画像下部にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法
  • /
  • 画像下部にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法
  • 記事公開:2018/03/29
  • 最終更新:2019/03/06

画像下部にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法

サイト上に画像を設置すると、画像の下部に余白が生じてしまいます。この余白、「margin」や「padding」を「0」にしても消すことができません。ではどのようにして消せばいいのでしょうか?余白を消す方法を2つご紹介します。

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

画像下に謎の余白ができて困った話

画像を設置してやると、画像の下部に余白が生じて困ったことはありませんか?

単純に画像を設置してやると、上記のように画像の下部に余白が生じてしまいます。
(分かりやすいように背景色を設定、画像は中央揃えにしております)

「margin」や「padding」を「0」にしても余白が消えず困った方も多いかと思います。
私は最初の頃は頭を悩ませました。

どうして、画像の下部に余白ができるのでしょうか?
画像はインライン要素なので、何も指定をしないと配置されるのはベースラインになるからですね。

画像下部に生じる余白は、CSSだけで簡単に消すことができます。
今回は、2種類のCSSだけで余白を消す方法をまとめてみました。

画像下にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法

画像の下部にできる空白を、CSSだけで消す方法を2種類ご紹介します。

vertical-align: bottom;を設定する方法

img {
vertical-align: bottom;
margin: 0;
padding: 0;
}

画像に【vertical-align: bottom;】を設定することで下部の余白を消すことができます。
【vertical-align: bottom;】を設定するだけなので、一番簡単に方法と言えます。

画像をblock要素にする方法

img {
display: block;
margin: 0 auto;
padding: 0;
}

画像をblock要素にすることで下部の余白を消すことができます。

画像をblock要素にすると、親要素に「text-align: center;」を設定していても、中央揃えになりません。
そのため、「margin: 0 auto;」で中央揃えにしています。

まとめ

画像下部にできる謎の空白をCSSだけで消す2つの方法をご紹介しました。

  • 画像を設置すると、画像の下部に余白ができてしまう。「margin」や「padding」を「0」にしても余白は消えない。
  • この余白はCSSだけで消すことができる。
  • 画像に【vertical-align: bottom;】を設置する方法、【画像をblock要素にする】方法、2種類の方法がある。

参考になさってください。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEBサイトをWordpressで
管理できるようにしませんか?

あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。
以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

  • あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。
  • どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。
  • Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。
  • 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。
  • 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。
  • 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。

興味のある方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2019/03/06

    【レスポンシブデザイン】不要な要素をCSSだけで非表示にする方法

    レスポンシブデザインなどで、この要素はPCでは表示させたいが、スマホでは非表示にしたいといったケースがあるかと思います。特定の要素をCSSだけで消す方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2019/05/28

    GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法

    GOOGLEマップをレスポンシブに対応させる方法をご紹介します。GOOGLEマップは埋め込みコードを設置しただけはレスポンシブに対応していません。この記事を読めば3分でGOOGLEマップをレスポンシブに対応させることができます。 記事を読む

  • 2019/03/06

    レスポンシブデザインでテーブルを横スクロールさせる方法

    スマホ表示でテーブルを最適化するとき、扱いづらいテーブルが出てくるかと思います。そんなテーブルを横スクロールさせることで、簡単に最適化する方法をご紹介しています。横スクロールできることを伝えるテクニック付きです。 記事を読む

  • 2019/03/13

    完全無料!よく利用するフリー写真素材の配布サイトを17個まとめてみた。

    WEBサイトの制作やブログのアイキャッチなどを作る時など、フリーの写真素材を使う機会が多くあると思います。頻繁に使用しているフリー写真素材の配布サイトをまとめてみました。 記事を読む

  • 2019/06/03

    YOUTUBE動画のサムネイルを取得する方法

    YOUTUBE動画のサムネイルを取得する方法をご紹介します。YOUTUBEの様々なサイズのサムネイルを取得したい方に向けたコンテンツです。2分後にはお好きなサイズのサムネイルを自由に取得できるようになります。 記事を読む

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA