【WordPress】ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 【WordPress】ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法

最近の作業実績

  • 2022年10月18日不要になっていたコンテンツをサイト内から除去いたしました。
  • 2022年10月17日サイト内の画像が表示されない不具合を修正いたしました。
  • 2022年10月16日サイト内で発生した大量の404エラーを修正いたしました。
  • 2022年10月15日既存サイトの各所を簡単に更新できる機能を追加いたしました。
  • 2022年10月14日過去記事を定期的に自動ツイートする機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月13日サイト内の広告を一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月12日既存サイトのトップページを再構築いたしました。
  • 2022年10月11日クラシックエディターで管理されていたコンテンツをブロックエディターで再構築いたしました。
  • 2022年10月10日複数のサイトの更新情報を一括表示させる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月09日WordPressの管理画面にオリジナルの管理ページを実装いたしました。
  • 2022年10月08日コンタクトフォーム7で構築されたフォームに確認画面とサンクスページを導入いたしました。
  • 2022年10月07日既存サイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2022年10月06日フッターのレイアウトを再設計いたしました。
  • 2022年10月05日既存サイトのカラーを一括管理できる機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月04日新規ページを5ページ作成いたしました(デザイン込み)。
  • 2022年10月03日訪問者に閲覧履歴を表示する機能をテーマに実装いたしました。
  • 2022年10月02日ログインできなくなったWordPressを復旧いたしました。
  • 2022年10月01日オリジナルテーマの制作を担当いたしました。
  • 2022年09月30日破損していたテーマを修正いたしました。
  • 2022年09月29日アフィリエイト審査用のサイト立ち上げを担当いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

【WordPress】ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

Wordpressの条件分岐の一つ、ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法をまとめてみました。ユーザーが管理者なら、編集者なら、投稿者なら、権限グループによって条件分岐する方法です。コードもコピペできるようにしております。参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressの権限グループとは?

WordPressのユーザーには、5つの権限グループがあります。

  • 管理者(administrator)
  • 編集者(editor)
  • 投稿者(author)
  • 寄稿者(contributor)
  • 購読者(subscriber)

今回は、各権限グループで条件分岐する方法をご紹介します。

WordPressの権限グループで条件分岐させる方法

各権限で条件分岐するコードをご紹介します。
どの権限でも、基本的なコードの書き方は同じです。

<?php if ( current_user_can('権限グループ') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

【権限グループ】の部分を、分岐の条件となる権限グループに置き換えてやります。
例えば、管理者の場合のみ処理を行いたいのであれば【administrator】に置き換えてやります。

【ここに処理を記述します。】の部分は、行いたい処理に置き換えてやりましょう。

各権限グループのの条件分岐コードを以下にご紹介します。

権限グループが管理者の場合に条件分岐

権限グループが【管理者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('administrator') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが編集者の場合に条件分岐

権限グループが【編集者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('editor') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが投稿者の場合に条件分岐

権限グループが【投稿者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('author') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが寄稿者の場合に条件分岐

権限グループが【寄稿者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('contributor') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが購読者の場合に条件分岐

権限グループが【購読者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('subscriber') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

まとめて記述

5つの権限で条件分岐する場合は、以下の様なコードになります。

<?php if ( current_user_can('administrator') ): ?>
ここに権限グループが【管理者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('editor') ): ?>
ここに権限グループが【編集者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('author') ): ?>
ここに権限グループが【投稿者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('contributor') ): ?>
ここに権限グループが【寄稿者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('subscriber') ): ?>
ここに権限グループが【購読者】の場合の処理を記述します。
<?php endif; ?>

まとめ

WordPressのユーザーの権限グループで条件分岐させる方法をご紹介しました。

  • 管理者(administrator)
  • 編集者(editor)
  • 投稿者(author)
  • 寄稿者(contributor)
  • 購読者(subscriber)

権限グループ毎に行いたい処理がある場合など、今回のコードが役に立ちます。

Wordpressのカスタマイズや不具合など
何かお困りのことはありませんか?

Wordpressに関連するあなたのお悩み、解決いたします。
次のような方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトに不具合が発生したが、直し方が分からない。不具合の修正経験が豊富な人に任せたい。
  • 既存サイトにWordPressを導入したいが、やり方が複雑で自分ではできそうにもない。経験が豊富な人に任せたい。
  • WordPressがハッキングされたが修正の仕方が分からない。サイトを元通りにできる人を探している。
  • Wordpressで0からサイトを制作したいが、自分ではできそうにもない。プロにサイト制作を委託したい。

一つでも該当する方は、以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

WordPressに関して今すぐ相談する

著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA