MTからWordPressへ!特定のカスタム投稿に記事をインポートする方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress
  3. MTからWordPressへ!特定のカスタム投稿に記事をインポートする方法

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

MTからWordPressへ!特定のカスタム投稿に記事をインポートする方法

この投稿は2017/08/16に加筆修正いたしました。

WordPressで特定のカスタム投稿に記事をインポートする手順をご紹介します。MTからWordPressに引っ越すとき、カスタム投稿へ記事をインポートするのは結構面倒だったりします。そんな方は、この記事を最後まで読んでください!この記事を読めば、3分でその手順を知ることが出来ます。

この記事は約 4 分で読めます。

MTからWordPressへの移行で困ったこと

とある案件でクライアント様から以下の様な希望が出されました。

「MTで運営しているサイトをWordPressに乗り換えたいんだけど、カテゴリーAの記事だけカスタム投稿で管理できるようにしてください。」

これって以外と簡単じゃないんですよね。

MTからエクスポートしたファイルでは、特定のカテゴリーに分類された記事だけをカスタム投稿に振り分けるようにインポートすることはできないんです。

やり方を調べてみると、いくつかの方法が見つかりました。

  • MTファイルをインポートするためのプラグインを編集してカスタム投稿に対応させる。
  • 一度インポートしてから特定のカテゴリーに分類されている記事だけをプラグインを使ってカスタム投稿に移動する。
  • etc…

上記のやり方でも良いのですが、個人的に気に入ったやり方が見つかりましたので、今回はそのやり方をご紹介したいと思います。

すごく簡単なので、一度覚えたらきっと忘れないと思います。

MTから特定のカスタム投稿に記事をインポートする方法

具体的なやり方をご説明します。
手順が多くて面倒に感じますが、実質5分程度の作業です。

以下の手順をご覧下さい。

MTからデータをエクスポートする

まずは、MTから特定のカスタムフィールドにインポートしたい記事だけをエクスポートします。
今回の場合は、カテゴリAに投稿されている記事だけをエクスポートします。

MTから記事をエクスポートする方法は以下を参照してください。
ブログからデータをエクスポートするには?の【MovableType】部分

エクスポートできたら次に進みましょう。

空のWordPressに記事をインポートする

記事が一切投稿されていない真っ白なWordPressを用意しましょう。
用意できたら、先ほどエクスポートしたファイルをインポートします。

WordPressにMTファイルをインポートする手順は以下を参照してください。
コンテンツのインポート(Movable Type)

インポートできたら次に進みましょう。

WordPressから記事をエクスポートする

先ほどインポートしたばかりですが、今度はWordPressから投稿をエクスポートします。

WordPressから投稿をエクスポートする手順は以下を参照してください。
WordPressのエクスポート

この時、投稿のみをエクスポートしてください。

エクスポートしたファイルを編集する

WordPressからファイルをエクスポートできたら、そのファイルを編集していきます。
ファイルをTeraPadなど文字列の置換ができるソフトウェアで開きましょう。

開いたら以下の部分を探してください。
下記の記述が投稿毎にあるはずです。

<wp:post_type>post</wp:post_type>

この部分を以下の様に置換します。

<wp:post_type>post_type</wp:post_type>

【post_type】部分には、投稿をインポートしたいカスタム投稿の【post_type】を記述します。
【post_type】は個々に違うので、対象のカスタム投稿を調べてみてください。

全ての置換が完了したら保存して完了です。

何をしたのかと言うと、投稿(post)の記事だと定義している部分を、カスタム投稿(post_type)の記事だと定義しなおしたわけです。

これでこのファイルをインポートすると、投稿(post)ではなくカスタム投稿(post_type)に記事が振り分けられのです。

本番環境のWordPressへ記事をインポートする。

最後に本番環境のWordPressへ、先ほど編集したファイルをインポートします。

今回インポートするファイルは、MTファイルではありません。
WordPressからエクスポートしたファイルをインポートする場合は以下を参照してください。

WordPressファイルのインポート

この作業で全工程が完了です。

WordPressの管理画面にアクセスしてカスタム投稿を確認してみてください。
投稿がインポートできているはずです。

まとめ

WordPressで特定のカスタム投稿に記事をインポートする手順をご紹介しました。

要するに、MTファイルをWordPressにインポートしてからエクスポートすることでWordPressのエクスポートファイルを入手し、その中の投稿タイプを定義している部分を投稿からカスタム投稿に置き換えてやり、最終的にインポートするわけです。

色々と方法はありますが、個人的にこの方法を好んで使っています。
実質5分程度で行える作業ですので、やってみると以外と簡単ですよ!

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

    1件のコメント

  • バニラ
    2021年3月10日 12:22 PM

    上手くいきました。
    有難い!

  • .

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA