WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。
  • WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。
  • 記事公開:2015/02/28
  • 最終更新:2016/10/12

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。

検索結果にヒットした件数を表示させたい! WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか? ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

この記事は約 3 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

検索結果にヒットした件数を表示させたい!

WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか?
ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

「ちょうど知りたかった!」そんな方は参考にしてください。

ヒット件数の表示は、以下のコードをコピペするだけでOKです。

<?php $allsearch =& new WP_Query("s=$s&posts_per_page=-1");
$key = wp_specialchars($s, 1);
$count = $allsearch->post_count;
if($count!=0){
// 検索結果を表示:該当記事あり
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、<strong>'.$count.'</strong>件の記事が見つかりました。</p>';
}
else {
// 検索結果を表示:該当記事なし
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、関連する記事は見つかりませんでした。</p>';
}
?>

参考サイト:WordPressの検索表示をカスタマイズする

【$key】の部分に検索キーワードが表示されます。
【$count】の部分にヒット件数が表示されます。

前後の文章や装飾は、お好みで変更してください。

上記のコードを、ヒット件数を表示させたい箇所にコピペするだけ。
1分でカスタマイズは完了です。

WordPressサイトの検索結果は、テーマファイルの【search.php】で定義されています。
上記ファイルのループ処理より前に記述すればOKです。

まとめ

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる方法でした。

検索結果が複数のページに分割されている場合など、最初に件数を表示しておくとユーザビリティの向上につながると思います。簡単なカスタマイズなので挑戦してみてください。

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 【WordPress】ショートコードをテンプレートファイルに直接記述する方法

    ショートコードをテンプレートファイルに直接記述する方法をご紹介します。ショートコードは本来なら投稿や固定ページに記述するものですが、テーマファイルに直接記述したいときもあります。参考にしてください。 記事を読む

  • 複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法をご紹介します。プラグインを一括でインストールされたい方は必見です。3分後には複数のプラグインをサクッとインストールできるようになっています。 記事を読む

  • 「Contact Form 7」のフォームをテーマファイルに直接埋め込む方法

    「ContactForm7」のフォームをテーマに直接埋め込む方法をご紹介します。「ContactForm7」はショートコードでメールフォームを設置しますが、テーマファイルにショートコードを記述しても正常に動作しません。テーマファイルにメールフォームを直接記述したい方は、今回ご紹介する方法を利用してください。 記事を読む

  • あのサイトが利用しているWordPressテーマを調べる方法

    WordPressで構築されたサイトを見ていると、そのサイトで利用されているテーマが何なのか、無性に気になることってありませんか?そんな時にパッと利用されているテーマを調べる方法をご紹介します。 記事を読む

  • wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法

    wordpressの自動保存を停止、周期を制限する方法をご紹介します。自動更新の間隔を操作しようと調べてみました。興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)