「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

最近の作業実績

  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • 2020年09月21日CRONが正常に動作しない不具合を解消いたしました。
  • 2020年09月21日掲載している動画をレスポンシブに対応させました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマをレスポンシブ化いたしました。
  • 2020年09月21日メールフォームの送信先をアクセス経路ごとに分岐できるようにいたしました。
  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月31日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2015/01/18
  • 最終更新:2019/09/15

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

contact-form-7_input-example_000

上記のようにContact Form 7で作成したメールフォームの入力欄に予め入力例を表示させる方法をご紹介します。Contact Form 7はインストール済みとして解説をさせていただきますので、予めご了承ください。

入力例の表示は特に難しいカスタマイズなど必要なく、メールフォームの管理画面から設定することができます。詳しい手順を見ていきましょう。

まずは、新規でメールフォームを作成するケースの設定方法です。

手順1:メールフォームの新規作成画面にアクセスする。

contact-form-7_input-example_001

まずは、メールフォームの新規作成画面にアクセスしてください。
管理画面の「お問い合わせ」⇒「新規追加」⇒「新規追加」と移動しましょう。

手順2:項目作成時に入力例を設定する。

contact-form-7_input-example_002

入力例の設定は、項目作成時に行います。
項目の新規作成は【タグの作成】をクリックして任意の項目を選択します。
上記はテキスト項目を作成するときの画面です。

contact-form-7_input-example_003

入力例は、上記画像の赤枠部分で行います。

デフォルト値 (オプション)に【表示させたい入力例】を記述しましょう。
上記の画像では【ああああああああああああ】と入力してみました。

【このテキストをプレースホルダーとして使いますか?】にチェックを入れます。

あとは、生成されたコードをフォームに貼り付ければ作業完了です。

手順3:入力例が表示されていることを確認する。

contact-form-7_input-example_000

メールフォームの作成が完了したら、メールフォームを表示させ、上記画像の様に入力例が表示されていることを確認してください。

もしも、正常に表示できていない場合、該当箇所のタグに問題があると考えられます。
半角スペースが無くなっているなど、問題点が無いか確認してください。

問題点が見つからない場合、改めて管理画面からタグを作成しましょう。
あれこれと悩むより手っ取り早いです。

既存メールフォームに入力例をコピペで表示させる方法

先ほどは、新しくメールフォームを作成する過程で、入力例を表示させる方法をご紹介しましたが、ここでは既存のメールフォームに入力例を表示させる方法をご紹介します。

基本的にコピペだけの簡単な作業です。

[text* your-name class:form_test]

まず、入力例を表示させたい部分のコードを探します。
今回は、上記のコードに入力例を表示させるコードを追加してみます。

以下の様にコードを追加させましょう。

[text* your-name class:form_test placeholder "例:田中一郎"]

【placeholder “例:田中一郎”】をコードの最後に追加しました。
この様にコードを追加すると、下の画像の様に入力例が表示されます。

contact-form-7_input-example_002

入力例を表示させたい場合【placeholder “ここに表示させる内容”】を、既存コードの最後に追加すれば、入力例を表示させることができます。

まとめ

「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介しました。

「Contact Form 7」って、メールフォームに必要な部分はほとんど押さえていますよね。
改めて「Contact Form 7」のすごさに感心してしまいました。

メールフォームに入力例を記述すると、フォームの送信率も向上する傾向にあります。
難しい作業ではありませんので、この機会に実装されてはいかがでしょうか?

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA