背景画像をレスポンシブに対応させる方法
MENU
  1. HOME
  2. WEB制作
  3. 背景画像をレスポンシブに対応させる方法

最近の作業実績

  • 2022年05月13日既存テーマに投稿データをCSV形式で出力できる仕組みを組み込みました。
  • 2022年05月11日監理画面から各投稿のはてブ数が確認できる仕組みを組み込みました。
  • 2022年05月09日サイト上のカラーを管理画面から一括管理できるようにいたしました。
  • 2022年05月07日テーマファイル内で共通して使っていたコードを一元管理できる形に調整いたしました。
  • 2022年05月05日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年05月03日開閉式メニューの不具合を修正しました。
  • 2022年05月01日既存サイトの表示速度を改善いたしました。
  • 2022年04月29日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月27日既存サイトのトップページに更新順の投稿一覧を作成いたしました。
  • 2022年04月25日既存サイトのループ部分を新しいデザインで再構築いたしました。
  • 2022年04月23日絞り込み検索の不具合を修正いたしました。
  • 2022年04月21日既存サイトの画像サイズを最適化いたしました。
  • 2022年04月19日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月17日既存サイトのドメイン変更を担当いたしました。
  • 2022年04月13日既存サイトの引っ越しを担当いたしました。
  • 2022年04月11日既存サイトの引っ越しを担当いたしました。
  • 2022年04月09日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月07日肥大化したデータベースの軽量化を担当いたしました。
  • 2022年04月05日姉妹サイトの更新情報をRSSで取得して一覧表示できるようにいたしました。
  • 2022年04月03日テーマに直書きされていたGOOGLE系コードを管理画面から登録できるようにカスタマイズを行いました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

背景画像をレスポンシブに対応させる方法

この投稿は2019/03/06に加筆修正いたしました。

背景画像をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。paddingを指定して横幅と縦幅の比率を保持したまま、背景画像を縮小拡大する方法です。3分間です。3分間で背景画像をレスポンシブに対応させる方法をマスターできます。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

レスポンシブと背景画像の関係

レスポンシブサイトで背景画像を利用してみると、困ってしまう事があります。

背景画像はその画像の高さを表示させるエリアに指定しないと画像の全てが表示されませんが、高さを指定してしまうと、デバイスの横幅が変った時に高さ分の余白や画像切れが生じてしまうのです。

背景画像をレスポンシブに対応させるときは、【background-size: contain;】などで横幅に合わせて画像を拡大縮小させるのが一般的かと思いますが、この時、背景画像を表示させるエリアに高さを指定していると、例えばスマホでサイトを観覧するとデバイスの横幅に合わせて画像は縮小されますが、そのエリアの高さは変わりませんので、余白が生じてしまうのです。

このままでは、スマホでサイトを観覧すると変に余白が出来てしまうので、デザインが崩れているように見えてしまいます。

この問題に直面した時、かなり困ってしまいました。
結構な時間を費やしたことを覚えています。

最終的に解決策が見つかりましたので、この場でシェアします。
その解決策は次の通りです。

背景画像を縦横の比率を保ったまま拡大縮小させる方法

解決方法は【高さを指定せずに背景画像を表示させる】でした。
どうするのかというと【paddingの余白】を利用します。

まず大前提として、背景画像を表示させるエリアに【height: 0;】を指定しておきます。
高さが0ですからこの時点では背景画像は表示されません。

次に【paddingの余白】を指定していきますが、レスポンシブ対応ですので余白は%で指定します。

padding-topに指定する数値は、以下の計算式で算出します。

高さ÷横幅×100=padding-topの%(パーセント)

例えば、画像の横縦のサイズが、700×300pxだった場合ですと・・・

300÷700×100=42.857・・・

四捨五入して【43%】が【padding-top】の数値となります。

サンプルのHTMLとCSSをご確認ください。

<div id="background"></div>
#background {
width: 100%;
height: 0;
padding-top: 43%;
background-image: url(画像パス);
background-size: contain;
}

この様にすると、以下のように背景画像がレスポンシブに対応されます。

PCで確認されている場合、ウィンドウの横幅を縮小や拡大してみてください。
スマホで確認している場合は、デバイスの向きを縦向きや横向きに変えてみてください。

背景画像がデバイスの横幅に合わせて縮小拡大され、なおかつ高さに余白ができないことがご確認いただけるかと思います。

まとめ

背景画像をレスポンシブに対応させる方法をご紹介しました。

背景画像をレスポンシブに対応させるなら、今回ご紹介した方法が簡単かつ機能的かと思います。
ただ、若干ですがどうしてもズレが生じる場合があります。

ここが我慢するしかないですかね。
そこまで目立つズレでもありませんから。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA