画像加工はもう不要!CSSだけで画像や要素を円形にする方法
MENU
  • /
  • 画像加工はもう不要!CSSだけで画像や要素を円形にする方法
  • 記事公開:2016/04/04
  • 最終更新:2019/05/05

画像加工はもう不要!CSSだけで画像や要素を円形にする方法

CSSだけで画像や要素を円形にする方法をご紹介します。この方法を知っていれば、画像を個別に加工する必要はなくなります。スタイリッシュな円形画像をサイトデザインに取り入れたい方、ぜひ参考にしてください。それでは、CSSだけで画像や要素を円形にする方法をどうぞ!

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

画像や要素をCSSだけで円形に加工する方法をご紹介します。

以前にネットサーフィンをしていた時、スタイリッシュな円形の画像が沢山掲載されているサイトを見つけたことがあります。

「かっこいいな~」と感じたのですが、当時は画像をひとつひとつ加工する必要があったので、自身の制作するサイトで取り入れたいとは思いませんでした。

あれから何年も経過したわけですが、今では円形の画像をサイトで使うことは簡単になりました。
なぜなら、画像を加工しなくてもCSS3を使えば、画像を円形で表示する方法ができたからです。

円形に加工できるのは、画像だけではありません。
divなどの要素もCSSだけで加工することができます。

画像や要素をCSSだけで円形に加工する方法をご覧ください。

CSSだけで画像を円形に加工する方法

円形にしたい画像にCSS3で定義を加えてやれば、画像を個別に加工しなくても、サイト上で画像を円形で表示させることができます。

簡単なので、パパッとやり方をご紹介します。

HTML

まずは、画像を表示させる記述をします。

<div class="image-round-css">
<img src="http://○○○.png"/>
</div>

【http://○○○.png】の部分は、表示させたい画像の絶対パスを記述してください。

このコードを記述すれば、以下の様に画像が表示されます。

person-1218190_640

この段階では、円形ではありません。
次にCSSで画像を円形に表示する定義をしてやります。

CSS

CSSで先ほどの画像を円形にして表示させます。
以下のように定義してやりましょう。

.image-round-css img {
border-radius: 50%;
-webkit-border-radius: 50%;
-moz-border-radius: 50%;
}

四方の角を50%(半分)だけ丸くしてやることで、円形に加工することができます。
【50%】の値を変更することで角丸の大きさを調整可能です(pxでの指定も可能)。

上記の様に定義をしてやると、画像が以下のように円形で表示されます。

person-1218190_640

上記の様に画像を正円形にしたい場合は、予め正方形の画像を用意しておく必要があります。
正方形でない画像を今回の方法で円形にすると、正円形にはなりません。
この点はご注意ください。

以上が、CSSだけで画像を円形にする方法です。

CSSだけで要素を円形にする方法く

CSSで円形にできるのは画像だけではありません。
DIVなどの要素も円形に加工できます。

HTML

例えば、以下の要素があったとします。

<div class="image-round-css2"></div>

クラス名は適当に決めています。
特に意味はありません。

この要素に以下のCSSを定義します。

.image-round-css2 {
width: 350px;
height: 350px;
background: #ccc;
}

【background】は要素が分かりやすいように追加しています。
実際には不要なコードです。

上記のCSSを定義すると、要素は以下のように表示されます。

上記の要素を円形にするには、CSSに3行のコードを追加するだけでOKです。

CSS

先ほどの要素をCSSで円形を描くためには、以下の様にコードを追加します。

.image-round-css2 {
width: 350px;
height: 350px;
background: #ccc;
-webkit-border-radius: 50%;
-moz-border-radius: 50%;
border-radius: 50%;

}

上記のように定義してやると、以下の様に要素を円形にすることができます。

要素を円形しか効している仕組みは簡単です。

【border-radius】で角丸を作り、その数値をwidthの半分(50%)と定義することで、要素を円形に加工しています。

widthとheightの数値を変更すれば、お好きなサイズの正円形を描くことができます。

以上が、CSSだけで要素を円形にする方法です。

まとめ

画像加工はもう不要!CSSだけで画像や要素を円形にする方法をご紹介いたしました。

便利な世の中になりましたよね~。
私がWEBサイトの制作を始めた頃に比べて、様々なことがCSSだけでできるようになりました。

どなたかの参考になれば幸いです。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。



著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)