WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。
  • WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。
  • 記事公開:2015/02/28
  • 最終更新:2016/10/12

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる。

検索結果にヒットした件数を表示させたい! WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか? ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

この記事は約 3 分で読めます。

検索結果にヒットした件数を表示させたい!

WordPressの検索結果にヒットした件数を表示させたいと思ったことはありませんか?
ちょっと調べる機会があったので、やり方を書き残しておこうと思います。

「ちょうど知りたかった!」そんな方は参考にしてください。

ヒット件数の表示は、以下のコードをコピペするだけでOKです。

<?php $allsearch =& new WP_Query("s=$s&posts_per_page=-1");
$key = wp_specialchars($s, 1);
$count = $allsearch->post_count;
if($count!=0){
// 検索結果を表示:該当記事あり
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、<strong>'.$count.'</strong>件の記事が見つかりました。</p>';
}
else {
// 検索結果を表示:該当記事なし
echo '<p>“<strong>'.$key.'</strong>”で検索した結果、関連する記事は見つかりませんでした。</p>';
}
?>

参考サイト:WordPressの検索表示をカスタマイズする

【$key】の部分に検索キーワードが表示されます。
【$count】の部分にヒット件数が表示されます。

前後の文章や装飾は、お好みで変更してください。

上記のコードを、ヒット件数を表示させたい箇所にコピペするだけ。
1分でカスタマイズは完了です。

WordPressサイトの検索結果は、テーマファイルの【search.php】で定義されています。
上記ファイルのループ処理より前に記述すればOKです。

まとめ

WordPressサイトの検索結果にヒットした件数を表示させる方法でした。

検索結果が複数のページに分割されている場合など、最初に件数を表示しておくとユーザビリティの向上につながると思います。簡単なカスタマイズなので挑戦してみてください。

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016-06-03

    経験者必見!WordPressで書きかけの記事を間違って公開しないまとめ

    WordPressで書きかけの記事を間違って公開しない方法をまとめてみました。下書きボタンと公開ボタンの押し間違いは、多くの方が経験したことがあるかと思います。この記事を3分間読むだけで、押し間違いを回避する方法が分かります。 記事を読む

  • 2016-03-29

    WordPressのfunctions.phpがある場所

    WordPressのfunctions.phpがある場所をご存知ですか?WordPressに触れたばかりで知らなという方は、絶対に覚えておいた方が良い知識です。3分間だけ時間を確保して、このコンテンツに目を通してください。functions.phpの場所を理解することが出来ます。 記事を読む

  • 2015-06-14

    【WordPress】プラグインを使わずにページのTOPへ戻るリンクを設置してみた。

    プアラグインを使わずに「ページのTOPへ戻るリンク」を設置する方法をご紹介します。個人的にプラグインの数は少ない方が良いと考えているので今回の作業を行ってみました。「ページのTOPへ戻るリンク」を設置したい方は、参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-02-03

    WordPressの管理画面で不要なメニューを非表示にする方法

    WordPressの管理画面で不要なメニューを非表示にする方法をご紹介します。管理画面のメニューの中には普段は使わないものもあるかと思います。そのまま表示されていても問題ありませんが、邪魔だなと感じた場合は非表示にすることができます。 記事を読む

  • 2015-03-20

    WordPressサイトに管理者のみが観覧できるメモを書き込む方法

    WordPressサイトで管理者のみが確認できるメモを残したいと考えたことはありませんか? 管理者としてログインしている時のみサイト上で確認できるメモを作る方法をご紹介します。コピペのみで実装可能です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

CAPTCHA