WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法
  • WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法
  • 記事公開:2015/01/13
  • 最終更新:2015/09/17

WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法

WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご存知ですか?頻繁に利用するタグを呼び出すオリジナルボタンを設置するだけでも、作業効率は大きく向上します。今回は、プラグインを使うことなく、WordPressのテキストエディタにオリジナルボタンを追加する方法をご紹介いたします。

この記事は約 4 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

テキストエディタにオリジナルボタンを設置する方法

テキストエディタをデフォルトで使用していると、頻繁に利用するコードを呼び出せるオリジナルボタンを設置したいと思ったことがあるかと思います。

プラグインを使用して設置する方法もあるのですが、個人的にプラグインは少ないほど良いと考えるタイプなので、今回はプラグインを使用せずにオリジナルボタンを設置する方法をご紹介することにしました。

オリジナルボタンを設置する方法

テキストエディタにオリジナルボタンを設置したい場合、functions.phpに以下のコードを記述しましょう。

function quicktags_text_editor() {
if (wp_script_is('quicktags')){
?>
<script type="text/javascript">
QTags.addButton( 'h2', 'h2', '<h2>', '</h2>'); /* h2ボタン */
</script>
<?php
}
}
add_action( 'admin_print_footer_scripts', 'quicktags_text_editor' );

このコードは、h2タグを呼び出すオリジナルボタンを設置するためのものです。

QTags.addButton( 'h2', 'h2', '<h2>', '</h2>'); /* h2ボタン */

この部分でボタンの名前や呼び出すコードをして指定しています。

最初の【h2】は、そのボタンの定義名です。
定義名は自由に決められますが、他ボタンの定義名と被ってはいけません。

次の【h2】は、ボタンの表示内容です。
この場合は【h2】と書かれたボタンが生成されます。
この部分も自由に決めることができます。

3番目にある【<h2>】は、最初にボタンを押したときに挿入されるコードです。
あるいは、選択範囲を指定してボタンを押したとき選択範囲の前に挿入されるコードです。
ボタンで挿入したいコードを記述しましょう。

4番目にある【</h2>】は、2回目にボタンを押したときに挿入されるコードです。
あるいは、選択範囲を指定してボタンを押したとき選択範囲の後に挿入されるコードです。
ボタンで挿入したいコードを記述しましょう。

この4箇所だけを修正すれば、ご紹介したコードをコピペするだけで、テキストエディタにオリジナルボタンを設置することができます。

オリジナルボタンを複数設置する場合

オリジナルボタンを複数設置したい場合は、functions.phpに以下のコードを記述します。

function quicktags_text_editor() {
if (wp_script_is('quicktags')){
?>
<script type="text/javascript">
QTags.addButton( 'h2', 'h2', '<h2>', '</h2>');
QTags.addButton( 'h3', 'h3', '<h3>', '</h3>');
</script>

上記のコードは、【h2】と【h3】の2つのオリジナルボタンを設置するコードです。

QTags.addButton( 'h2', 'h2', '<h2>', '</h2>');
QTags.addButton( 'h3', 'h3', '<h3>', '</h3>');

先ほど解説した部分の下に、同じ形式で別内容のコードが加えられています。

複数のオリジナルボタンを設置する場合は、上記の要領で好きなだけオリジナルボタンを設置することができます。

まとめ

WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法をご紹介いたしました。

私の周りでは、ビジュアルエディタをメインに利用している人が多いのですが、テキストエディタをメインで使っている方もいると信じて、WordPressのテキストエディタにプラグインを使わずオリジナルボタンを設置する方法をご紹介いたしました。

ぜひ、ご活用ください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressのタグをランキング形式で表示する方法。

    WordPressのタグをランキング形式で表示する方法をご紹介します。タグを使用回数の多い順番に表示する方法です。興味のある方は参考にしてください。1分でランキング形式のタグ一覧をサイトに表示させることができます。 記事を読む

  • カスタムフィールドの値によってコンテンツを変える条件分岐

    カスタムフィールドの値によってコンテンツを変える条件分岐をご紹介します。カスタムフィールドの値がAなら文章をAを、値がBなら文章Bを表示させる条件分岐です。3分程度で理解できますので、この機会にマスターしてください。 記事を読む

  • WordPressの投稿や固定ページにYOUTUBE動画を設置する方法

    WordPressの記事にYOUTUBE動画を設置する最も簡単な方法をご紹介します。コピペだけで設置できる方法なので簡単ですよ!参考にしてください。 記事を読む

  • 「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

    【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。 記事を読む

  • WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法をご紹介します。よくブログなどで見かける「この記事は○分で読めます」を表示する方法を調べてみました。コピペだけで実装できますので、興味のある方はカスタマイズしてみましょう。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)