Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法
  • Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法
  • 記事公開:2018/09/16
  • 最終更新:-------------

Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法

Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法をご紹介していきます。ご紹介しているコードをコピペと編集するだけで、「パブリサイズ共有」をカスタム投稿で使えるようになります。

この記事は約 5 分で読めます。

Jetpackの「パブリサイズ共有」とは?

WordPressでよく使われるプラグイン「jetpack」の中に「パブリサイズ共有」という機能があります。

「パブリサイズ共有」とは、記事を投稿したとき、予め連携させたFacebookやTwitterなどのSNSに「記事を投稿しましたよ~」と自動投稿してくれる便利な機能です。

この機能を使えば、記事を投稿する度に各SNSに記事の投稿を告知する手間が省けるのでとても便利。
しかしこの機能、デフォルトではカスタム投稿で使用することができません。

カスタム投稿とは、WordPressにデフォルトで備わっている「投稿」以外に、別の「投稿」機能を追加をできるWordPressの機能のこと。

このカスタム投稿では「パブリサイズ共有」の機能がデフォルトでは使えないのです。

「jetpack」をインストールして「パブリサイズ共有」の設定を行うと、投稿画面に以下の様なエリアが追加されます。

しかし、カスタム投稿の投稿画面を見ても、上記のエリアは追加されません。

「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使いたい!
今回は、カスタム投稿でも「パブリサイズ共有」を使えるようにする方法をご紹介していきます。

Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする

パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにするのは簡単で、functions.phpにコードをコピペ、コードの一部内容を自分の環境に合わせて変更するだけです。

functions.phpに以下のコードを記述してください。

function original_publicize_share() {
add_post_type_support( 'カスタム投稿タイプの名前', 'publicize' );
}
add_action('init', 'original_publicize_share');

上記のコードの中にある【カスタム投稿タイプの名前】を、「パブリサイズ共有」を使えるようにしたいカスタム投稿の名前に置き換えてやります。

カスタム投稿タイプの名前は、カスタム投稿タイプの記事一覧ページで確認することができます。
カスタム投稿の記事一覧ページを開き、そのページのURLを見てください。

post_type=○○○○

URLの中にある上記の【○○○○】部分が、そのカスタム投稿タイプの名前となります。

カスタム投稿タイプの名前を置き換えたら、functions.phpを保存してください。
これで、カスタム投稿で「パブリサイズ共有」を使えるようになりました。

カスタム投稿の投稿画面を確認してみましょう。

上記の様に「パブリサイズ共有」の項目が表示されているはずです。

複数のカスタム投稿で「パブリサイズ共有」を使えるようにしたい場合

やり方は上記で解説した方法と同じで、functions.phpに以下のコードを記述します。

function original_publicize_share() {
add_post_type_support( 'カスタム投稿タイプの名前', 'publicize' );
add_post_type_support( 'カスタム投稿タイプの名前', 'publicize' );
}
add_action('init', 'original_publicize_share');

先ほどのコードと何が違うのか分かりますか?

add_post_type_support( 'カスタム投稿タイプの名前', 'publicize' );

上記の部分が1行増えています。

複数のカスタム投稿で「パブリサイズ共有」を使えるようにしたい場合、「パブリサイズ共有」を使いたいカスタム投稿の数だけ上記のコードを増加させ、【カスタム投稿タイプの名前】部分を各カスタム投稿の名前に置き換えてやればOKです。

まとめ

Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法をご紹介しました。

「パブリサイズ共有」は便利な機能ですので、カスタム投稿でも使いたいという方は多いようです。
今回のコンテンツを参考に、「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにしてみましょう。

この記事が気に入ったら【いいね】しよう!

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する

現在、上記サービスは別ドメインで運用しております。
ドメインは異なりますが、わたしが提供させていただいているサービスです。

著者:takaya kondo

岡山在住のWebディレクターです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

  • 2015-01-18

    「Contact Form 7」の入力欄に入力例を表示させる方法

    【Contact Form 7】の入力欄に入力例を表示させる方法をご紹介します。メールフォームの入力欄に薄く入力例が表示されるのがありますが、Contact Form 7でも同じことができます。手順を知りたい方は続きをお読みください。 記事を読む

  • 2015-10-02

    WordPressサイトで記事を投稿したら自動的にはてブする方法

    WordPressサイトで記事を投稿したら自動的にはてブする方法をご紹介します。記事を公開すると自分のアカウントで自動的にはてブするカスタマイズです。コピペだけで実装できますので、興味のある方は参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-02-01

    WordPress管理画面のフッターテキストを変更する方法

    WordPress管理画面のフッターテキストを変更する方法をご紹介します。とある案件でカスタマイズ方法を勉強しましたのでシェアします。管理画面フッターのテキストを自由に変更する方法です。参考にしてください。 記事を読む

  • 2015-01-30

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法

    WordPressでコンテンツを読むのに必要な時間を表示させる方法をご紹介します。よくブログなどで見かける「この記事は○分で読めます」を表示する方法を調べてみました。コピペだけで実装できますので、興味のある方はカスタマイズしてみましょう。 記事を読む

  • 2016-04-05

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しよう。

    WordPressのオリジナルテーマにスクリーンショットを設置しましょう。スクリーンショットを設置しておけば、インストール済みのテーマから目的のテーマをパッと見て見つけることが出来て便利です。スクリーンショットを設置していない方、ぜひ参考にしてください。 記事を読む

コメントを残す


(必須)