【WordPress】ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法
  • 記事公開:2019/03/23
  • 最終更新:2019/05/04

【WordPress】ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法

Wordpressの条件分岐の一つ、ユーザーの権限グループで条件分岐させる方法をまとめてみました。ユーザーが管理者なら、編集者なら、投稿者なら、権限グループによって条件分岐する方法です。コードもコピペできるようにしております。参考にしてください。

この記事は約 4 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressの権限グループとは?

WordPressのユーザーには、5つの権限グループがあります。

  • 管理者(administrator)
  • 編集者(editor)
  • 投稿者(author)
  • 寄稿者(contributor)
  • 購読者(subscriber)

今回は、各権限グループで条件分岐する方法をご紹介します。

WordPressの権限グループで条件分岐させる方法

各権限で条件分岐するコードをご紹介します。
どの権限でも、基本的なコードの書き方は同じです。

<?php if ( current_user_can('権限グループ') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

【権限グループ】の部分を、分岐の条件となる権限グループに置き換えてやります。
例えば、管理者の場合のみ処理を行いたいのであれば【administrator】に置き換えてやります。

【ここに処理を記述します。】の部分は、行いたい処理に置き換えてやりましょう。

各権限グループのの条件分岐コードを以下にご紹介します。

権限グループが管理者の場合に条件分岐

権限グループが【管理者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('administrator') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが編集者の場合に条件分岐

権限グループが【編集者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('editor') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが投稿者の場合に条件分岐

権限グループが【投稿者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('author') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが寄稿者の場合に条件分岐

権限グループが【寄稿者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('contributor') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

権限グループが購読者の場合に条件分岐

権限グループが【購読者】の場合に行いたい処理がある場合。
以下のように条件分岐コードを記述します。

<?php if ( current_user_can('subscriber') ): ?>
ここに処理を記述します。
<?php endif; ?>

まとめて記述

5つの権限で条件分岐する場合は、以下の様なコードになります。

<?php if ( current_user_can('administrator') ): ?>
ここに権限グループが【管理者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('editor') ): ?>
ここに権限グループが【編集者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('author') ): ?>
ここに権限グループが【投稿者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('contributor') ): ?>
ここに権限グループが【寄稿者】の場合の処理を記述します。
<?php elseif ( current_user_can('subscriber') ): ?>
ここに権限グループが【購読者】の場合の処理を記述します。
<?php endif; ?>

まとめ

WordPressのユーザーの権限グループで条件分岐させる方法をご紹介しました。

  • 管理者(administrator)
  • 編集者(editor)
  • 投稿者(author)
  • 寄稿者(contributor)
  • 購読者(subscriber)

権限グループ毎に行いたい処理がある場合など、今回のコードが役に立ちます。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/05/05

    カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法

    カスタムタクソノミーのターム一覧を表示させる方法をご紹介いたします。リンクあり、リンク無し、空タームの表示非表示など、各パターンのターム一覧を表示させるコードをご紹介しております。コピペでターム一覧を表示できますので、ぜひ活用してください。 記事を読む

  • 2019/05/04

    どこでも簡単!WordPressのカスタム投稿タイプを有効にする方法

    WordPressをカスタマイズする時、多くの方が【カスタム投稿タイプ】という便利な機能に目を付けます。カスタム投稿タイプは非常に簡単に利用できるのですが、初めての方は少し手間取るかもしれません。このページでは、カスタム投稿タイプを簡単に実装する方法を解説しています。 記事を読む

  • 2019/05/05

    WordPress管理画面でウィジェットのドラッグ・ドロップができなくなった!アクセシビリティモードを無効にする手順

    WordPress管理画面のウィジェットでアクセシビリティモードを無効にする手順をご紹介。表示オプションがクリックできない問題をどの様に解決するのか?お困りの方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2019/05/05

    WordPressで記事を予約投稿する方法

    WordPress には、記事の予約投稿機能が標準で装備されています。暇なときなどに記事を書き溜めておき、毎日1記事ずつ公開するなど、予約投稿の使い方は色々。今回は、WordPress の記事を予約した日時に自動投稿する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2019/05/04

    WordPressのログイン画面に任意のメッセージを表示させる方法

    WordPressのログイン画面に任意のメッセージを表示させる方法をご紹介します。ログイン画面にメッセージを表示させたい片は、参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA