【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法
  • 【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法
  • 記事公開:2015/01/27
  • 最終更新:2015/09/17

【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法

WordPressサイトで公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介します。技術系、ニュース系サイトの場合、古い記事の内容は現在の実情にあわないケースがあります。訪問者が古い情報を惑わされないよう、特定の条件に当てはまる古いコンテンツにメッセージを表示する方法です。

この記事は約 1 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

条件に合う古いコンテンツにメッセージを表示させる方法

今回のカスタマイズには、プラグインの導入もfunctions.phpの編集も必要ありません。
single.phpなど、メッセージを表示したいテーマファイルに以下のコードを記述するだけです。

<?php
if ( get_the_modified_date('Y') <= date('Y') - 1 ) { ?>
<p>この記事は <strong>1年以上前に公開</strong>したものです。現在の実情にあわない場合がございますのでご注意ください。</p>
<?php } ?>

上記のコードを記述すると、そのコンテンツが公開から1年以上経過している場合に<p>~</p>の部分が表示されます。

【get_the_modified_date(‘Y’) <= date('Y') - 1】が日数を定義している部分です。【date('Y')】の【Y】は年を表し、【- 1】の部分が年数を定義しています。 【date('Y') - 1】の場合は【1年前】を意味します。公開から2年以上経過している場合にメッセージを表示させたい場合は【date('Y') - 1】の部分を【date('Y') - 2】と変更します。これで公開から2年以上経過しているコンテンツにメッセージが表示されます。この数値はご自身で自由に決めてください。

まとめ

公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介しました。

特に技術系のブログを運営されている方など、古いコンテンツにメッセージを表示させたいですね。私も技術系ブログなどで得た情報が古くて困ったことが何度もあります。

訪問者のためにも、古いコンテンツには「古いですよ~」とメッセージを表示させましょう。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressの投稿と基本的な投稿手順

    WordPressの基本的な操作で最も重要なのは【投稿】です。このページでは基本的な投稿手順をご紹介いたします。この部分をマスターしてしまえば、とりあえずWordPressで記事を公開することができるようになります。この機会にマスターしてしまいましょう。 記事を読む

  • WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

    WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。 記事を読む

  • WordPressのログイン画面でログインエラーのふるふるを取る方法

    WordPressのログイン画面でログインエラーのふるふるを取る方法を紹介します。WordPressはパスワードを間違えたりしてログインできないと、画面がふるふると震えます。普段は気にならないのですが、ちょっとイラっとしたのでふるふるを取ってみました。 記事を読む

  • 一括削除!不要になったカスタムフィールド名を削除するならDeleteCustomFieldsで決まり!

    不要になったカスタムフィールドの変数をプラグインのDeleteCustomFieldsで削除する方法をご紹介しています。不要なカスタムフィールドが増えて困っている方は参考にしてください。5分程度でカスタムフィールドをスッキリとさせることができます。 記事を読む

  • 【完全版】WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法

    WordPressサイトの検索結果から「ページ」を除外する方法をご紹介します。あらゆる不具合を回避した方法です。参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)