WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法
  • WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法
  • 記事公開:2015/11/14
  • 最終更新:-------------

WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法

WordPressサイトに設置したアクセス解析からサイト管理者を除外する簡単な方法をご紹介します。このコンテンツで紹介している方法ならコピペだけで管理者をアクセス解析から除外できます。興味のある方は、3分間だけコンテンツを見てください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressサイトのアクセス解析から管理者を除外してみた。

アクセス解析を導入したとき、ほとんどの方が管理者のアクセスを除外する設定を行うかと思うのですが、個人的にこの設定が面倒に感じていました。

馴れてしまえば簡単なのですが、初心者の方には難しい設定と言って良いかと思います。

管理者を除外せずにアクセス解析を運用してもいいかな~とも思うのですが、管理者を除外しておかないとアクセス解析が見難くなることも事実です。

私の場合は、運営しているサイトのほとんどをWordPressで構築していますので、WordPress側でアクセス解析から管理者を除外する方法がないかと色々考えてみました。

結局のところ、管理者がサイトにアクセスしたときにアクセス解析のタグを表示しなければ、管理者のアクセスはアクセス解析から除外されるわけです。

管理者の場合は・・・、これってWordPressの条件分岐タグで実現できますよね!

管理者の場合はアクセス解析タグを表示しない。
反対の言い方をすると、管理者以外がアクセスしたときにアクセス解析タグを表示する。

このようにすれば管理者をアクセス解析から除外することができます!
そのコードが以下です。

<?php if(is_user_logged_in()): ?>
<?php else: ?>
ここにアクセス解析タグを記述
<?php endif; ?>

上記のコードを分解して解説しておきます。

<?php if(is_user_logged_in()): ?>

↑ 管理画面にログインしている(管理者)なら~と条件定義している部分です。

<?php else: ?>
ここにアクセス解析タグを記述

↑ それ以外(管理者以外)なら、アクセス解析タグを表示させると定義している部分です。

アクセス解析のコードを設置するとき、上記の様に記述しておけば、管理者がサイトにアクセスしてもアクセス解析タグは表示されず、アクセス解析から除外させることができます。

現在は、この方法を使っています。

まとめ

WordPressサイトでアクセス解析からサイト管理者を除外する方法をご紹介しました。

WordPressの条件分岐タグ「管理画面にログインしているなら~」という条件分岐を使用しました。
管理画面にログインしていないと管理者でも除外されないので注意が必要です。

パパッとアクセス解析から管理者を除外するなら今回の方法がお手軽ですよ。

今回のコンテンツに関する疑問点、WordPressの操作方法やプラグインに関するご質問など、下記の無料メールサポートからお気軽にお問い合わせください。

回答できるお問い合わせには、全て回答をさせていただきます。

無料メールサポート

必須メールアドレス
必須サポートを希望する内容

確認事項

上記で入力していただいたメールアドレスに回答メールをお送りいたします。メールを受信できるメールアドレスをご記入ください。

質問に対する回答は、基本的に24時間以内の返信を心がけておりますが、質問が集中した場合、最長で返信に72時間のお時間を頂戴いたします。

当方で回答できる質問には全て回答をさせていただきます。ただし、全ての質問に対して明確な回答をご提供できるわけではありません。

個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除き、あなたの個人情報を第三者に開示することはありません。個人情報保護法及び行政書士法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。ただし、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることについての保証は一切行いません。

ご記入いただいた個人情報は、質問に対する回答の送信と、メールマガジンの配信にのみ使用させていただきます。

上記のフォームから無料メールサポートご利用された方は、定期的または不定期に、Wordpress関連の最新情報、Wordpressのカスタマイズ方法、Wordpress関連のプレゼント企画や、広告などが掲載された「takayakondo.com」が発行するメールマガジンが配信されることに同意したものとします。

メールマガジンへは、「takayakondo.com」運営者によって後日に代理登録をさせていただきます。代理登録されるまでに、しばらく時間を要する場合がございます。

メールマガジンは、利用者の判断でいつでも購読を解除することができます。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-02-10

    WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧ページに投稿IDを表示させる方法をご紹介します。必要を感じてカスタマイズしましたが地味に便利です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-01-20

    WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する手順+有効化

    このページでは、WordPressで不要になったプラグインを停止・削除する方法をご紹介します。使わないプラグインを有効化しておくとサイトの速度が遅くなったり、-ポイントがいくつかあります。不要なプラグインがあるのであれば、このページを参考に停止・削除してみましょう。 記事を読む

  • 2017-08-17

    【WordPress】投稿を保存した後もカテゴリー構造を保持する方法

    WordPressの投稿を保存するとカテゴリーの構造が保持されないのをご存知でしょうか?パッと見てカテゴリー構造が分からないので後々面倒な事になる可能性があります。投稿保存してもカテゴリー構造が保持されるようにするカスタマイズをご紹介します。 記事を読む

  • 2016-01-23

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法をご紹介しています。カスタムフィールドの値を投稿一覧から確認できると便利だと思いませんか?興味のある方は参考にしてください。5分後には投稿一覧にカスタムフィールドの値が表示されています。 記事を読む

  • 2017-07-21

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順

    WordPressで画像のアップロード先を変更する手順をまとめてみました。メディアからアップロードした画像の保存場所を変えたい方は、ぜひご覧ください。5分程度の作業で画像のアップロード先を変えることができます。 記事を読む

コメントを残す


(必須)