カスタム投稿で新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. カスタム投稿で新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法

最近の作業実績

  • 2022年05月13日既存テーマに投稿データをCSV形式で出力できる仕組みを組み込みました。
  • 2022年05月11日監理画面から各投稿のはてブ数が確認できる仕組みを組み込みました。
  • 2022年05月09日サイト上のカラーを管理画面から一括管理できるようにいたしました。
  • 2022年05月07日テーマファイル内で共通して使っていたコードを一元管理できる形に調整いたしました。
  • 2022年05月05日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年05月03日開閉式メニューの不具合を修正しました。
  • 2022年05月01日既存サイトの表示速度を改善いたしました。
  • 2022年04月29日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月27日既存サイトのトップページに更新順の投稿一覧を作成いたしました。
  • 2022年04月25日既存サイトのループ部分を新しいデザインで再構築いたしました。
  • 2022年04月23日絞り込み検索の不具合を修正いたしました。
  • 2022年04月21日既存サイトの画像サイズを最適化いたしました。
  • 2022年04月19日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月17日既存サイトのドメイン変更を担当いたしました。
  • 2022年04月13日既存サイトの引っ越しを担当いたしました。
  • 2022年04月11日既存サイトの引っ越しを担当いたしました。
  • 2022年04月09日WordPressに不具合が起こらないよう、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2022年04月07日肥大化したデータベースの軽量化を担当いたしました。
  • 2022年04月05日姉妹サイトの更新情報をRSSで取得して一覧表示できるようにいたしました。
  • 2022年04月03日テーマに直書きされていたGOOGLE系コードを管理画面から登録できるようにカスタマイズを行いました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

カスタム投稿で新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法

この投稿は2019/09/30に加筆修正いたしました。

今回は、カスタム投稿で新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法を解説します。

プラグインを使わずにカスタム投稿を実装している場合、投稿画面を開いても新エディタ「gutenberg」が表示されず、旧エディタが表示されているケースがあります。

カスタム投稿でも新エディタ「gutenberg」を使えるようにしたい!
そうお考えになる方も多いかと思いますので、解決方法をまとめてみました。

カスタム投稿でも新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法をご覧ください。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

カスタム投稿で新エディタを使えるようにする手順

カスタム投稿でも新エディタ「gutenberg」を使えるようにする手順をご紹介します。

  1. カスタム投稿を実装しているコードを探す。
  2. コードを修正する。
  3. カスタム投稿の編集画面を確認する。

個別に見ていきましょう。

手順1:カスタム投稿を実装しているコードを探す

まずは、カスタム投稿を実装しているコードを探してやります。

functions.phpに以下のようなコードが記述されていると思いますので探してください。

register_post_type(
'************',
array(
'labels' => array(
'name' => __( '******' ),
'singular_name' => __( '******' )
),
'supports' => array(
'title',
'editor',
'author',
'thumbnail',
'excerpt',
'custom-fields',
'comments'
),
'has_archive' => true,
'public' => true,
'menu_position' =>6
)
);

上記のコードは一例です。
記述されているコードはテーマによって若干異なります。

記述されている箇所もfunctions.phpとは限りません。
外部ファイルに記述してfunctions.phpに読み込んでいる可能性もあります。

この辺りは、サイトごとに異なりますので、探してみてください。

カスタム投稿の投稿画面で新エディタ「gutenberg」を使いたい場合、
このコードに1行追加してやります。

手順2:コードを修正する

先ほど見つけたコードを、カスタム投稿の投稿画面で新エディタ「gutenberg」を使えるように修正してやります。

修正と言っても、下記の1行追加してやるだけでOKです。

"show_in_rest" => true,

上記のコードを以下のように追加してやります。

register_post_type(
'************',
array(
'labels' => array(
'name' => __( '******' ),
'singular_name' => __( '******' )
),
'supports' => array(
'title',
'editor',
'author',
'thumbnail',
'excerpt',
'custom-fields',
'comments'
),
'has_archive' => true,
'show_in_rest' => true,
'public' => true,
'menu_position' =>6
)
);

上記の赤文字部分が、追加したコードです。
末尾にコードを追加する場合は【,】が不要となります。

上記の様にコードをを追記することで、カスタム投稿で新エディタが使えるようになります。

上記のコードを丸ごと差し替えるのではなく、既存のコードに1行を追加してください。
既存のコードと上記のコードを差し替えると、不具合が生じる可能性があります。

手順3:カスタム投稿の編集画面を確認する

最後に、カスタム投稿の編集画面を確認しましょう。

新エディタ「gutenberg」

上記の様に新エディタ「gutenberg」が表示されていれば、カスタマイズは完了です。

まとめ

カスタム投稿で新エディタ「gutenberg」を使えるようにする方法をご紹介しました。

  1. カスタム投稿を実装しているコードを探す。
  2. コードを修正する。
  3. カスタム投稿の編集画面を確認する。

以上の3手順で、カスタム投稿でも新エディタ「gutenberg」が使えるようになります。
詳しい手順は、今回のコンテンツを再チェックしてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressのカスタマイズを相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA