美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。
MENU
  1. HOME
  2. CSS / WEB制作
  3. 美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。

最近の作業実績

  • 2020年09月06日絞り込み検索機能をプラグインを使わずに実装いたしました。
  • 2020年09月06日ページネーションでページが遷移できない不具合を修正いたしました。
  • 2020年09月01日アイキャッチが未設定の場合、デフォルト画像を表示するようにカスタマイズいたしました。
  • 2020年09月01日WordPressの条件分岐が正常に動作するように修正いたしました。
  • 2020年08月31日ページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月31日常時SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2020年08月30日ループ部分のレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月30日カスタムフィールドに対応した絞り込み検索機能を実装いたしました。
  • 2020年08月26日アーカイブページの説明文が2P目以降に表示されないよう修正いたしました。
  • 2020年08月26日ログイン画面のエラーを修正いたしました。
  • 2020年08月26日パンくずナビをschema.orgに対応した形式で再構築いたしました。
  • 2020年08月26日サイドバーのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年08月26日OGPの不具合を解消いたしました。
  • 2020年07月31日アイキャッチ周りの不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月31日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年07月24日カスタムタクソノミーに自動的にデフォルトとなるタームが設定されるようにしました。
  • 2020年07月24日セキュリティー対策を導入いたしました。
  • 2020年07月24日子テーマのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年07月24日検索結果ページにカスタムフィールドの値を基準とした並び替え機能を実装しました。
  • 2020年07月15日カスタム投稿とカスタムタクソノミーをプラグインを使わず実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2016/02/04
  • 最終更新:2019/03/06

美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。

この投稿は2019/03/06に加筆修正いたしました。

美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。CSSだけでデザインにグラデーションを導入したい方は参考にしてください。5分後にはグラデーションを自由自在に操れるようになります。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

背景とグラデーション

CSSだけで実現できる背景のグラデーション装飾をご紹介します。
知っているとデザインの幅が広がりますよ!

基本的なグラデーション

背景にグラデーションを敷く場合、【background】に【linear-gradient】の値を使って定義します。
基本的に1行のコードを指定するだけでOKです。

<div class="css-gradation-01"></div>
.css-gradation-01 {
background: linear-gradient(#FF9999, #ff0000);
width: 500px;
height: 250px;
}

定義した要素の上から下へ【#FF9999】⇒【#ff0000】とグラデーションになっています。

配色を変更したい場合は、上記のカラーコードを変更してください。
後述する全てのパターンで共通です。

角度を変えたグラデーション

グラデーションの角度を変えたい場合、【deg】で角度を定義してやります。
数値を変更するだけで角度を変えられますので、色々と試してみてください。

<div class="css-gradation-02"></div>
.css-gradation-02 {
background: linear-gradient(-90deg, #FF9999, #ff0000);
width: 500px;
height: 250px;
}

【-90deg】の部分が角度を定義している箇所です。
数値を色々と変更して好みの角度を表現してください。

上記のコードでは【-90】となっていますが、もちろん+域も定義可能です。

円形のグラデーション

円形状のグラデーションは、【linear-gradient】ではなく【radial-gradient】で定義します。

<div class="css-gradation-03"></div>
.css-gradation-03 {
background: radial-gradient(#FF9999, #ff0000);
width: 500px;
height: 250px;
}

中心から外へ【#FF9999】⇒【#ff0000】とグラデーションになっています。

画像と重ねたグラデーション

背景画像の上にグラデーションをオーバーレイすることもできます。
ちょっとした定義で幻想的な背景を作れるのには驚きました。

<div class="css-gradation-04"></div>
.css-gradation-04 {
background: linear-gradient(-90deg, rgba(250, 200, 0, .7), rgba(277, 0, 127, .7)),
url(ここに背景画像のURLを記述);
background-size: cover;
width: 500px;
height: 250px;
}

グラデーションの配色を変更するときは、【rgba】部分の数値を変更してください。
背景画像は【ここに背景画像のURLを記述】部分に画像URLを定義してやります。

テキストとグラデーション

最後に背景ではなく、テキストにグラデーションを施す方法です。
タイトルとかで使えそうですね。

テキストをグラデーションで装飾

<span class="css-gradation-text">テキストをグラデーションで装飾</span>
span.css-gradation-text {
font-size: 30px;
font-weight:bold;
background: -webkit-linear-gradient(#FF9999, #ff0000);
-webkit-background-clip: text;
-webkit-text-fill-color: transparent;
}

定義した要素の上から下へ【#FF9999】⇒【#ff0000】とグラデーションになっています。

まとめ

美しいグラデーションをCSSだけでどこまで実現できるのか検証してみました。

一昔前にグラデーションをとなると、CSSだけでは無理でした。
今回ご紹介しただけでも、色々なグラデーションをCSSだけで実現できます。

便利な時代になりましてね。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA