アーカイブページに説明文を入れる方法と5つのカスタマイズ
  • アーカイブページに説明文を入れる方法と5つのカスタマイズ
  • 記事公開:2017/07/07
  • 最終更新:-------------

アーカイブページに説明文を入れる方法と5つのカスタマイズ

アーカイブページに固有の説明文を設置する方法をご紹介します。コピペで設置できる様にしておりますので、興味のある方は挑戦してください。説明文周りの役立つカスタマイズも5つほど合わせてご紹介します。

この記事は約 10 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

カテゴリーページとタグページに説明文を表示させる手順

以外と知らない方も多いのかも知れませんが、WordPressのアーカイブページには、固有の説明文を表示させることができます。

ここでいうアーカイブページとは、カテゴリーとタグのこと。
年別のアーカイブページなどに固有の説明文は表示できません。

カテゴリーページというのは、このサイトで言えば以下のページです。
WordPressのカテゴリーページ

タグページというのは、このサイトで言えば以下のページです。
カスタマイズののタグページ

また、説明文として表示できるのはテキストだけではありません。
HTMLを使えるようにすることもできますので、画像を設置したりレイアウトすることも可能です。

早速、カテゴリーページとタグページに説明文を追加する手順を見ていきましょう。

表示させる説明文を登録する

まずは、表示させたい説明文をカテゴリー単位で登録していきます。

説明文を登録したカテゴリーの編集画面を開きましょう。
管理画面「投稿」⇒「カテゴリー」⇒ 説明文を登録したいカテゴリーの「編集」をクリックします。

編集画面を見ると【説明】というテキストエリアがあります。
上記の赤枠部分です。

ここに登録した内容が、カテゴリーページの指定した個所に表示されることになります。

表示させたい説明文を登録してください。

後述するカスタマイズで、HTML反映させることができます。
HTMLタグを使用しても構いません。

タグページも同じ要領で説明文を登録することができます。
管理画面「投稿」⇒「タグ」⇒ 説明文を登録したいタグの「編集」から説明文を登録してください。

説明文をテーマ内で出力する手順

先ほど登録した説明文をカテゴリー(タグ)ページで表示できる様に、テーマファイルにコードを新しく追加します。

テーマによってカスタマイズするファイルが異なってくるのですが、今回はカテゴリーページもタグページも「archive.php」で管理しているものとして解説します。

「archive.php」で管理されていない場合、カテゴリーページとタグページを管理しているファイルを探し、そのファイルに後述するコードをコピペしてください。

テーマファイルから「archive.php」を開いてください。
管理画面「外観」⇒「テーマの編集」⇒「archive.php」とアクセスします。

説明文を表示したい箇所に以下のコードを記述しましょう。

カテゴリーページで説明分を表示させたい箇所に以下のコードを。

<?php echo category_description(); ?>

タグページで説明分を表示させたい箇所に以下のコードを。

<?php echo tag_description(); ?>

カテゴリーとタグで記述するコードが異なるので注意してください。

以上の操作で、カテゴリーページとタグページに個々の説明文を設置することができます。

実際に説明文を登録したカテゴリーページかタグページを確認してください。
説明文が表示されているかと思います。

ちょっとしたカスタマイズ5選

カテゴリーページとタグページに設置した説明文をカスタマイズしてみましょう。
知っておくと便利なカスタマイズを5つご紹介します。

説明文が未入力の時、説明文を囲む要素を消す

説明文をテーマに表示させる時、<div>など何らかの要素で囲むことが考えられます。
例えば、以下の様な感じですね。

<div id="test">
<?php echo category_description(); ?>
</div>

この様な場合、説明文が未入力の場合でも【<div id=”test”></div>】と空の要素が表示されてしまいます。marginなどを設定していると、レイアウトが崩れているように見えてしまうかもしれません。

空要素が表示されるのを回避するために、以下の様な条件分岐を加えてやりましょう。

<?php if(category_description()):?>
<div id="test">
<?php echo category_description(); ?>
</div>
<?php endif;?>

こうしてやれば説明文に入力がない場合、説明文を囲む要素【<div id=”test”></div>】も非表示にすることができます。

上記はカテゴリーページの場合です。
タグページの場合は、以下のように記述してやりましょう。

<?php if(tag_description()):?>
<div id="test">
<?php echo tag_description(); ?>
</div>
<?php endif;?>

