バナー広告をPHPでランダムに表示する方法
  • バナー広告をPHPでランダムに表示する方法
  • 記事公開:2015/11/09
  • 最終更新:-------------

バナー広告をPHPでランダムに表示する方法

バナー広告をPHPでランダムに表示させる方法を解説しています。サイドバーなどの広告をランダムに切り替えてみたい方は参考にしてください。3分後にはバナー広告をランダムに切り替えることができるにようになっています。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

バナー広告をPHPでランダムに表示するタグ

とある案件のメモ書きでバナー広告をランダムに表示するPHPコードが残っていました。
どなたかの役に立つかと思いますので、ここでご紹介します。

バナー広告とありますが、別に普通の画像をランダムに表示することもできます。
色々と試してみてください。

バナー広告をランダムに表示させたい箇所に以下のコードをコピペするだけでOKです。

<?php
$bnSrc[0]='(バナータグ1)';
$bnSrc[1]='(バナータグ2)';
$bnSrc[2]='(バナータグ3)';
$n = mt_rand(0,count($bnSrc)-1);
echo $bnSrc[$n];
?>

バナータグ1~3の部分に、例えばアフィリエイトコードなどを設置してください。

上記のタグでは3つのバナーを表示する仕様になっています。
バナー数を増やしたい場合は、以下のコードを追加したいバナー数だけ追記してください。

$bnSrc[ここに連番]='(バナータグ)';

【ここに連番】の部分に連番を入れてやります。
例えば、上記のコードに2つのバナー広告を追加してやると以下のようになります。

<?php
$bnSrc[0]='(バナータグ1)';
$bnSrc[1]='(バナータグ2)';
$bnSrc[2]='(バナータグ3)';
$bnSrc[3]='(バナータグ4)';
$bnSrc[4]='(バナータグ5)';

$n = mt_rand(0,count($bnSrc)-1);
echo $bnSrc[$n];
?>

太文字になっている部分が追記した部分です。
上記の要領でお好きな数のバナー広告をランダムに表示することが出来ます。

まとめ

バナー広告をPHPでランダムに表示する方法をご紹介しました。

こういったPHPコードを知っていると便利な時ってありますよね。
また、近いうちに別のコードもご紹介したいと考えています。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/06

    CSSだけで長い文字列を「…」と省略表示する方法

    CSSだけで長い文字列を省略表示する方法をご紹介します。文字列が要素からはみ出す場合、末尾に「…」を付けて省略表示させる方法です。興味のある方は、3分間でカスタマイズ方法をマスターしてください。 記事を読む

  • 2019/03/06

    WordPressに埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法

    サイト内に埋め込んだYOUTUBE動画をレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。スマホでサイトを観覧した時でも、もうYOUTUBE動画が画面からはみ出すことはありません。このカスタマイズは3分間でマスターできます! 記事を読む

  • 2018/09/03

    知らずに損した!最初・最後・奇数・偶数・○番目など、要素を指定して装飾する方法

    疑似クラスを使うことで、CSSを複雑にすることなく指定要素を装飾することができます。「この3番目のliタグだけ色を変えたい」など特定の要素だけを装飾したいケースの参考にしてください。 記事を読む

  • 2019/03/06

    画像下部にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法

    サイト上に画像を設置すると、画像の下部に余白が生じてしまいます。この余白、「margin」や「padding」を「0」にしても消すことができません。ではどのようにして消せばいいのでしょうか?余白を消す方法を2つご紹介します。 記事を読む

  • 2016/02/11

    【スマホサイト】iPhoneからフォームを入力するとき勝手に画面を拡大させない方法

    iPhoneでWEBサイトの検索フォームを利用する場合など、自動的に画面が拡大されてしまいます。この機能、便利に感じる場合もありますが、ちょっと【うっとおしい】とかんじる場合もあります。今回は、この画面拡大を回避する方法のご紹介です。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA