WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法
  • WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法
  • 記事公開:2015/11/14
  • 最終更新:-------------

WordPress管理者必見!アクセス解析からサイト管理者を除外する方法

WordPressサイトに設置したアクセス解析からサイト管理者を除外する簡単な方法をご紹介します。このコンテンツで紹介している方法ならコピペだけで管理者をアクセス解析から除外できます。興味のある方は、3分間だけコンテンツを見てください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressサイトのアクセス解析から管理者を除外してみた。

アクセス解析を導入したとき、ほとんどの方が管理者のアクセスを除外する設定を行うかと思うのですが、個人的にこの設定が面倒に感じていました。

馴れてしまえば簡単なのですが、初心者の方には難しい設定と言って良いかと思います。

管理者を除外せずにアクセス解析を運用してもいいかな~とも思うのですが、管理者を除外しておかないとアクセス解析が見難くなることも事実です。

私の場合は、運営しているサイトのほとんどをWordPressで構築していますので、WordPress側でアクセス解析から管理者を除外する方法がないかと色々考えてみました。

結局のところ、管理者がサイトにアクセスしたときにアクセス解析のタグを表示しなければ、管理者のアクセスはアクセス解析から除外されるわけです。

管理者の場合は・・・、これってWordPressの条件分岐タグで実現できますよね!

管理者の場合はアクセス解析タグを表示しない。
反対の言い方をすると、管理者以外がアクセスしたときにアクセス解析タグを表示する。

このようにすれば管理者をアクセス解析から除外することができます!
そのコードが以下です。

<?php if(is_user_logged_in()): ?>
<?php else: ?>
ここにアクセス解析タグを記述
<?php endif; ?>

上記のコードを分解して解説しておきます。

<?php if(is_user_logged_in()): ?>

↑ 管理画面にログインしている(管理者)なら~と条件定義している部分です。

<?php else: ?>
ここにアクセス解析タグを記述

↑ それ以外(管理者以外)なら、アクセス解析タグを表示させると定義している部分です。

アクセス解析のコードを設置するとき、上記の様に記述しておけば、管理者がサイトにアクセスしてもアクセス解析タグは表示されず、アクセス解析から除外させることができます。

現在は、この方法を使っています。

まとめ

WordPressサイトでアクセス解析からサイト管理者を除外する方法をご紹介しました。

WordPressの条件分岐タグ「管理画面にログインしているなら~」という条件分岐を使用しました。
管理画面にログインしていないと管理者でも除外されないので注意が必要です。

パパッとアクセス解析から管理者を除外するなら今回の方法がお手軽ですよ。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2016-04-05

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。 記事を読む

  • 2014-12-29

    ちょっと手間取った!WordPressで複数のカスタム投稿タイプを設置する方法

    カスタム投稿タイプを複数設置する場合、単純にカスタム投稿タイプを有効にするだけでは正常に動きません。このページでは、複数のカスタム投稿タイプをコピペだけで実装できる手順を解説しています。 記事を読む

  • 2015-01-10

    WordPressのプラグインを最新のバージョンに更新する方法

    今回はインストールしたプラグインがバージョンアップした際に更新する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2015-02-14

    Contact Form 7のよくあるカスタマイズが解説された必読スライドショー。

    Contact Form 7をかっこよくカスタマイズしたい方はいませんか?私もContact Form 7を使い始めた頃にお世話になったContact Form 7のよくあるカスタマイズ方法が解説されたスライドショーをご紹介します。 記事を読む

  • 2015-05-26

    【WordPress】カスタム投稿のアーカイブページを作成する方法

    WordPressでカスタム投稿を作成した場合、そのカスタム投稿のアーカイブページを作成したい場合が多いと思います。このアーカイブページは実は簡単に作成できるのです。今回はカスタム投稿のアーカイブページを作成する方法です。 記事を読む

コメントを残す


(必須)