WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • wordpressのリビジョンを停止・回数制限する方法
  • 記事公開:2016/03/27
  • 最終更新:-------------

wordpressのリビジョンを停止・回数制限する方法

wordpressのリビジョン機能を停止あるいは制限する方法をご紹介します。リビジョンがデータベースの容量を圧迫する前に、このコンテンツを参考に対策を立ててください。対策に必要な時間は1分です。

この記事は約 3 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

リビジョンとは?

WordPressの便利な機能の一つに「リビジョン」というものがあります。
このリビジョンというのは、これまでに更新した記事の内容を更新単位で記憶する機能です。

過去の更新記録が全て確認できますので、変更の軌跡が一発で確認できて非常に便利!
さらに、過去の保存内容を復元することもできます。

とても便利な機能ですが、記事を更新する度にリビジョンが保存されていくわけですから、データベースの容量も次第に増えていきます。データベースの容量が増えると、サイトの表示速度が落ちることもありますので、あまりリビジョンが溜り過ぎるのも考え物です。

そこで、データベースの容量に敏感な方のために、リビジョン自体を停止する方法、リビジョンの回数を制限する方法、この2つをご紹介します。

リビジョン自体を停止する方法

リビジョンを停止する場合は、WordPress本体の「wp-config.php」を編集します。
上記ファイルに、以下のコードを新しく記述しましょう。

define('WP_POST_REVISIONS', false);

このコードを記述するだけで、リビジョンを停止させることができます。

コードを記述する時は「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に記述してください。これより下に記述してもリビジョンを停止させることはできません。

リビジョンの回数を制限する方法

リビジョンを停止する場合は、WordPress本体の「wp-config.php」を編集します。
上記ファイルに、以下のコードを新しく記述しましょう。

define('WP_POST_REVISIONS', 10);

【10】の部分をお好きな数字に変更してください。
この部分の数値が制限回数を定義しています。

このコードを記述するだけで、リビジョンの回数を制限することができます。

コードを記述する時は「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に記述してください。これより下に記述してもリビジョンを停止させることはできません。

まとめ

wordpressのリビジョンを停止・回数制限する方法をご紹介しました。

リビジョンがデータベースを占める容量なんてほんの一部だと思うかもしれません。
しかし、塵も積もれば何とやら。

リビジョンが溜る前に、停止あるいは回数を制限しておきましょう。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPress管理画面の投稿一覧から項目「作成者」を削除する方法

    WordPress管理画面の投稿一覧から項目「作成者」を削除する方法を解説します。表示オプションからも「作者名」の項目を削除する方法です。5分程度でマスターできますので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressのテーマを変更する方法

    WordPressのテーマは、管理画面から簡単に変更することができる。このテーマ(サイトデザイン)を簡単に変更できるのは、WordPressの大きなメリットの一つです。今回は、WordPressのテーマを変更する方法をご紹介します。 記事を読む

  • WordPressで特定のカテゴリーに分類されている子カテゴリー一覧を表示する方法

    WordPressで特定の親カテゴリーに分類されている子カテゴリー一覧を表示する方法をご紹介します。とある仕事で必要となり実現する方法を調べました。同じことがしたい方は参考にしてください。 記事を読む

  • カスタム分類(タクソノミー)の項目(ターム)一覧を表示させる方法

    WordPressのカスタム分類(タクソノミー)一覧を表示させる方法です。カテゴリーの一覧を表示するような感じでカスタム分類を表示させたいと考えている方。ぜひ参考にしてください。コピペだけで実装可能です。 記事を読む

  • WordPressで投稿のカテゴリー情報を取得して表示するコード

    投稿のカテゴリー情報を取得して表示するコードをご紹介します。特定の投稿でそのカテゴリー情報を取得して表示したり使いたい方は参考にしてください。3分後には自由にカテゴリー情報を取得できる様になっています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)