WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。
  • WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。
  • 記事公開:2016/04/05
  • 最終更新:-------------

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。

この記事は約 5 分で読めます。

Wordpressのカスタマイズなら全てお任せ!

http://takayakondo.com/

WordpressのカスタマイズならWordpressカスタマイザーにお任せください!
毎月5件の限定受注。お見積もりはいつでも無料です。

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置するとは?

WordPressの管理画面からテーマを選択する時、テーマ一覧には、そのテーマのスクリーンショットが表示されるのが一般的です。

sgeg

このスクリーンショット表示は、必須ではありません。
スクリーンショットを表示させなくても、テーマは正常に動作します。

ですが、スクリーンショットがある方が、どの様なテーマなのかパッと見てイメージを掴むことが出来て便利です。

自身で利用するだけのテーマであれば、スクリーンショットは無くても問題ありませんが、テーマを一般公開する予定のある方は、スクリーンショットを設置した方が利用者に対して親切かなと思います。

eruw5u

スクリーンショットを設置していないテーマは、上記の様に表示されます。
何となく未完成な印象を受けるのは私だけでしょうか・・・。

オリジナルテーマにスクリーンショットを設置する手順

スクリーンショットを設置する手順を解説していきます。
簡単な作業なので、3分程度で完了しますよ。

早速見ていきましょう。

手順1:オリジナルテーマのスクリーンショットを撮る。

まずは、完成したオリジナルテーマを適用して、TOPページのスクリーンショットを撮りましょう。
撮り方は、特に何でも構いません。

WindowsのPCをお使いであれば、キーボードの[Print Screen]キーを押してスクリーンショットを撮り、ペイントなどで保存すればOKです。

Googleクロームをご利用であれば、拡張機能の【Awesome Screenshot】などでスクリーンショットを撮ることも可能です。

手順2:スクリーンショットを加工する。

続いて、スクリーンショットを加工していきます。

スクリーンショットのサイズに関しては【880×660】pxで、png形式が推奨されています。
詳しくは、以下の引用をご確認ください。

テーマのスクリーンショットを作ります。ファイル名は screenshot.png と付け、テーマディレクトリに保存する。スクリーンショットはテーマのデザインを正しく反映し、PNG形式で保存する。推奨する画像サイズは 880×660。実際には 387×290 のサイズで表示されますが、画像サイズを2倍にすることで画面解像度の高い HiDPI ディスプレイにも対応できます。注:場合により、 .jpg、.jpeg、.gif は 有効な拡張子 でスクリーンショットのファイル形式です。 (推奨ではありません).
https://wpdocs.osdn.jp/より引用

サイズは【880x660px】
ファイル形式は【.png】
ファイル名は【screenshot.png】

この3点だけ抑えておきましょう。

手順3:スクリーンショットを設置する。

設置するファイルが完成したら、設置していきましょう。
設置は、FFFTPなどからスクリーンショットをサーバー上にアップしてやるだけです。

テーマディレクトリにアップロードしてやります。
index.phpやheader.phpと同じ階層ですね。

/【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名】

上記の【テーマ名】のフォルダにアップしてやれば、設置は完了です。

手順4:スクリーンショットが設置できたか確認する。

最後に、スクリーンショットが正常に設置できたのか確認してやりましょう。
確認方法は簡単です。

管理画面の【外観】⇒【テーマ】にアクセスして、オリジナルテーマのスクリーンショットが表示されていればOK。正常に設置されています。

まとめ

WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置する方法をご紹介しました。

個人で利用するオリジナルテーマであれば、スクリーンショットは無くてもよいかもしれませんが、一般公開するテーマであれば、スクリーンショットがある方が親切ですよね。

スクリーンショットは簡単に設置できますので、この機会に試してみてください。

シェアしていただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:とあるWEBディレクター

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に7年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • WordPressサイトでメンテナンスモードをプラグインを使わずに導入する方法

    WordPressサイトでプラグインを使わずに簡単なメンテナンスモードを導入する方法をご紹介します。簡単なコピペだけで実装可能ですので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • WordPressで構築したサイトに今日の日付を表示する方法

    WordPressで構築したサイトに今日の日付を表示する方法をご紹介します。基本的にカスタマイズの1つです。参考にしてください。 記事を読む

  • 知ってて損なし!記事URLから投稿IDを取得する方法

    WordPressサイトの記事URLから投稿IDを取得する方法をご紹介します。なんでそんなことするの?と疑問に思われるかもしれませんが、投稿IDを取得することができれば、記事URLを指定するだけで様々な情報を取得できるようになります。カスタマイズの幅も広がること間違いありません。 記事を読む

  • WordPressのテーマをカスタマイズする時によく使うタグをまとめてみた。

    WordPressのテーマをカスタマイズする時、よく使うタグがありますよね。記事のタイトルを取得したり、投稿日時を取得したり、ワードプレスは簡単なタグを設置することで様々な情報を取得&表示することができます。今回は、そんなワードプレスの中からよく使うモノをピックアップしてまとめてみました。 記事を読む

  • MTからWordPressへ!特定のカスタム投稿に記事をインポートする方法

    WordPressで特定のカスタム投稿に記事をインポートする手順をご紹介します。MTからWordPressに引っ越すとき、カスタム投稿へ記事をインポートするのは結構面倒だったりします。そんな方は、この記事を最後まで読んでください!この記事を読めば、3分でその手順を知ることが出来ます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)