WordPressサイトで公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介します。技術系、ニュース系サイトの場合、古い記事の内容は現在の実情にあわないケースがあります。訪問者が古い情報を惑わされないよう、特定の条件に当てはまる古いコンテンツにメッセージを表示する方法です。

この記事は約 1 分で読めます。

条件に合う古いコンテンツにメッセージを表示させる方法

今回のカスタマイズには、プラグインの導入もfunctions.phpの編集も必要ありません。
single.phpなど、メッセージを表示したいテーマファイルに以下のコードを記述するだけです。

<?php
if ( get_the_modified_date('Y') <= date('Y') - 1 ) { ?>
<p>この記事は <strong>1年以上前に公開</strong>したものです。現在の実情にあわない場合がございますのでご注意ください。</p>
<?php } ?>

上記のコードを記述すると、そのコンテンツが公開から1年以上経過している場合に<p>~</p>の部分が表示されます。

【get_the_modified_date(‘Y’) <= date('Y') - 1】が日数を定義している部分です。【date('Y')】の【Y】は年を表し、【- 1】の部分が年数を定義しています。 【date('Y') - 1】の場合は【1年前】を意味します。公開から2年以上経過している場合にメッセージを表示させたい場合は【date('Y') - 1】の部分を【date('Y') - 2】と変更します。これで公開から2年以上経過しているコンテンツにメッセージが表示されます。この数値はご自身で自由に決めてください。

まとめ

公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介しました。

特に技術系のブログを運営されている方など、古いコンテンツにメッセージを表示させたいですね。私も技術系ブログなどで得た情報が古くて困ったことが何度もあります。

訪問者のためにも、古いコンテンツには「古いですよ~」とメッセージを表示させましょう。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressの投稿や固定ページで画像を挿入する方法

    2016-01-12

    WordPressの投稿や固定ページに画像を挿入する方法をご紹介しています。画像の挿入は操作の基本中の基本です。WordPressを利用される方は漏れなくこのコンテンツを確認してください。1分で画像の挿入方法をマスターすることができます。 記事を読む

  • WordPressの投稿画面でエディタのスクロール位置を固定するなら「Preserve Editor Scroll Position」が便利!

    2015-01-12

    WordPressの投稿を下書き保存すると本文のスクロールバーが最上部まで戻ってしまい、書きかけの部分まで移動して続きを書く。これって面倒じゃないですか?今回は投稿を下書き保存しても保存した部分を表示したままにできる「Preserve Editor Scroll Position」をご紹介します。 記事を読む

  • WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

    2016-04-05

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。 記事を読む

  • 【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    2017-08-17

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法+α

    2016-08-03

    WordPressのthe_excerpt()に付与されるpタグを削除する方法をご紹介します。Pタグが付与されていない抜粋を表示させたい方は参考にしてください。Pタグを削除する方法と、もう一つPタグの付与されていない抜粋を表示する方法をご紹介しています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA