WordPressの投稿・固定ページ・カテゴリーなどのIDを調べる方法
  • WordPressの投稿・固定ページ・カテゴリーなどのIDを調べる方法
  • 記事公開:2015/01/04
  • 最終更新:2015/09/17

WordPressの投稿・固定ページ・カテゴリーなどのIDを調べる方法

WordPressの記事や固定ページ、カテゴリーなどには個別のIDが振り分けられています。このIDですが、何かしらのカスタマイズなどで必要になる機会が割りと多くあるように感じます。このページでは、記事・固定ページ・カテゴリーのIDを取得する方法をご紹介します。

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

記事などの個別IDを調べる方法

調査方法は至って簡単で、編集画面のURLを確認するだけです。
個別IDは編集画面のURLに含まれています。

例えば、記事のIDを調べる方法は下記の通りです。

individual-id_001

IDを調べたい記事の編集画面にアクセスしてください。

このとき、編集画面のURLを確認してみましょう。
【post=XXXX】という部分があるかと思います。

http://xxxxxxxx.oom/wp-admin/post.php?post=XXXX&action=edit&message=10

この【XXXX】の部分に記載されている数値が個別IDです。

固定ページも調べ方は同様です。
編集画面のURLに【post=XXXX】という部分があり、この数値が個別IDとなります。

カテゴリーの場合は記事・固定ページと表記が違うので注意が必要です。
編集画面URLの【category&tag_ID=X】という部分の数値(【X】)が個別IDとなります。

まとめ

記事・固定ページ・カテゴリーの個別IDを調べる方法でした。

テーマのカスタマイズなどを行う際に必要になることがあるかと思います。
私の場合は、新着記事を表示させるカスタマイズで必要となりました。

簡単に覚えられると思います。
この機会に覚えておきましょう。

WordPressサイトの常時SSL化はお任せください。

ADhttps://wordpress-supporters.com/wordpress-ssl/

常時SSL化されていないサイトにGOOGLEが警告文を表示させるまであと僅か!
今すぐにでも必要なWordPressサイトの常時SSL化は、プロに丸投げしてください。
今だけ20,000円OFF、GOOGLE対策、リミット間近、サポート充実。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2014-12-29

    ちょっと手間取った!WordPressで複数のカスタム投稿タイプを設置する方法

    カスタム投稿タイプを複数設置する場合、単純にカスタム投稿タイプを有効にするだけでは正常に動きません。このページでは、複数のカスタム投稿タイプをコピペだけで実装できる手順を解説しています。 記事を読む

  • 2016-01-19

    WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法

    WordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させる方法をご紹介します。コピペで対応できるようにしておりますので、初心者の方でも3分程度でWordPressのパンくずナビをGoogleリッチスニペットに対応させることができます。 記事を読む

  • 2015-01-10

    WordPressのプラグインを最新のバージョンに更新する方法

    今回はインストールしたプラグインがバージョンアップした際に更新する方法をご紹介します。 記事を読む

  • 2016-01-23

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法

    WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの値を表示させる方法をご紹介しています。カスタムフィールドの値を投稿一覧から確認できると便利だと思いませんか?興味のある方は参考にしてください。5分後には投稿一覧にカスタムフィールドの値が表示されています。 記事を読む

  • 2015-02-20

    【WordPress】テーマフォルダの画像を呼び出すときの画像パスを短くする方法

    WordPressのテーマファイルに設置した画像を投稿や固定ページ内に掲載しようとすると、どうしても画像パスが長くなってしまいます。今回はfunctions.phpを編集して画像パスを短くする方法をご紹介します。 記事を読む

コメントを残す


(必須)