コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果!!
  • コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果!!
  • 記事公開:2015/11/11
  • 最終更新:2016/10/12

コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果!!

コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果をご紹介しています。確認用チェックボックスの必要性に関して真剣に考えたことがない方は読んでみてください。

この記事は約 3 分で読めます。

確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果

私はコンタクトフォーム7でメールフォームをいくつも作成しているのですが、そのほとんどで確認用のチェックボックスを設置しています。

どうして設置しているのかと言うと、この確認用のチェックボックスを設置するだけで、実に3つの効果を得ることができるからなのです。

その2つの効果とは・・・

【1】確認画面がなくても安心して使える。

コンタクトフォーム7には、一般的なメールフォームの様な確認画面がありません。
プラグインを別途導入することで設置可能ですが、デフォルトでは付いていません。

多くのユーザーはメールフォームには確認画面があるものと思っている場合が多いので、確認画面のないメールフォームを送信すると、ユーザーの多くが戸惑ってしまいます。

確認用のチェックボックスがあることにより、確認画面と同じ役割を果たすことができますので、ユーザーの戸惑いを払拭することができます。

【2】うっかり送信を防げる

例えば、必須項目のないメールフォームなどの場合、全ての項目を入力し終わる前に誤ってEnterキーを押してしまうと、その時点で送信が完了してしまいます。

確認用のチェックボックスがあることにより、全ての項目を入力し終わる前に誤ってEnterキーを押してしまっても、確認用チェックボックスにチェックが入っていなければ、入力途中でのうっかり送信を防ぐことができます。

まとめ

コンタクトフォーム7に確認用チェックボックスを追加するだけで得られる2つの効果でした。

この2つの効果を得るため、私は大抵の場合で確認用チェックボックスを設置するようにしています。
メールフォームの目的によっては設置しない場合もありますが。

ただ、メールフォームの項目が増えれば送信率が低下する可能性がありますので、設置するかどうかは個人的な判断で決めてくださいね。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/04/19

    【WordPress】カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法

    WordPressのカテゴリーページ(URL)から【category】の文字列を消す3つの方法をご紹介します。いずれの方法も3分程度で導入できる簡単なものばかり。ご自身の環境にあったものを選択して実装してください。 記事を読む

  • 2016/04/05

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。 記事を読む

  • 2016/09/10

    WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法

    WordPressのパスワード保護ページをカスタマイズする方法をご紹介します。パスワード保護ページのタイトルや本文をカスタマイズする方法です。興味のある方は、3分間だけこのコンテンツを見てください。カスタマイズ方法をマスターできます。 記事を読む

  • 2015/09/17

    【WordPress】公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法

    WordPressサイトで公開してから時間の経ったコンテンツにメッセージを表示させる方法をご紹介します。技術系、ニュース系サイトの場合、古い記事の内容は現在の実情にあわないケースがあります。訪問者が古い情報を惑わされないよう、特定の条件に当てはまる古いコンテンツにメッセージを表示する方法です。 記事を読む

  • 2016/09/11

    不正ログイン撲滅!WordPressのログインフォームに画像認証を導入しよう!

    不正ログインからあなたのWordPressサイトを守る方法をご紹介します。ログインフォームに画像認証を導入することで不正ログインを防ぎましょう!「SI CAPTCHA Anti-Spam」を使えば簡単です! 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA