【WordPress】カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法
MENU
  1. HOME
  2. WordPress / カスタマイズ
  3. 【WordPress】カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法

最近の作業実績

  • 2020年11月09日子テーマの導入で発生した不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月09日LPサイトのレイアウトの崩れを修正いたしました。
  • 2020年11月04日カスタム投稿のアーカイブページで発生していた不具合を修正いたしました。
  • 2020年11月04日WordPressサイトのSEO対策に関するアドバイスをご提供いたしました
  • 2020年11月04日WordPressで構築されたサイトのトップページのデザイン一新しました
  • 2020年11月04日ループ部分のデザインを変更いたしました。
  • 2020年10月28日カスタム投稿専用のカレンダーウィジェットを実装いたしました。
  • 2020年10月28日内部SEO対策を最適化いたしました。
  • 2020年10月28日WordPressサイトのサーバー移管を行いました。
  • 2020年10月28日新規サイト(WordPress)を制作いたしました
  • 2020年10月10日既存サイトをWordPressで再構築いたしました。
  • 2020年10月04日WordPress各ユーザーのユーザー名を変更いたしました。
  • 2020年10月04日PHPのバージョンアップに伴うデータベース確立エラーを解消いたしました。
  • 2020年10月04日WordPressサイトのサーバー移管を担当いたしました。
  • 2020年10月04日複雑怪奇なテーマ構造の一部を分かりやすく再構築いたしました。
  • 2020年10月04日既存サイトにWordPressを導入いたしました。
  • 2020年09月29日WordPress、プラグイン、テーマ、PHPのバージョンアップを行いました。
  • 2020年09月29日WordPressのセキュリティ対策を導入いたしました。
  • 2020年09月22日WordPressのパスワードをデータベースから直接変更いたしました。
  • 2020年09月21日WordPressテーマにオリジナルのPHPファイルを実装いたしました。
  • このエリアには直近の制作実績を一部掲載しております。
  • 制作実績はリアルタイム反映ではありません。

【WordPress】カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法

この投稿は2019/09/15に加筆修正いたしました。

WordPressのカテゴリーページ(URL)から【category】の文字列を消す3つの方法をご紹介します。いずれの方法も3分程度で導入できる簡単なものばかり。ご自身の環境にあったものを選択して実装してください。

この記事は約 5 分で読めます。

WordPressのカスタマイズはお任せください。

WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。

WordPressでは、カテゴリーページのURLには【category】という文字列が含まれます。

例:https://takayakondo.com/category/wordpress/

この【category】を消したい場合ってありませんか?

修正後:https://takayakondo.com/wordpress/

今回は、カテゴリーページのURLから【category】を消す方法を3つご紹介します。

カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法

今回は、3つの方法をご紹介します。

  • パーマリンクの設定を変更してURLから【category】を消す方法
  • プラグインを使ってURLから【category】を消す方法
  • function.phpにコードを追加してURLから【category】を消す方法

以上、3つの方法を個別に解説していきます。

パーマリンクの設定を変更してURLから【category】を消す方法

カスタマイズもプラグインの導入も不要です。
管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」から設定を一部変更するだけでOK。

ただし、この方法が使えるのは特定の条件下のみとなります。

上記赤枠部分の【共通設定】が【/%category%/%postname%.html】の場合のみ有効名方法となります。

設定方法は簡単。

上記赤枠部分の【カテゴリーベース】に【.】を入力。
設定を保存してください。

これで設定は完了です。

カテゴリーページを確認するとURLから【category】が消えているのが確認できます。

元に戻したい場合は【.】を消して再保存してください。

プラグインを使ってURLから【category】を消す方法

WP No Category Base

プラグイン「WP No Category Base」を導入する方法です。
「WP No Category Base」は、難しい設定は必要ありません。

「WP No Category Base」をインストールして有効化するだけ。
それだけで、カテゴリーページのURLから【category】を消すことができます。

プラグインのインストールや有効化に関しては、【WordPressにプラグインをインストールする方法】で詳しく解説しています。

上記のコンテンツを参考に【WP No Category Base】をインストール&有効化してください。

「WP No Category Base」を有効化したら、カテゴリーページを開いてみましょう。
カテゴリーページを確認するとURLから【category】が消えているのが確認できます。

「WP No Category Base」を使うときは、1点だけ注意が必要です。

カテゴリースラッグが日本語の場合、404になるケースが確認されています。

カテゴリースラッグが日本語の場合は、予めカテゴリースラッグを日本語を含まないものに変更しておくことをお奨めいたします。

元に戻したい場合は、プラグインを無効化すればOK。

function.phpにコードを追加してURLから【category】を消す方法

以下のコードをfunctions.phpに追記してください。

function rem_cat_function($link) {
return str_replace("/category/", "/", $link);
}
add_filter('user_trailingslashit', 'rem_cat_function');
function rem_cat_flush_rules() {
global $wp_rewrite;
$wp_rewrite->flush_rules();
}
add_action('init', 'rem_cat_flush_rules');
function rem_cat_rewrite($wp_rewrite) {
$new_rules = array('(.+)/page/(.+)/?' => 'index.php?category_name='.$wp_rewrite->preg_index(1).'&paged='.$wp_rewrite->preg_index(2));
$wp_rewrite->rules = $new_rules + $wp_rewrite->rules;
}
add_filter('generate_rewrite_rules', 'rem_cat_rewrite');

カテゴリーページを確認してみてください。
カテゴリーページのURLから【category】が消えているのが確認できます。

まとめ

カテゴリーページのURLから【category】を消す3つの方法をご紹介しました。

  • パーマリンクの設定を変更してURLから【category】を消す方法
  • プラグインを使ってURLから【category】を消す方法
  • function.phpにコードを追加してURLから【category】を消す方法

ご自身の環境にあった方法を選択してください。

今回ご紹介した方法以外にも、【.htaccess】を使う方法があります。

しかし、この方法を選択したときページネーションが正常に動作しなくなる不具合が確認されましたので、今回はご紹介を見送ることにしました。

興味があれば調べてみてください。

Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?

あなたのWordpressサイトを、ご希望に沿ってカスタマイズいたします。
次に該当する方は、お気軽にご相談下さい。

  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、やり方が分からないで困っている。カスタマイズの知識が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしたいが、自分でカスタマイズする暇がない。カスタマイズが得意な人に丸投げしたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたが、上手くカスタマイズできなかった。カスタマイズ経験が豊富な人に任せたい。
  • Wordpressサイトをカスタマイズしてみたら、バグが発生して困っている。正常に動作するように正しくカスタマイズしてほしい。

一つでも該当する方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

詳細を確認する


著者:takaya kondo

岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。

Wordpress関連の記事でお役に立てれば幸いです。

【関連記事】あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します。

コメントを残す

(必須)

CAPTCHA