説明文を1ページ目だけに表示させる

カテゴリーページもタグページも記事数が増えてくれば、一覧ページが何ページにも分割されるかと思います。その様な場合、前述したコードを記載するだけでは、説明文は全てのページで表示されることになります。

全ページに表示させても良い場合もありますが、最初の1ページ目だけに説明文を表示させたい場合もあるかと思います。
そんな時は、以下の様に条件分岐を加えてやりましょう。

<?php if(!is_paged()):?>
<?php echo category_description(); ?>
<?php endif;?>

これで、1ページ目にしか説明文が表示されなくなります。

タグページの場合は、以下のように記述してやります。

<?php if(!tag_description()):?>
<?php echo tag_description(); ?>
<?php endif;?>

説明文でHTMLタグを使えるようにする

説明文の中でHTMLタグを使いたいケースがあるかもしれません。

しかし、デフォルトではHTMLを使うことができません。
説明文のエリアにHTMLを記述しても、HTMLがそのまま表示されてしまいます。

HTMLタグを使えるようにする場合は、以下のコードをfunctions.phpに追記しましょう。

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );

これだけで、説明文でHTMLタグが使えるようになります。

説明文でショートコードを使えるようにする

説明文の中でショートコードを使いたいケースがあるかもしれません。

しかし、デフォルトではショートコードをを使うことができません。
説明文のエリアにショートコードを記述しても、ショートコードがそのまま表示されてしまいます。

ショートコードを使えるようにする場合は、以下のコードをfunctions.phpに追記します。

add_filter( 'term_description', 'custom_term_description' );
function custom_term_description( $term ){
if( empty( $term ) ) return false;
return apply_filters( 'the_content', $term );
}

これだけで、ショートコードが使えるようになります。

説明文をリンクタイトルに反映させない

説明文を使用すると、その説明文がリンクタイトルとして使用されてしまう場合があります。
例えば、以下のテンプレートタグを使った場合など。

<?php wp_list_categories(); ?>

カテゴリー名が【WordPress】ですで、説明文が100文字程度だとした場合、カテゴリーページの【WordPress】へのリンクタイトル部分に100文字程度の説明文が挿入されてしまうわけです。

あまり好ましい状態ではありません。

そんな時は、テンプレートタグを以下の様に変更することで対応可能です。

<?php wp_list_categories('use_desc_for_title=0'); ?>

こうしておけば、説明文がリンクタイトルとして使用されなくなります。

まとめ

カテゴリーとタグページに説明文を入れる方法をご紹介しました。

単調なカテゴリーページやタグページにオリジナリティを出すことができます。
ぜひ、説明文を上手く活用してください。

今回の内容で分からないことがあれば、お問い合わせをいただければと思います。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-27

    【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法

    WordPressサイトで公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介します。技術系、ニュース系サイトの場合、古い記事の内容は現在の実情にあわないケースがあります。訪問者が古い情報を惑わされないよう、特定の条件に当てはまる古いコンテンツにメッセージを表示する方法です。 記事を読む

  • 2015-05-27

    カスタム分類(タクソノミー)の項目(ターム)一覧を表示させる方法

    WordPressのカスタム分類(タクソノミー)一覧を表示させる方法です。カテゴリーの一覧を表示するような感じでカスタム分類を表示させたいと考えている方。ぜひ参考にしてください。コピペだけで実装可能です。 記事を読む

  • 2016-10-24

    WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法

    WordPressの投稿画像に任意のclassを自動的に追加する方法をご紹介します。画像にオリジナルのクラスを追加しておけば、装飾の幅が広がるのではないでしょうか?ご興味のある方はご覧ください。3分間でマスターできます。 記事を読む

  • 2017-08-12

    既存サイトをWordPress化する6つのメリットと2つのデメリットをまとめてみました

    既存サイトをWordpress化するサービスを運営していると、既存サイトをWordpress化するメリットってなんですか?と聞かれることが多々あります。そこで、既存サイトをWordpress化するメリットをまとめてみました。 記事を読む

  • 2016-02-03

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法

    複数のWordPressプラグインをまとめてインストールする方法をご紹介します。プラグインを一括でインストールされたい方は必見です。3分後には複数のプラグインをサクッとインストールできるようになっています。 記事を読む

コメントを残す


(必須)