WordPressを用いたホームページ制作はお任せください!岡山県を中心に絶賛活動中!
  • WordPressのテーマを選ぶ時に知っておきたい5つのポイント

WordPressのテーマを選ぶ時に知っておきたい5つのポイント

OOK86_tewohuriPR500 (2)

WordPressには、有償無償を問わず様々なテーマが存在します。選択肢が多いのは嬉しいのですが、その反面、どのテーマを選べばよいのか迷ってしまいます。今回はWordPressテーマを選ぶポイントをご紹介します。

この記事は約 6 分で読めます。

WordPressのテーマを選ぶ時に知っておきたい5つのポイント

WordPressのテーマを選ぶ時は、以下の5つのポイントに注目します。
全てのポイントを抑えているテーマを選ぶと良いでしょう。

  • そのテーマの安全性が確認できるか
  • そのテーマの導入事例を確認できるか
  • そのテーマはサイトの内容とマッチしているか
  • そのテーマと利用を予定しているプラグインの相性は良いのか
  • そのテーマの不具合などの情報が多くないか

そのテーマの安全性が確認できるか

テーマの中に悪意のあるソースが含まれているケースが意外と多くあります。
無料で配布されているテーマや海外製のテーマは特に注意が必要。

テーマの安全性が確認できないテーマは使わないようにしましょう。

WordPress公式サイトに登録されているテーマや、販売元がハッキリとしている有料テーマはまず大丈夫なので、不安な方は、これらのテーマを利用したほうが良いでしょう。

無料で配布されているテーマ(国内外問わず)を利用する場合は、必ず配布元がハッキリとしているものを使いましょう。配布元が不明確な無料テーマは利用しないのが無難です。

配布元がハッキリしないテーマでも利用したい場合は、そのテーマの導入事例があるのかを確認しましょう(詳しくは後述)。既に多くの方が導入しているのであれば、そのテーマは安全と判断することができます。

また、ネガティブな情報がネット上にないのかも合わせて確認するようにして、ネガティブな情報が多い場合は、導入事例が多い場合でも、やはり利用を見送るのが無難です。

そのテーマの導入事例を確認できるか

そのテーマを導入する時は、導入事例があるのかを確認しましょう。

Googleなどでテーマ名などで検索をしてみてください。
導入事例が多いテーマに関しては、導入報告などが多くヒットします。

導入報告に加え、そのテーマのカスタマイズ方法やノウハウが多くヒットするテーマを選ぶようにすると後々の運営が楽になります。何らかの問題が生じた時など、トラブルの解決が迅速に行えますからね。

最初の内は、多くの方が利用しているテーマを選んだほうが良いでしょう。

そのテーマはサイトの内容とマッチしているか

テーマを選ぶ時は、サイト内容とマッチしたテーマを選ぶことも重要です。
デザイン性やレイアウトなどが、そのサイトの内容にマッチしているものを選びましょう。

例えば、文章を主体としたサイトなのに、文字が小さい、カラムが多くコンテンツの表示幅が狭い、そんなテーマでは、読みにくいサイトができてしまいます。

サイト内容を考慮して、コンテンツを活かせるテーマを選ぶことが大切です。

そのテーマと利用を予定しているプラグインの相性は良いのか

WordPressでサイトを運営する時は、色々なプラグインを導入する機会が多くあると思います。

テーマとプラグインには相性がありますので、この相性を確かめずにテーマを導入すると、使用したかったプラグインが正常に動作しないこともあります。

使用するプラグインが決まっているのであれば、テーマを選ぶ段階でそれらのプラグインとテーマの相性をしっかりと確認するようにしましょう。

確認方法は、使用するプラグインをインストール&有効化した状態で、テーマをインストールしてみましょう。プラグインが正常に動作していれば、そのテーマと使用したプラグインの相性はよいと言う事になります。

そのテーマの不具合などの情報が多くないか

テーマを選択する時は、予めネットでネガティブな情報を調べてみましょう。

「テーマ名 不具合」「テーマ名 動かない」「テーマ名 使えない」など、テーマ名とネガティブなキーワードを組み合わせて検索をしてみます。

あまりにも多くのネガティブな情報が見つかった場合は、そのテーマの利用は避けたほうが無難です。導入しても不具合が生じたりして、色々と大変なことになる可能性があります。

ただ、大抵のテーマには、1つか2つぐらいのネガティブの情報はありますので、ネガティブの情報がある=そのテーマを使わないというのは、少しオーバーです。

あまりにも多くのネガティブ情報があるテーマを避けるようにしましょう。

まとめ

WordPressのテーマを選ぶ時に知っておきたい5つのポイントをご紹介しました。
これらのポイントを押させて、よりよいテーマを導入するようにしてください。

テーマは簡単に変更できますので、色々と導入してテーマを試してみるのも良いでしょう。
安全性だけは必ず確認しておくことが大切ですよ。

今回のコンテンツがお役に立てば幸いです。

シェアしていただきありがとうございます。

OOK86_tewohuriPR500 (2)

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • barn-1364280_1280 (2)

    カスタム投稿の記事やアーカイブが404になる時の対処法

    カスタム投稿の記事やアーカイブが404になる時の対処法をご紹介します。この対処法、ビックリするぐらい簡単です。カスタム投稿の記事やアーカイブが404になって困っている方、3分間だけこのコンテンツを読んでください。すぐに問題は解決します! 記事を読む

  • https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-BON_yubiwosasu20150207154242-thumb-1000xauto-12376

    WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法

    WordPressのカテゴリーIDを利用してカテゴリー単位でアイコンやデザインを変える方法をご紹介します。プラグインを使わずにコピペだけでカスタマイズ可能です。参考にしてください。 記事を読む

  • all-in-one-seo-pack_custom-posts_a

    カスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法

    ここでは、任意のカスタム投稿でAll in One SEO Packを使えるようにする方法をご紹介しています。カスタム投稿を設置したとき、All in One SEO Packの設定項目が表示されず困ったので、解決方法を探してみました。同じようにお困りの方、参考にしてください。 記事を読む

  • wordpress-eye-catch-text

    【WordPress】アイキャッチを設定する部分に説明文を表示する方法

    WordPressを始めて利用する方には、アイキャッチと言われてもピンと来ない方が多くいらっしゃいます。そこで、アイキャッチを設定する部分に簡単な説明文を掲載する方法をご紹介します。 記事を読む

  • wordpress-588494_1280 (2)

    基本的なオリジナルショートコードを作る方法

    簡単なオリジナルショートコードを作成する方法をご紹介。ショートコードの作成と聞くと、難しそうと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません!簡単なショートコードなら1分程度で作成することができます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)