functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法
MENU
  • /
  • functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

最近の作業実績

  • 2020年07月07日WordPressの管理画面にログインできない不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月07日WordPressの予約投稿が失敗する不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月04日固定ページのみ404エラーが発生する不具合を修正いたしました。
  • 2020年07月02日検索結果数をリアルタイムで表示できるようにカスタマイズしました。
  • 2020年07月02日ログイン画面に発生したレイアウトの崩れを修正しました。
  • 2020年06月29日サイト内の画像が表示されなくなった不具合を解決いたしました。
  • 2020年06月29日検索結果ページのページネーションの不具合を修正いたしました。
  • 2020年06月29日旧テーマのデザインを新テーマに移植しました。
  • 2020年06月20日セキュリティ対策に関するアドバイスをさせていただきました。
  • 2020年06月20日既存テーマの記事一覧のレイアウトをカスタマイズいたしました。
  • 2020年06月20日既存サイトのテスト環境を構築いたしました。
  • 2020年06月17日サイトのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2020年06月16日絞り込み検索の検索項目を調整いたしました。
  • 2020年06月12日Twitterのシャドウバンの解除をお手伝いしました。
  • 2020年06月12日ハッキング被害に遭ったサイトを復旧いたしました。
  • 2020年06月12日テーマ切り替えに伴う不具合を修正いたしました。
  • 2020年06月08日WordPressのセキュリティ対策を強化いたしました。
  • 2020年06月08日WordPressを高速化いたしました。
  • 2020年06月05日特定のページにのみBasic認証を導入いたしました。
  • 2020年06月04日RSSフィード内でショートコードを無効にするカスタマイズを行いました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。
  • 記事公開:2016/03/29
  • 最終更新:2019/09/15

functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressのfunctions.phpは、編集を誤るとサイトや管理画面が真っ白になってアクセスできなくなります。そんな時の1分でできる復旧方法をご紹介します。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

functions.phpの編集をミスっても慌てずにまずは落ち着こう!

WordPressをカスタマイズする時、functions.phpを編集する機会は多くあります。
このサイトでもfunctions.phpを編集するカスタマイズを多くご紹介してきました。

このfunctions.phpは、誤った記述をしてしまうとサイト全体が真っ白になってしまいます。
サイトだけではなく、管理画面も表示されません。

管理画面が表示されないと言うことは、functions.phpを編集できませんから、サイトを復旧することは不可能だと、多くの方が慌ててしまいます。

ひょっとしたら、あなたも経験があるのではありませんか?
私は未だにfunctions.phpの記述を誤ってしまうとビクッとしてしまいます。

functions.phpの記述を誤ってサイトが真っ白になっても慌てないで下さい。
まずは、大きく深呼吸をして落ち着きましょう。

サイト全体が真っ白になっても1分で復旧することができます。

真っ白になったサイトを復旧する手順

復旧方法は簡単で、1分程度でサイトを復旧させることが可能です。
以下が大まかな復旧方法です。

  1. FFFTPなどのFTPソフトを使ってfunctions.phpをPCにダウンロードする。
  2. メモ帳などでfunctions.phpを開き、真っ白になる直前に編集した箇所を元に戻す。
  3. FFFTPなどのFTPソフトを使って上記で編集したfunctions.phpをアップロードする。

管理画面にアクセスできないのであれば、FTPで修正したいファイルをダウンロード、編集ミスをする前の状態に戻してからアップロードすればよいだけの話です。

FTPからfunctions.phpをダウンロードする時、functions.phpは以下の場所にあります。

/【WordPressが設置されている場所】/wp-content/themes/【テーマ名}】/functions.php

上記にあるfunctions.phpをダウンロードしてください。

ダウンロードしたfunctions.phpを編集ミスをする前の状態に戻してからアップロードすれば、管理画面にアクセスできるようになります。この方法で復旧に要する時間は1分程度です。

予めfunctions.phpのバックアップをとっている場合は、そのfunctions.phpを上書きアップロードするだけでOKです。

functions.phpを編集してサイトが真っ白になったと言う事は、functions.phpに記述した内容に誤りがあったと言う事ですので、誤っていた場所を見つけ、適切に修正しなければなりません。

そうしなければ、functions.phpを何回編集しても同じことの繰り返しです。
どうしても分からなければ、お問い合わせからご連絡をください。

まとめ

functions.phpを編集したらサイトが真っ白になった時の1分でできる復旧方法でした。

functions.phpの編集ミスでサイトが真っ白になるは、誰でも一度は通る道です。
予備知識を付けておき、いざと言うときは慌てず落ち着いて行動してください。

慌てなくても1分で復旧できますから!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

    4件のコメント

  • さとろん
    2017年4月19日 3:46 午前
  • functions.phpの編集をミスで管理画面に入れず本当に焦っていました。
    このブログのおかげで本当に助かりました!!!!

    ありがとうございました

    • admin
      2017年4月19日 10:05 午前
    • お役に立てたようでよかったです!

  • とよ吉
    2017年5月10日 5:34 午後
  • ブログ初心者です。

    ロリポップのFTPを利用してfunctions.phpファイルを編集ミス前のものに差し替えるとすぐに治りました!
    頭が真っ白になり途方にくれていたところ、こちらのブログのお陰で助かりました。

    本当にありがとうございました。

    • 管理人
      2017年5月11日 1:42 午前
    • ブログを活用して頂きありがとうございます。
      何か分からないことがあれば、お問い合わせください。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA