カテゴリーやタグが日本語で作成されたときスラッグを自動的に英字に変換する方法
MENU
  • 記事公開:2019/10/04
  • 最終更新:2019/09/16

カテゴリーやタグが日本語で作成されたときスラッグを自動的に英字に変換する方法

WordPressのカテゴリーやタグを設定した時、自動的に日本語スラッグが設定されるのがイヤ。
そんな感情をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

私も、投稿画面からカテゴリーを追加した時など、自動的に日本語スラッグが適用されてしまい、編集画面から英字スラッグに書き換えるのが面倒で仕方ありませんでした。

みなさんも同じように面倒だと感じた経験があるのではありませんか?

今回はそんな人たちの不満を解消するため、日本語スラッグが設定された時、自動的に英字スラッグに変更する方法をご紹介します。

・カテゴリー
・タグ
・カスタムタクソノミー

これらで日本語スラッグが適用された時、自動的に英字スラッグに書き換えを行います。

WordPress歴10年の私が、初心者の方にも分かりやすく解説してみました。
興味のある方は、ぜひ挑戦せいてみてください。

この記事は約 6 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

カテゴリーやタグの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法

カテゴリー、タグ、カスタムタクソノミー、これらで日本語スラッグが生成された時、
自動的に英字スラッグに変換する方法となります。

「日本」というカテゴリーを作成、スラッグが未設定の場合は「日本」となります。
この時、「日本」というスラッグを別の英字スラッグに自動的に変換します。

「日本」というカテゴリーを作成、スラッグは「japan」を設定している場合は、
スラッグが日本語ではありませんので、英字への変換は行われません。

今回の方法を採用すると、日本語スラッグは設定できなくなります。
この点はご注意ください。

  • カテゴリーの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法
  • タグの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法
  • カスタムタクソノミーのスラッグを自動的に英字に変換する方法

個別にみていきましょう。

カテゴリーの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法

まずは、カテゴリーで日本語スラッグが設定されたら、自動的に英字に変換する方法です。
この方法が、後述するタグやカスタムタクソノミーの場合でも基盤となります。

以下のコードをfunctions.phpに追記してください。

add_action( 'create_category', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );
function post_taxonomy_auto_slug( $term_id ) {
$tax = str_replace( 'create_', '', current_filter() );
$term = get_term( $term_id, $tax );
if ( preg_match( '/(%[0-9a-f]{2})+/', $term->slug ) ) {
$args = array(
'slug' => $term->taxonomy . '-' . $term->term_id
);
wp_update_term( $term_id, $tax, $args );
}
}

参照元:NxWorld

カテゴリー日本語スラッグになった時、以下の様なスラッグに書き換わります。

タクソノミー名-カテゴリーID

カテゴリーIDが10の場合は、【category-10】というスラッグになるわけです。

タグの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法

続いて、タグで日本語スラッグが設定された時、自動的に英字に変換する方法です。
こちらは、先ほどfunctions.phpに追加したコードを1行変更するだけでOKです。

add_action( 'create_post_tag', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );
function post_taxonomy_auto_slug( $term_id ) {
$tax = str_replace( 'create_', '', current_filter() );
$term = get_term( $term_id, $tax );
if ( preg_match( '/(%[0-9a-f]{2})+/', $term->slug ) ) {
$args = array(
'slug' => $term->taxonomy . '-' . $term->term_id
);
wp_update_term( $term_id, $tax, $args );
}
}

参照元:NxWorld

先ほどのコードと比べて、赤字の部分が変っています。

タグが日本語スラッグになった時、以下の様なスラッグに書き換わります。

タクソノミー名-タグID

タグIDが10の場合は、【post_tag-10】というスラッグになるわけです。

カスタムタクソノミーの日本語スラッグを自動的に英字に変換する方法

最後に、タグで日本語スラッグが設定された時、自動的に英字に変換する方法です。
こちらも、最初にfunctions.phpに追加したコードを1行変更するだけでOKです。

add_action( 'create_カスタムタクソノミー名', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );
function post_taxonomy_auto_slug( $term_id ) {
$tax = str_replace( 'create_', '', current_filter() );
$term = get_term( $term_id, $tax );
if ( preg_match( '/(%[0-9a-f]{2})+/', $term->slug ) ) {
$args = array(
'slug' => $term->taxonomy . '-' . $term->term_id
);
wp_update_term( $term_id, $tax, $args );
}
}

参照元:NxWorld

赤字の部分が変っています。

上記のコードは、一か所だけ環境に合わせて調整が必要となります。
赤文字部分に【カスタムタクソノミー名】という箇所があります。

この部分を、日本語スラッグを英字に変換したいカスタムタクソノミーの名前に変更してください。カスタムタクソノミー名が【test】なら【test】と変換します。

カスタムタクソノミーが日本語スラッグになった時、以下の様なスラッグに書き換わります。

カスタムタクソノミー名-タクソノミーID

カスタムタクソノミー名が【test】でIDが10の場合は、【test-10】というスラッグになります。

まとめて設定する場合の書き方

カテゴリー、タグ、カスタムタクソノミー、全てで日本語スラッグが設定された時、自動的に英字に変換する方法です。

add_action( 'create_category', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );
add_action( 'create_post_tag', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );
add_action( 'create_カスタムタクソノミー名', 'post_taxonomy_auto_slug', 10 );

function post_taxonomy_auto_slug( $term_id ) {
$tax = str_replace( 'create_', '', current_filter() );
$term = get_term( $term_id, $tax );
if ( preg_match( '/(%[0-9a-f]{2})+/', $term->slug ) ) {
$args = array(
'slug' => $term->taxonomy . '-' . $term->term_id
);
wp_update_term( $term_id, $tax, $args );
}
}

参照元:NxWorld

先ほどまで書き換えていた箇所を3つ合わせて記述します。

日本語スラッグの変換方法は、前述した方法と同じです。

まとめ

カテゴリーやタグが日本語で作成されたときスラッグを自動的に英字に変換する方法をご紹介しました。

・日本語スラッグが設定される。
・タクソノミー名-IDに変換される(例:category-10)。

投稿画面からカテゴリーを追加した場合など、スラッグは自動的に日本語になる場合がほとんど。
いちいち編集するのが面倒な方は、今回のカスタマイズを試してみてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA