新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示する方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示する方法

最近の作業実績

  • 2021年08月03日スマホサイトにフルウィンドウで展開する開閉式メニューを実装いたしました。
  • 2021年08月02日WordPressにSmartNews対応フィードを実装いたしました。
  • 2021年08月01日カスタムイールドを導入してコンテンツを更新しやすくいたしましました。
  • 2021年07月31日トップページの構造を変更いたしました。
  • 2021年07月30日コンテンツの変更に伴うレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月29日WordPressで新規サイトを立ち上げました。
  • 2021年07月08日既存サイトのレイアウト崩れを修正いたしました。
  • 2021年07月07日既存サイトにアニメーションを追加いたしました。
  • 2021年07月05日既存サイトにライトボックスを導入いたしました。
  • 2021年07月05日フルスクリーンナビゲーションを導入いたしました。
  • 2021年07月02日カスタムフィールドの導入と出力を担当いたしました。
  • 2021年07月01日CSVファイルを使った一括更新環境を整備いたしました。
  • 2021年06月30日WordPressとプラグインのバージョンアップを担当いたしました。
  • 2021年06月29日WordPressで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月28日2つのWordPressサイトを統合いたしました。
  • 2021年06月22日オリジナルテーマを制作いたしました。
  • 2021年06月21日カスタムフィールド周りの不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月20日WordPressのエラーを修正いたしました。
  • 2021年06月19日SSL化の不具合を修正いたしました。
  • 2021年06月18日セキュリティ対策を導入いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示する方法

この投稿は2019/10/03に加筆修正いたしました。

今回は、新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示させる方法を解説していきます。

プラグインを使わずにカスタムタクソノミーを実装している場合、新エディタ「gutenberg」の中に、カスタムタクソノミーの選択項目が表示されていないケースがあります。

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示したい!
そうお考えになる方も多いかと思いますので、解決方法をまとめてみました。

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示させる方法をご覧ください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行しております。ご希望のカスタマイズがあればお気軽にご相談ください。

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーを表示させる手順

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示させる手順をご紹介します。

  1. カスタムタクソノミーを実装しているコードを探す。
  2. コードを修正する。
  3. 投稿画面にカスタムタクソノミーが表示されているか確認する。

個別に見ていきましょう。

手順1:カスタムタクソノミーを実装しているコードを探す

まずは、カスタムタクソノミーを実装しているコードを探します。

このコードは、functions.phpに記述されている場合がほとんどです。
functions.phpの中に、以下の様なコードが無いか確認してください。

register_taxonomy(
'********',
'********',
array(
'hierarchical' => false,
'label' => 'タグ',
'show_ui' => true,
'query_var' => true,
'rewrite' => true,
'singular_label' => 'タグ'
)
);

上記のコードは一例なので、上記のコードがそのままfunctions.phpにあるとは限りません。
テーマごとに記述内容は異なりますので注意してください。

上記のコードがfunctions.phpに存在していない場合、外部ファイルにコードを記述して、functions.phpに読み込んでいる可能性もあります。記述されている個所もテーマごとに異なりますので、探していただく必要があります。

手順2:コードを修正する

次に、手順1で見つけたコードを修正してやります。
修正といっても、以下のコードを追記してやるだけです。

"show_in_rest" => true,

以下のように追記してやりましょう。

register_taxonomy(
'********',
'********',
array(
'hierarchical' => false,
'label' => 'タグ',
'show_ui' => true,
'query_var' => true,
'rewrite' => true,
"show_in_rest" => true,
'singular_label' => 'タグ'
)
);

赤文字の部分が追記したコードです。
末尾にコードを追加する場合は【,】が不要となります。

コードを修正した時点で、新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目が表示されるようになりました。

上記のコードを既存のコードと置き換えるのは止めてください。
置き換えても正常に動作しません。

必ず、既存のコードにご紹介した1行を追記してください。

投稿画面にカスタムタクソノミーが表示されているか確認する

最後は、新エディタにカスタムタクソノミーの選択項目が表示されているか確認します。

上記の赤枠部分がカスタムタクソノミーの選択項目となります。
上記では「カスタムタクソノミー」と表示されていますが、名称は設定によって異なります。

上記の様に新エディタにカスタムタクソノミーの選択項目が表示されていれば成功です。

まとめ

新エディタ「gutenberg」にカスタムタクソノミーの選択項目を表示する方法をご紹介しました。

  1. カスタムタクソノミーを実装しているコードを探す。
  2. コードを修正する。
  3. 投稿画面にカスタムタクソノミーが表示されているか確認する。

以上の3ステップで、新エディタにカスタムタクソノミーの選択項目を表示することができます。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressのカスタマイズを相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA